或日の大石内蔵助(あるひのおおいしくらのすけ)

 しかし、内蔵助くらのすけの笑わなかったのは、格別二人の注意を惹かなかったらしい。いや、人の好い藤左衛門の如きは、彼自身にとってこの話が興味あるように、内蔵助にとっても興味があるものと確信して疑わなかったのであろう。それでなければ、彼は、更に自身しもへ赴いて、当日の当直だった細川家の家来、堀内伝右衛門を、わざわざこちらへつれて来などはしなかったのに相違ない。所が、万事にまめな彼は、忠左衛門をかえりみて、「伝右衛門殿をよんで来ましょう。」とか何とか云うと、早速隔てのふすまをあけて、気軽く下の間へ出向いて行った。そうして、ほどなく、見た所から無骨ぶこつらしい伝右衛門を伴なって、不相変あいかわらずの微笑をたたえながら、得々とくとくとして帰って来た。
「いや、これは、とんだ御足労を願って恐縮でございますな。」
 忠左衛門は、伝右衛門の姿を見ると、良雄よしかつに代って、微笑しながらこう云った。伝右衛門の素朴で、真率しんそつな性格は、お預けになって以来、つとに彼と彼等との間を、故旧こきゅうのような温情でつないでいたからである。
早水氏はやみうじが是非こちらへ参れと云われるので、御邪魔とは思いながら、まかり出ました。」
 伝右衛門は、座につくと、太い眉毛を動かしながら、日にやけた頬の筋肉を、今にも笑い出しそうに動かして、万遍なく一座を見廻した。これにつれて、書物を読んでいたのも、筆を動かしていたのも、皆それぞれ挨拶あいさつをする。内蔵助もやはり、慇懃いんぎんに会釈をした。ただその中でいささか滑稽の観があったのは、読みかけた太平記を前に置いて、眼鏡をかけたまま、居眠りをしていた堀部弥兵衛が、眼をさますが早いか、慌ててその眼鏡をはずして、丁寧に頭を下げた容子ようすである。これにはさすがな間喜兵衛も、よくよく可笑おかしかったものと見えて、かたわら衝立ついたての方を向きながら、苦しそうな顔をして笑をこらえていた。
「伝右衛門殿も老人はお嫌いだと見えて、とかくこちらへはおいでになりませんな。」
 内蔵助は、いつに似合わない、なめらかな調子で、こう云った。幾分か乱されはしたものの、まだ彼の胸底には、さっきの満足の情が、暖く流れていたからであろう。
「いや、そう云う訳ではございませんが、何かとあちらの方々かたがたに引とめられて、ついそのまま、話しこんでしまうのでございます。」
「今もうけたまわれば、大分だいぶ面白い話が出たようでございますな。」
 忠左衛門も、かたわらから口をはさんだ。
「面白い話――と申しますと……」
「江戸中で仇討あだうちの真似事が流行はやると云う、あの話でございます。」
 藤左衛門は、こう云って、伝右衛門と内蔵助くらのすけとを、にこにこしながら、等分に見比べた。
「はあ、いや、あの話でございますか。人情と云うものは、実に妙なものでございます。御一同の忠義に感じると、町人百姓までそう云う真似がして見たくなるのでございましょう。これで、どのくらいじだらくな上下じょうげの風俗が、改まるかわかりません。やれ浄瑠璃じょうるりの、やれ歌舞伎のと、見たくもないものばかり流行はやっている時でございますから、丁度よろしゅうございます。」
 会話の進行は、また内蔵助にとって、面白くない方向へ進むらしい。そこで、彼は、わざと重々しい調子で、卑下ひげの辞を述べながら、たくみにその方向を転換しようとした。
「手前たちの忠義をおめ下さるのは難有ありがたいが、手前一人ひとりの量見では、お恥しい方が先に立ちます。」
 こう云って、一座を眺めながら、
「何故かと申しますと、赤穂一藩に人も多い中で、御覧の通りここに居りまするものは、皆小身者しょうしんものばかりでございます。もっとも最初は、奥野将監おくのしょうげんなどと申す番頭ばんがしらも、何かと相談にのったものでございますが、中ごろから量見を変え、ついに同盟を脱しましたのは、心外と申すよりほかはございません。そのほか、新藤源四郎しんどうげんしろう河村伝兵衛かわむらでんびょうえ小山源五左衛門こやまげんござえもんなどは、原惣右衛門より上席でございますし、佐々小左衛門ささこざえもんなども、吉田忠左衛門より身分は上でございますが、皆一挙が近づくにつれて、変心致しました。その中には、手前の親族の者もございます。して見ればお恥しい気のするのも無理はございますまい。」
 一座の空気は、内蔵助のこのことばと共に、今までの陽気さをなくなして、急に真面目まじめな調子を帯びた。この意味で、会話は、彼の意図通り、方向を転換したと云っても差支えない。が、転換した方向が、果して内蔵助にとって、愉快なものだったかどうかは、おのずからまた別な問題である。