竜(りゅう)

        一

 宇治うじ大納言隆国だいなごんたかくに「やれ、やれ、昼寝の夢が覚めて見れば、今日はまた一段と暑いようじゃ。あのまつふじの花さえ、ゆさりとさせるほどの風も吹かぬ。いつもは涼しゅう聞える泉の音も、どうやら油蝉の声にまぎれて、かえって暑苦しゅうなってしもうた。どれ、また童部わらんべたちにあおいででも貰おうか。
「何、往来のものどもが集った? ではそちらへ参ると致そう。童部わらんべたちもその大団扇おおうちわを忘れずに後からかついで参れ。
「やあ、皆のもの、予が隆国たかくにじゃ。大肌ぬぎの無礼はゆるしてくれい。
「さて今日はその方どもにちと頼みたい事があって、わざと、この宇治の亭へ足を止めて貰うたのじゃ。と申すはこの頃ふとここへ参って、予も人並に双紙そうしを一つ綴ろうと思い立ったが、つらつら独り考えて見れば、生憎あいにく予はこれと云うて、筆にするほどの話も知らぬ。さりながらあだ面倒な趣向などを凝らすのも、予のような怠けものには、何より億劫千万おっくうせんばんじゃ。ついては今日から往来のその方どもに、今は昔の物語を一つずつ聞かせて貰うて、それを双紙に編みなそうと思う。さすれば内裡だいり内外うちそとばかりうろついてる予などには、思いもよらぬ逸事いつじ奇聞が、舟にも載せ車にも積むほど、四方から集って参るに相違あるまい。何と、皆のもの、迷惑ながらこの所望をかなえてくれる訳には行くまいか。
「何、叶えてくれる? それは重畳ちょうじょう、では早速一同の話を順々にこれで聞くと致そう。
「こりゃ童部わらんべたち、一座へ風が通うように、その大団扇であおいでくれい。それで少しは涼しくもなろうと申すものじゃ。鋳物師いもじ陶器造すえものつくりも遠慮は入らぬ。二人ともずっとこの机のほとりへ参れ。鮓売すしうりの女も日が近くば、桶はそのえんの隅へ置いたがいぞ。わ法師も金鼓ごんくはずしたらどうじゃ。そこな侍も山伏もたかむしろを敷いたろうな。
「よいか、支度が整うたら、まず第一に年かさな陶器造すえものつくりおきなから、何なりとも話してくれい。」

        二

 おきな「これは、これは、御叮嚀な御挨拶ごあいさつで、下賤げせんわたくしどもの申し上げます話を、一々双紙へ書いてやろうと仰有おっしゃいます――そればかりでも、私の身にとりまして、どのくらい恐多いかわかりません。が、御辞退申しましてはかえって御意ぎょいさからう道理でございますから、御免を蒙って、一通り多曖たわいもない昔話を申し上げると致しましょう。どうか御退屈でもしばらくの間、御耳を御借し下さいまし。
「私どものまだ年若な時分、奈良に蔵人得業くろうどとくごう恵印えいんと申しまして、途方とほうもなく鼻の大きい法師ほうしが一人居りました。しかもその鼻の先が、まるで蜂にでも刺されたかと思うくらい、年が年中恐しくまっ赤なのでございます。そこで奈良の町のものが、これに諢名あだなをつけまして、鼻蔵はなくら――と申しますのは、元来大鼻の蔵人得業くろうどとくごうと呼ばれたのでございますが、それではちと長すぎると申しますので、やがて誰云うとなく鼻蔵人はなくろうどと申しはやしました。が、しばらく致しますと、それでもまだ長いと申しますので、さてこそ鼻蔵鼻蔵と、うたわれるようになったのでございます。現に私も一両度、その頃奈良の興福寺こうふくじの寺内で見かけた事がございますが、いかさま鼻蔵とでもそしられそうな、世にも見事な赤鼻の天狗鼻てんぐばなでございました。その鼻蔵の、鼻蔵人の、大鼻の蔵人得業の恵印法師えいんほうしが、ある夜の事、弟子もつれずにただ一人そっと猿沢さるさわの池のほとりへ参りまして、あの采女柳うねめやなぎの前のつつみへ、『三月三日この池より竜昇らんずるなり』と筆太に書いた建札を、高々と一本打ちました。けれども恵印えいんは実の所、猿沢の池に竜などがほんとうに住んでいたかどうか、心得ていた訳ではございません。ましてその竜が三月三日に天上てんじょうすると申す事は、全く口から出まかせの法螺ほらなのでございます。いや、どちらかと申しましたら、天上しないと申す方がまだ確かだったのでございましょう。ではどうしてそんな入らざる真似を致したかと申しますと、恵印は日頃から奈良の僧俗が何かにつけて自分の鼻を笑いものにするのが不平なので、今度こそこの鼻蔵人がうまく一番かついだ挙句あげく、さんざん笑い返してやろうと、こう云う魂胆こんたん悪戯いたずらにとりかかったのでございます。御前ごぜんなどが御聞きになりましたら、さぞ笑止しょうしな事と思召しましょうが、何分今は昔の御話で、その頃はかような悪戯を致しますものが、とかくどこにもあり勝ちでございました。