横光利一(よこみつりいち)の作品一覧

夜の靴(よるのくつ)――木人夜穿靴去、石女暁冠帽帰(指月禅師)(――ぼくじんよるくつをはいてさる、せきじょあかつきにぼうしをかぶりてかえる(しげつぜんし))

夜の靴(よるのくつ)――木人夜穿靴去、石女暁冠帽帰(指月禅師)(――ぼくじんよるくつをはいてさる、せきじょあかつきにぼうしをかぶりてかえる(しげつぜんし))

八月――日 駈けて来る足駄(あしだ)の音が庭石に躓(つまず)いて一度よろけた。すると、柿の木の下へ顕れた義弟が真っ赤な顔で、「休戦休戦。...