名君忠之(めいくんただゆき)

       一

 この話の中に活躍する延寿国資えんじゅくにすけと、金剛兵衛盛高こんごうへえもりたかの二銘刀は東京の愛剣家、杉山其日庵氏の秘蔵となって現存している。従ってこの話は、黒田藩に起った事実を脚色したものであるが、しかし人名、町名と時代は差障さしさわりがあるから仮作にしておいた。あしからず諒恕りょうじょして頂きたい。

不埒ふらちな奴……すぐに与九郎の家禄を取上げて追放せい。薩州の家来になれと言うて国境からたたき放せ。よいか。申付けたぞ」
 数本の桜の大樹が、美事に返咲きしている奥庭の広縁に、筑前藩主、黒田忠之ただゆき丹前たんぜん、庭下駄のまま腰を掛けていた。同じ縁側の遥か下手に平伏している大目付役、尾藤内記びとうないき胡麻塩ごましお頭を睨み付けていた。側女そばめを連れて散歩に出かけるところらしかった。
 かみしも姿の尾藤内記は、素長すながい顔を真青にしたまま忠之の眼の色を仰ぎ見た。そうして前よりも一層低く頭を板張りに近付けた。
「ハハッ。御意ぎょいには御座りまするが……御言葉を返すは、恐れ多うは御座りまするが、何卒なにとぞ、格別の御憐憫をもちましてお眼こぼしの程……薩藩への聞こえも如何いかがかと存じますれば……」
「……ナニッ……何と言う……」
 忠之の両のこぶし黄八丈きはちじょうの膝の上でピリピリとおののいた。庭先に立並んでいた側女たちがハッと顔を見合わせた。忠之が癇癖を起すと、アトで両の拳を自分で開き得ないで、女共に指を揉み柔らげさせて開かせる。それ程に烈しい癇癖が今起りかけている事を察したからであった。
「タ……タワケ奴がッ。島津が何とした。他藩の武士を断りもなく恩寵して、晴れがましく褒美ほうびなんどと……余を踏み付けに致したも同然じゃ。仕儀によっては与九郎奴を、肥後、薩摩の境い目まで引っ立てて討ち放せ。その趣意を捨札すてふだにして、あすこに晒首さらしくびにして参れ。他藩主の恩賞なんどを無作むさと懐中に入れるような奴は謀反、裏切者と同然の奴じゃ。天亀、天正の昔も今と同じ事じゃ。わかったか」
「ハハ。一々御尤ごもっとも……」
「肥後殿もしゅうははかろうまい。薩藩とは犬と猿同然の仲じゃけにの……即刻に取計とりはからえ……」
「ハハ。追放……追放致しまする。追放……あり難き仕合わせ……」
「ウム。塙代ばんだい与九郎奴は切腹も許さぬぞ。万一切腹しおったらその方の落度ぞ。不埒な奴じゃ。黒田武士の名折れじゃ。屹度きっと申付けて向後こうごの見せしめにせい。心得たか。……立てッ……」
 戦国武士の血を多分にけ継いでいる忠之は、芥屋けや石の沓脱台くつぬぎに庭下駄を踏み鳴らして癇をたかぶらせた。成行によっては薩州と一出入り仕兼ねまじき決心が、その切れ上ったまなじりに見えた。お庭に立並んでいた寵妾おひでの方を初め五六人の腰元が固唾かたずをのんで立ちすくんだ。
 とたんに御本丸から吹きおろす大体ねおろしに、返咲きの桜が真白く、お庭一面に散乱した。言い知れぬ殺気が四隣あたりに満ち満ちた。
 この上は取做とりなせば取做すほど語気が烈しくなる主君の気象を知り抜いている大目付役、尾藤内記は、慌しくスルスルと退いた。すぐにも下城しそうな足取りで、おつぼねを出たが、しかし、お局外の長廊下を大書院へ近づくうちに次第次第に歩度がゆるんで、うなだれて、両腕を組んだ。思案に暮れるていでシオシオとお屏風のまで来た。
「何事で御座った。大目付殿……」
 お納戸頭なんどがしらふち金右衛門という老人が待兼ねておったように大屏風の蔭から立現たちあらわれた。
「おお。御老人……」
 と内記は助船たすけぶねに出会うたように顔を上げた。ホッと溜息をした。
「よいところへ……ちょっとこちらへ御足労を……少々内談が御座る。折入ってな……」
「内談とは……」
「御老体のお知恵が拝借したい」
「これは改まった……御貴殿の御分別は城内一と……ハハ……追従ついしょうでは御座らぬ。それに上越うえこす知恵なぞはトテモ拙者に……ハハ……」
「仰せられな。コレコレ坊主、茶を持て……」
 二人は宿直とのいの間の畳廊下へ向い合った。百舌鳥もずの声がやかましい程城内に交錯している。
 お坊主が二人して座布団と煎茶を捧げ持って来た。淵老人が扇を膝に突いた。
「して何事で御座る」
 尾藤内記は又腕を組んだ。
「余の儀でも御座らぬ。御承知の塙代与九郎昌秋まさあきのう」
「ハハ……あの薩州拝みの……」
「シッ……その事じゃ。あの増長者奴のぼせめが、一昨年の夏、あの宗像むなかた大島の島司とうしになっているうちに、朝鮮通いの薩州藩の難船を助けて、船つくろいをさせた上に、病人どもを手厚う介抱して帰らせたという……な……」