護持院原の敵討(ごじいんがはらのかたきうち)

 播磨国はりまのくに飾東郡しきとうごおり姫路ひめじの城主酒井雅楽頭忠実うたのかみただみつ上邸かみやしきは、江戸城の大手向左角にあった。そこの金部屋かねべやには、いつもさむらいが二人ずつ泊ることになっていた。しかるに天保てんぽう四年みずのととし十二月二十六日のの刻すぎの事である。当年五十五歳になる、大金奉行おおかねぶぎょう山本三右衛門さんえもんと云う老人が、ただ一人すわっている。ゆうべ一しょに泊るはず小金こがね奉行が病気びきをしたので、寂しい夜寒よさむを一人でしのいだのである。そばには骨の太い、がっしりした行燈あんどうがある。燈心に花が咲いて薄暗くなった、橙黄色だいだいいろの火が、黎明しののめの窓の明りと、等分に部屋を領している。夜具はもう夜具葛籠つづらにしまってある。
 障子の外に人のけはいがした。「申し。お宅から急用のお手紙が参りました」
「お前はたれだい」
「お表の小使でございます」
 三右衛門は内から障子をあけた。手紙を持って来たのは、名は知らぬが、見識みしった顔の小使で、二十はたちになるかならぬの若者である。
 受け取った封書を持って、行燈の前にすわった三右衛門は、ず燈心の花を落してき立てた。そしてふところから鼻紙袋を出して、その中の眼鏡めがねを取ってけた。さて上書を改めたが、せがれ宇平の手でもなければ、女房にょうぼうの手でもない。ちょいと首を傾けたが、宛名には相違がないので、とにかく封を切った。手紙を引き出してひらき掛けて、三右衛門は驚いた。中は白紙である。
 はっと思ったとたんに、頭を強く打たれた。又驚く間もなく、白紙の上に血がたらたらと落ちた。背後うしろから一刀浴せられたのである。
 夜具葛籠の前に置いてあった脇差わきざしを、手探りに取ろうとする所へ、もう二の太刀たちを打ち卸して来る。無意識に右の手を挙げて受ける。手首がばったり切り落された。起ち上がって、左の手でむなぐらにつかみ着いた。
 相手は存外卑怯ひきょうやつであった。むなぐらを振り放ししなに、持っていた白刃しらはを三右衛門に投げ付けて、廊下へ逃げ出した。
 三右衛門は思慮のいとまもなく跡を追った。中の口まで出たが、もう相手の行方ゆくえが知れない。痛手を負った老人の足は、壮年の癖者くせものに及ばなかったのである。
 三右衛門はけるようないたみを頭と手とに覚えて、眩暈めまいきざして来た。それでも自分で自分を励まして、金部屋かねべやへ引き返して、何より先に金箱の錠前を改めた。なんの異状もない。「先ず好かった」と思った時、眩暈が強く起こったので、左の手で夜具葛籠を引き寄せて、それにり掛かった。そして深いゆるい息をいていた。

 物音を聞き附けて、最初に駆け附けたのは、泊番の徒目附かちめつけであった。次いで目附が来る。大目附が来る。本締もとじめが来る。医師を呼びにる。三右衛門の妻子のいる蠣殻町かきがらちょう中邸なかやしきへ使が走って行く。
 三右衛門は精神がたしかで、役人等に問われて、はっきりした返事をした。自分には意趣遺恨を受けるおぼえは無い。白紙の手紙を持って来て切って掛かった男は、顔を知って名を知らぬ表小使である。多分金銀にのぞみけたものであろう。家督相続の事をよろしく頼む。かたきを討ってくれるように、伜に言ってもらいたいと云うのである。その間三右衛門は「残念だ、残念だ」と度々たびたび繰り返して云った。
 現場げんばに落ちていた刀は、二三日前作事の方に勤めていた五瀬某が、詰所つめしょに掛けて置いたのを盗まれた品であった。門番を調べてみれば、卯刻うのこく過に表小使亀蔵かめぞうと云うものが、急用のお使だと云って通用門を出たと云うことである。亀蔵は神田久右衛門町かんだきゅうえもんちょう代地の仲間口入宿ちゅうげんくちいれやど富士屋治三郎が入れた男で、二十歳になる。下請宿したうけやど若狭屋わかさや亀吉である。表小使亀蔵が部屋を改めて見れば、山本の外四人の金部屋役人に、それぞれ宛てた封書があって、中は皆白紙である。
 察するに亀蔵は、早晩泊番の中のたれかを殺して金を盗もうと、かねはかっていたのであろう。奥羽おううその外の凶歉きょうけんのために、江戸は物価の騰貴した年なので、心得違こころえちがえのものが出来たのであろうと云うことになった。天保四年は小売米こうりまい百文に五合五勺になった。天明てんめい以後の飢饉年ききんどしである。