老いたる素戔嗚尊(おいたるすさのおのみこと)

       一

 高志こし大蛇をろちを退治した素戔嗚すさのをは、櫛名田姫くしなだひめめとると同時に、足名椎あしなつちが治めてゐた部落のをさとなる事になつた。
 足名椎は彼等夫婦の為に、出雲いづもの須賀へ八広殿やひろどのを建てた。宮は千木ちぎ天雲あまぐもに隠れる程大きな建築であつた。
 彼は新しい妻と共に、静な朝夕を送り始めた。風の声も浪の水沫しぶきも、或は夜空の星の光も今はふたたび彼を誘つて、広漠とした太古の天地に、さまよはせる事は出来なくなつた。既に父とならうとしてゐた彼は、この宮の太い棟木むなぎの下に、――赤と白とに狩の図を描いた、彼の部屋の四壁の内に、高天原たかまがはらの国が与へなかつた炉辺の幸福を見出したのであつた。
 彼等は一しよに食事をしたり、未来の計画を話し合つたりした。時々は宮のまはりにある、柏の林に歩みを運んで、その小さな花房の地に落ちたのを踏みながら、夢のやうな小鳥の啼く声に、耳を傾ける事もあつた。彼は妻に優しかつた。声にも、身ぶりにも、眼の中にも、昔のやうな荒々しさは、二度と影さえも現さなかつた。
 しかし稀に夢の中では、暗黒くらやみうごめく怪物や、見えない手のふるつるぎの光が、もう一度彼を殺伐な争闘の心につれて行つた。が、何時も眼がさめると、彼はすぐ妻の事や部落の事を思ひ出す程、綺麗にその夢を忘れてゐた。
 間もなく彼等は父母になつた。彼はその生れた男の子に、八島士奴美やしまじぬみと云ふ名を与へた。八島士奴美は彼よりも、女親の櫛名田姫に似た、気立ての美しい男であつた。
 月日は川のやうに流れて行つた。
 その間に彼は何人かの妻をめとつて、更に多くの子の父になつた。それらの子は皆人となると、彼の命ずる儘に兵士を率ゐて、国々の部落を従へに行つた。
 彼の名は子孫の殖えると共に、次第に遠くまで伝はつて行つた。国々の部落は彼のもとへ、続々とみつぎを奉りに来た。それらの貢を運ぶ舟は、絹や毛革や玉と共に、須賀の宮を仰ぎに来る国々の民をも乗せてゐた。
 或日彼はさう云ふ民の中に、高天原の国から来た三人の若者を発見した。彼等は皆当年の彼のやうな、筋骨のたくましい男であつた。彼は彼等を宮に召して、手づから酒を飲ませてやつた。それは今まで何人なんぴとも、この勇猛な部落の長から、受けたことのない待遇であつた。若者たちも始めの内は、彼の意嚮いかうはかりかねて、多少の畏怖を抱いたらしかつた。しかし酒がまはり出すと、彼の所望する通り、みかの底を打ち鳴らして、高天原の国の歌を唱つた。
 彼等が宮を下る時、彼は一振の剣を取つて、
「これはおれが高志こし大蛇をろちを斬つた時、その尾の中にあつた剣だ。これをお前たちに預けるから、お前たちの故郷の女君をんなぎみに渡してくれい。」と云ひつけた。
 若者たちはその剣を捧げて、彼の前にひざまづきながら、死んでも彼の命令にそむかないと云ふ誓ひを立てた。
 彼はそれから独り海辺へ行つて、彼等を乗せた舟の帆が、だんだん荒い波の向うに、遠くなつて行くのを見送つた。帆は霧を破る日の光を受けて、丁度中空を行くやうに、たつた一つ閃いてゐた。

       二

 しかし死は素戔嗚夫婦をもゆるさなかつた。
 八島士奴美やしまじぬみがおとなしい若者になつた時、櫛名田姫はふと病にかかつて、一月ばかりの後に命をおとした。何人か妻があつたとは云へ、彼が彼自身のやうに愛してゐたのは、やはり彼女一人だけであつた。だから彼は喪屋もやが出来ると、まだ美しい妻の死骸の前に、七日七晩坐つた儘、黙然もくねんと涙を流してゐた。
 宮の中はその間、慟哭どうこくの声に溢れてゐた。殊に幼い須世理姫すせりひめが、しつきりなく歎き悲しむ声には、宮の外を通るものさえ、涙を落さずにはゐられなかつた。彼女は――この八島士奴美のたつた一人の妹は、兄が母に似てゐる通り、情熱の烈しい父に似た、男まさりの娘であつた。
 やがて櫛名田姫のがらは、生前彼女が用ひてゐた、玉や鏡や衣服と共に、須賀の宮から遠くない、小山の腹に埋められた。が、素戔嗚はその上に、黄泉路よみぢの彼女を慰むべく、今まで妻に仕へてゐた十一人の女たちをも、埋め殺す事を忘れなかつた。女たちは皆、装ひをらして、いそいそと死に急いで行つた。するとそれを見た部落の老人たちは、いづれも眉をひそめながら、ひそかに素戔嗚の暴挙を非難し合つた。
「十一人! みことは部落の旧習に全然無頓着で御出でなさる。第一のきさきが御なくなりなすつたのに、十一人しか黄泉よみの御供を御させ申さないと云ふ法があらうか? たつた皆で十一人!」