西洋人情話 英国孝子ジョージスミス之伝(せいようにんじょうばなし えいこくこうしジョージスミスのでん)

     一

 御免を蒙(こうむ)りまして申上げますお話は、西洋人情噺(にんじょうばなし)と表題を致しまして、英国(えいこく)の孝子(こうし)ジョージ、スミスの伝、これを引続いて申上げます。外国(あちら)のお話ではどうも些(ち)と私(わたくし)の方にも出来かねます。又お客様方にお分り難(にく)いことが有りますから、地名人名を日本(にほん)にしてお話を致します。英国のリバプールと申しまする処で、英国(いぎりす)の竜動(ろんどん)より三時間で往復の出来る処、日本(にっぽん)で云えば横浜のような繁昌(はんじょう)な港で、東京(とうけい)で申せば霊岸島(れいがんじま)鉄砲洲(てっぽうず)などの模様だと申すことで、その世界に致してお話をします。スマイル、スミスと申しまする人は、彼国(あちら)で蒸汽の船長でございます。これを上州(じょうしゅう)前橋(まえばし)竪町(たつまち)の御用達(ごようたし)で清水助右衞門(しみずすけえもん)と直してお話を致します。其の子ジョージ、スミスを清水重二郎(じゅうじろう)という名前に致しまして、其の姉のマアリーをおまきと云います。エドワルド、セビルという侠客(おとこだて)がございますが、これを江戸屋(えどや)の清次郎(せいじろう)という屋根屋の棟梁(とうりょう)で、侠気(おとこぎ)な人が有ったというお話にします。又外国(あちら)では原語でございますとジョン、ハミールトンという人が、ナタンブノルという朋友(ともだち)の同類と、かのスマイル、スミスを打殺(うちころ)しまして莫大(ばくだい)の金を取ります。このナタンブノルを井生森又作(いぶもりまたさく)と致しジョン、ハミールトンを前橋の重役で千二百石取りました春見丈助利秋(はるみじょうすけとしあき)という者にいたしてお話を此方(こちら)のことに直しましただけの事で、原書をお読み遊ばした方は御存じのことでございましょうが、これは或る洋学先生が私(わたくし)に口移しに教えて下すったお話を日本(にほん)の名前にしてお和(やわら)かなお話にいたしました。そのおつもりでお聴きの程を願います。徳川家が瓦解(がかい)になって、明治四五年(しごねん)の頃大分(だいぶ)宿屋が出来ましたが、外神田松永町(そとかんだまつながちょう)佐久間町(さくまちょう)あの辺には其の頃大きな宿屋の出来ましたことでございますが、其の中に春見屋(はるみや)という宿屋を出しましたのが春見丈助という者で、表構(おもてがまえ)は宏高(こうこう)といたして、奥蔵(おくぐら)があって、奉公人も大勢使い、実に大(たい)した暮しをして居ります。娘が一人有って、名をおいさと申します。これはあちらではエリザと申しまするのでお聞分(きゝわけ)を願います。十二歳になって至って親孝行な者で、その娘を相手にして春見丈助は色々の事に手出しを致したが、皆失敗(しくじ)って損ばかりいたし、漸(ようよ)うに金策を致して山師(やまし)で威(おど)した宿屋、実に危(あぶな)い身代で、お客がなければ借財方(しゃくざいかた)からは責められまするし、月給を遣(や)らぬから奉公人は暇(いとま)を取って出ます、終(つい)にはお客をすることも出来ません、適(たま)にお客があれば機繰(からくり)の身上(しんしょう)ゆえ、客から預かる荷物を質入(しちいれ)にしたり、借財方に持って行(ゆ)かれますような事でございますから、客がぱったり来ません。丁度十月二日のことでございます。歳はゆかぬが十二になるおいさという娘が、親父(おやじ)の身代(しんだい)を案じましてくよ/\と病気になりましたが、医者を呼びたいと思いましても、診察料も薬礼(やくれい)も有りませんから、良(い)い医者は来て呉れません。幸い貯えて有りました烏犀角(うさいかく)を春見が頻(しきり)に定木(じょうぎ)の上で削って居ります所へ、夕景に這入(はい)って来ました男は、矢張(やはり)前橋侯の藩で極(ごく)下役でございます、井生森又作という三十五歳に相成(あいな)りましてもいまだ身上(みのうえ)が定(さだま)らず、怪しい形(なり)で柳川紬(やながわつむぎ)の袷(あわせ)一枚で下にはシャツを着て居りますが、羽織も黒といえば体(てい)が好(い)いけれども、紋の所が黒くなって、黒い所は赤くなって居りますから、黒紋の赤羽織といういやな羽織をまして[#「まして」は「きまして」の誤記か]兵児帯(へこおび)は縮緬(ちりめん)かと思うと縮緬呉絽(ちりめんごろう)で、元は白かったが段々鼠色になったのをしめ着て、少し前歯の減った下駄に、おまけに前鼻緒(まえばなお)が緩(ゆる)んで居りますから、親指で蝮(まむし)を拵(こしら)えて穿(は)き土間から奥の方へ這入って来ました。
又「誠に暫(しばら)く」
丈「いや、これは珍らしい」