道祖問答(どうそもんどう)

 天王寺てんのうじ別当べっとう道命阿闍梨どうみょうあざりは、ひとりそっと床をぬけ出すと、経机きょうづくえの前へにじりよって、その上に乗っている法華経ほけきょう八のまきあかりの下に繰りひろげた。
 切り燈台の火は、花のような丁字ちょうじをむすびながら、あかる螺鈿らでんの経机を照らしている。耳にはいるのは几帳きちょうの向うに横になっている和泉式部いずみしきぶの寝息であろう。春の夜の曹司ぞうしはただしんかんと更け渡って、そのほかにはねずみの啼く声さえも聞えない。
 阿闍梨あざりは、白地の錦のふちをとった円座わらふだの上に座をしめながら、式部の眼のさめるのをはばかるように、中音ちゅうおんで静かに法華経をしはじめた。
 これが、この男の日頃からの習慣である。身は、大納言だいなごん藤原道綱ふじわらみちつなの子と生れて、天台座主慈恵てんだいざすじえ大僧正の弟子でしとなったが、三業さんごうしゅうせず、五戒ごかいも持した事はない。いやむしろ「あめしたのいろごのみ」と云う、Dandy の階級に属するような、生活さえもつづけている。が、不思議にも、そう云う生活のあい間には、必ずひとり法華経を読誦どくじゅする。しかも阿闍梨自身は、少しもそれを矛盾むじゅんだと思っていないらしい。
 現に今日きょう、和泉式部を訪れたのも、験者げんざとして来たのでは、勿論ない。ただこの好女こうじょの数の多い情人の一人として春宵しゅんしょうのつれづれを慰めるために忍んで来た。――それが、まだ一番鶏いちばんどりも鳴かないのに、こっそり床をぬけ出して、酒臭いくちびるに、一切衆生いっさいしゅじょう皆成仏道かいじょうぶつどうの妙経を読誦しようとするのである。……
 阿闍梨は褊袗へんさんの襟を正して、専念に経を読んだ。
 それが、どのくらいつづいたかわからない。が、暫くすると、切り燈台の火が、いつの間にか、少しずつ暗くなり出したのに気がついた。ほのおの先が青くなって、光がだんだん薄れて来る。と思うと、丁字ちょうじのまわりがすすのたまったように黒み出して、追々に火の形が糸ほどに細ってしまう。阿闍梨は、気にして二三度燈心をかき立てた。けれども、暗くなる事は、依然として変りがない。
 そればかりか、ふと気がつくと、あかりの暗くなるのに従って、切り燈台の向うの空気が一所ひとところだけ濃くなって、それが次第に、影のような人の形になって来る。阿闍梨は、思わず読経どきょうの声を断った。――
「誰じゃ。」
 すると、声に応じて、その影からぼやけた返事が伝って来た。
「おゆるされ。これは、五条西の洞院とういんのほとりに住むおきなでござる。」
 阿闍梨あざりは、身を稍後ややあとへすべらせながらひとみらして、じっとその翁を見た。翁は経机きょうづくえの向うに白の水干すいかんの袖を掻き合せて、仔細しさいらしく坐っている。朦朧もうろうとはしながらも、烏帽子えぼしの紐を長くむすび下げた物ごしは満更まんざら狐狸こり変化へんげとも思われない。殊に黄色い紙を張った扇を持っているのが、あかりの暗いにも関らず気高けだかくはっきりと眺められた。
おきなとは何の翁じゃ。」
「おう、翁とばかりでは御合点ごがてんまいるまい。ありようは、五条の道祖神さえのかみでござる。」
「その道祖神が、何としてこれへ見えた。」
「御経をうけたまわり申した嬉しさに、せめて一語ひとことなりとも御礼申そうとて、まかいでたのでござる。」
 阿闍梨は不審らしく眉をよせた。
道命どうみょうが法華経を読み奉るのは、常の事じゃ。今宵に限った事ではない。」
「されば。」
 道祖神さえのかみは、ちょいと語を切って、種々しょうしょうたる黄髪こうはつの頭を、ものうげに傾けながら不相変あいかわらず呟くような、かすかな声で、
「清くて読み奉らるる時には、かみ梵天帝釈ぼんてんたいしゃくよりしも恒河沙こうがしゃの諸仏菩薩まで、ことごと聴聞ちょうもんせらるるものでござる。よって翁は下賤げせんの悲しさに、御身おんみ近うまいる事もかない申さぬ。今宵は――」と云いかけながら、急に皮肉な調子になって、「今宵は、御行水ごぎょうずいも遊ばされず、且つ女人にょにんの肌に触れられての御誦経ごずきょうでござれば、諸々もろもろの仏神も不浄をんで、このあたりへはげんぜられぬげに見え申した。されば、翁も心安う見参げんざんに入り、聴聞の御礼申そう便宜を、得たのでござる。」