虱(しらみ)

       一

 元治げんぢ元年十一月二十六日、京都守護の任に当つてゐた、加州家の同勢は、折からの長州征伐に加はる為、国家老くにがらうの長大隅守おほすみのかみを大将にして、大阪の安治川口あぢかはぐちから、船を出した。
 小頭こがしらは、佃久太夫つくだきうだいふ、山岸三十郎の二人で、佃組の船には白幟しろのぼり、山岸組の船には赤幟が立つてゐる。五百石積の金毘羅こんぴら船が、皆それぞれ、紅白の幟を風にひるがへして、川口を海へのり出した時の景色は、如何いかにも勇ましいものだつたさうである。
 しかし、その船へ乗組んでゐる連中は、中々勇ましがつてゐる所の騒ぎではない。第一どの船にも、一艘に、主従三十四人、船頭四人、あはせて三十八人づつ乗組んでゐる。だから、船の中は、皆、身動きもろくに出来ない程狭い。それから又、胴のには、沢庵漬たくあんづけ鰌桶どぢやうをけへつめたのが、足のふみ所もない位、ならべてある。慣れない内は、その臭気を嗅ぐと、誰でもすぐに、吐き気を催した。最後に旧暦の十一月下旬だから、海上を吹いて来る風が、まるで身を切るやうに冷い。殊に日が暮れてからは、摩耶颪まやおろしなり水の上なり、流石さすがに北国生れの若侍も、多くは歯の根が合はないと云ふ始末であつた。
 その上、船の中には、しらみが沢山ゐた。それも、着物の縫目にかくれてゐるなどと云ふ、生やさしい虱ではない。帆にもたかつてゐる。幟にもたかつてゐる。ほばしらにもたかつてゐる。いかりにもたかつてゐる。少し誇張して云へば、人間を乗せる為の船だか、虱を乗せる為の船だか、判然しない位である。勿論その位だから、着物には、何十匹となくたかつてゐる。さうして、それが人肌にさへさはれば、すぐに、いい気になつて、ちくちくやる。それも、五匹や十匹なら、どうにでも、せいとうのしやうがあるが、前にも云つた通り、白胡麻しろごまをふり撒いたやうに、沢山ゐるのだから、とても、とりつくすなどと云ふ事が出来る筈のものではない。だから、佃組と山岸組とを問はず、船中にゐる侍と云ふ侍の体は、ことごとく虱に食はれたあとで、まるで麻疹はしか[#「麻疹」は底本では「痳疹」]にでもかかつたやうに、胸と云はず腹と云はず、一面に赤く腫れ上がつてゐた。
 しかし、いくら手のつけやうがないと云つても、そのまま打遣うつちやつて置くわけには、なほ行かない。そこで、船中の連中は、暇さへあれば、虱狩をやつた。上は家老から下は草履取ざうりとりまで、悉く裸になつて、随所にゐる虱をてんでに茶呑茶碗の中へ、取つては入れ、取つては入れするのである。大きな帆に内海の冬の日をうけた金毘羅船の中で、三十何人かの侍が、湯もじ一つに茶呑茶碗を持つて、帆綱の下、錨の陰と、一生懸命に虱ばかり、さがして歩いた時の事を想像すると、今日では誰しも滑稽だと云ふ感じが先に立つが、「必要」の前に、一切の事が真面目になるのは、維新以前といへども、今と別に変りはない。――そこで、一船の裸侍は、それ自身が大きな虱のやうに、寒いのを我慢して、毎日根気よく、そこここと歩きながら、丹念に板の間の虱ばかりつぶしてゐた。

       二

 所が佃組の船に、妙な男が一人ゐた。これは森権之進ごんのしんと云ふ中老のつむじ曲りで、身分は七十俵五人扶持ぶち御徒士おかちである。この男だけは不思議に、虱をとらない。とらないから、勿論、何処どこと云はず、たかつてゐる。まげぶしへのぼつてゐる奴があるかと思ふと、袴腰のふちを渡つてゐる奴がある。それでも別段、気にかける容子ようすがない。
 ではこの男だけ、虱に食はれないのかと云ふと、又さうでもない。やはりほかの連中のやうに、体中金銭斑々きんせんはんはんとでも形容したらよからうと思ふ程、所まだらに赤くなつてゐる。その上、当人がそれを掻いてゐる所を見ると、かゆくない訳でもないらしい。が、痒くつても何でも、一向平気で、すましてゐる。
 すましてゐるだけなら、まだいいが、外の連中が、せつせと虱狩をしてゐるのを見ると、かならずわきからこんな事を云ふ。――
「とるなら、殺し召さるな。殺さずに茶碗へ入れて置けば、わしが貰うて進ぜよう。」
「貰うて、どうさつしやる?」同役の一人が、あきれた顔をして、かう尋ねた。
「貰うてか。貰へばわしが飼うておくまでぢや。」
 森は、恬然てんぜんとして答へるのである。
「では殺さずにとつて進ぜよう。」
 同役は、冗談じようだんだと思つたから、二三人の仲間と一しよに半日がかりで、虱を生きたまま、茶呑茶碗へ二三杯とりためた。この男の腹では、かうして置いて「さあ飼へ」と云つたら、いくら依怙地えこぢな森でも、閉口するだらうと思つたからである。