南京の基督(なんきんのキリスト)

       一

 或秋の夜半であつた。南京ナンキン奇望街きばうがいの或家の一間には、色のあをざめた支那の少女が一人、古びたテエブルの上に頬杖をついて、盆に入れた西瓜すゐくわの種を退屈さうに噛み破つてゐた。
 テエブルの上には置きランプが、うす暗い光を放つてゐた。その光は部屋の中を明くすると云ふよりも、むしろ一層陰欝な効果を与へるのに力があつた。壁紙のげかかつた部屋の隅には、毛布のはみ出したとうの寝台が、埃臭さうなとばりを垂らしてゐた。それからテエブルの向うには、これも古びた椅子が一脚、まるで忘れられたやうに置き捨ててあつた。が、その外は何処を見ても、装飾らしい家具の類なぞは何一つ見当らなかつた。
 少女はそれにも関らず、西瓜の種を噛みやめては、時々涼しい眼を挙げて、卓の一方に面した壁をぢつと眺めやる事があつた。見ると成程その壁には、すぐ鼻の先の折れ釘に、小さな真鍮しんちゆうの十字架がつつましやかに懸つてゐた。さうしてその十字架の上には、稚拙ちせつな受難の基督キリストが、高々と両腕をひろげながら、手ずれた浮き彫の輪廓を影のやうにぼんやり浮べてゐた。少女の眼はこの耶蘇ヤソを見る毎に、長い睫毛まつげの後の寂しい色が、一瞬間何処どこかへ見えなくなつて、その代りに無邪気な希望の光が、生き生きとよみ返つてゐるらしかつた。が、すぐに又視線が移ると、彼女はかならず吐息を洩らして、光沢つやのない黒繻子くろじゆすの上衣の肩を所在なささうに落しながら、もう一度盆の西瓜の種をぽつりぽつり噛み出すのであつた。
 少女は名を宋金花そうきんくわと云つて、貧しい家計を助ける為に、夜々よなよなその部屋に客を迎へる、当年十五歳の私窩子しくわしであつた。秦淮しんわいに多い私窩子の中には、金花程の容貌の持ち主なら、何人でもゐるのに違ひなかつた。が、金花程気立ての優しい少女が、二人とこの土地にゐるかどうか、それは少くとも疑問であつた。彼女は朋輩の売笑婦と違つて、嘘もつかなければ我儘わがままも張らず、夜毎に愉快さうな微笑を浮べて、この陰欝な部屋を訪れる、さまざまな客と戯れてゐた。さうして彼等の払つて行く金が、稀に約束の額より多かつた時は、たつた一人の父親を、一杯でも余計好きな酒に飽かせてやる事を楽しみにしてゐた。
 かう云ふ金花の行状は、勿論彼女が生れつきにも、拠つてゐるのに違ひなかつた。しかしまだその外に何か理由があるとしたら、それは金花が子供の時から、壁の上の十字架が示す通り、歿くなつた母親に教へられた、羅馬加特力教ロオマカトリツクけうの信仰をずつと持ち続けてゐるからであつた。
 ――さう云へば今年の春、上海シヤンハイの競馬を見物かたがた、南部支那の風光を探りに来た、若い日本の旅行家が、金花の部屋に物好きな一夜を明かした事があつた。その時彼は葉巻をくはへて、洋服の膝に軽々と小さな金花を抱いてゐたが、ふと壁の上の十字架を見ると、不審らしい顔をしながら、
「お前は耶蘇教徒かい。」と、覚束おぼつかない支那語で話しかけた。
「ええ、五つの時に洗礼を受けました。」
「さうしてこんな商売をしてゐるのかい。」
 彼の声にはこの瞬間、皮肉な調子が交つたやうであつた。が、金花は彼の腕に、鴉髻あけいの頭をもたせながら、何時もの通り晴れ晴れと、糸切歯の見える笑を洩らした。
「この商売をしなければ、阿父様おとうさんも私も餓ゑ死をしてしまひますから。」
「お前の父親は老人なのかい。」
「ええ――もう腰も立たないのです。」
「しかしだね、――しかしこんな稼業をしてゐたのでは、天国に行かれないと思やしないか。」
「いいえ。」
 金花はちよいと十字架を眺めながら、考深さうな眼つきになつた。
「天国にいらつしやる基督様は、きつと私の心もちを汲みとつて下さると思ひますから。――それでなければ基督様は姚家巷えうかかうの警察署の御役人も同じ事ですもの。」
 若い日本の旅行家は微笑した。さうして上衣の隠しを探ると、翡翠ひすゐの耳環を一さう出して、手づから彼女の耳へ下げてやつた。
「これはさつき日本へ土産みやげに買つた耳環だが、今夜の記念にお前にやるよ。」――
 金花は始めて客をとつた夜から、実際かう云ふ確信に自ら安んじてゐたのであつた。
 所が彼是かれこれ一月ばかり前から、この敬虔けいけん私窩子しくわしは不幸にも、悪性の楊梅瘡やうばいさうを病む体になつた。これを聞いた朋輩の陳山茶ちんさんさは、痛みを止めるのに好いと云つて、鴉片酒あへんしゆを飲む事を教へてくれた。その後又やはり朋輩の毛迎春まうげいしゆんは、彼女自身が服用した汞藍丸こうらんぐわん迦路米かろまいの残りを、親切にもわざわざ持つて来てくれた。が、金花の病はどうしたものか、客をとらずに引き籠つてゐても、一向快方には向はなかつた。