アグニの神(アグニのかみ)

       一

 支那の上海シヤンハイの或町です。昼でも薄暗い或家の二階に、人相の悪い印度インド人の婆さんが一人、商人らしい一人の亜米利加アメリカ人と何かしきりに話し合つてゐました。
「実は今度もお婆さんに、うらなひを頼みに来たのだがね、――」
 亜米利加人はさう言ひながら、新しい煙草たばこへ火をつけました。
「占ひですか? 占ひは当分見ないことにしましたよ。」
 婆さんはあざけるやうに、じろりと相手の顔を見ました。
「この頃は折角見て上げても、御礼さへろくにしない人が、多くなつて来ましたからね。」
「そりや勿論御礼をするよ。」
 亜米利加人は惜しげもなく、三百ドルの小切手を一枚、婆さんの前へ投げてやりました。
「差当りこれだけ取つて置くさ。もしお婆さんの占ひが当れば、その時は別に御礼をするから、――」
 婆さんは三百弗の小切手を見ると、急に愛想あいそがよくなりました。
「こんなに沢山頂いては、かへつて御気の毒ですね。――さうして一体又あなたは、何を占つてくれろとおつしやるんです?」
「私が見て貰ひたいのは、――」
 亜米利加人は煙草をくはへたなり、狡猾かうくわつさうな微笑を浮べました。
「一体日米戦争はいつあるかといふことなんだ。それさへちやんとわかつてゐれば、我々商人はたちまちの内に、大金儲けが出来るからね。」
「ぢや明日あしたいらつしやい。それまでに占つて置いて上げますから。」
「さうか。ぢや間違ひのないやうに、――」
 印度人の婆さんは、得意さうに胸をらせました。
「私の占ひは五十年来、一度もはづれたことはないのですよ。何しろ私のはアグニの神が、御自身御告げをなさるのですからね。」
 亜米利加人が帰つてしまふと、婆さんは次の間の戸口へ行つて、
恵蓮ゑれん。恵蓮。」と呼び立てました。
 その声に応じて出て来たのは、美しい支那人の女の子です。が、何か苦労でもあるのか、この女の子の下ぶくれの頬は、まるでらふのやうな色をしてゐました。
「何を愚図愚図ぐづぐづしてゐるんだえ? ほんたうにお前位、づうづうしい女はありやしないよ。きつと又台所で居眠りか何かしてゐたんだらう?」
 恵蓮はいくら叱られても、ぢつと俯向うつむいたまま黙つてゐました。
「よくお聞きよ。今夜は久しぶりにアグニの神へ、御伺ひを立てるんだからね、そのつもりでゐるんだよ。」
 女の子はまつ黒な婆さんの顔へ、悲しさうな眼を挙げました。
「今夜ですか?」
「今夜の十二時。好いかえ? 忘れちやいけないよ。」
 印度人の婆さんは、おどすやうに指を挙げました。
「又お前がこの間のやうに、私に世話ばかり焼かせると、今度こそお前の命はないよ。お前なんぞは殺さうと思へば、ひよくびを絞めるより――」
 かう言ひかけた婆さんは、急に顔をしかめました。ふと相手に気がついて見ると、恵蓮はいつか窓側まどぎはに行つて、丁度明いてゐた硝子窓ガラスまどから、寂しい往来を眺めてゐるのです。
「何を見てゐるんだえ?」
 恵蓮はいよいよ色を失つて、もう一度婆さんの顔を見上げました。
「よし、よし、さう私を莫迦ばかにするんなら、まだお前は痛い目に会ひ足りないんだらう。」
 婆さんは眼を怒らせながら、そこにあつたはうきをふり上げました。
 丁度その途端です。誰か外へ来たと見えて、戸を叩く音が、突然荒々しく聞え始めました。

       二

 その日のかれこれ同じ時刻に、この家の外を通りかかつた、年の若い一人の日本人があります。それがどう思つたのか、二階の窓から顔を出した支那人の女の子を一目見ると、しばらくは呆気あつけにとられたやうに、ぼんやり立ちすくんでしまひました。
 そこへ又通りかかつたのは、年をとつた支那人の人力車夫です。
「おい。おい。あの二階に誰が住んでゐるか、お前は知つてゐないかね?」
 日本人はその人力車夫へ、いきなりかう問ひかけました。支那人は楫棒かぢぼうを握つた儘、高い二階を見上げましたが、「あすこですか? あすこには、何とかいふ印度人の婆さんが住んでゐます。」と、気味悪さうに返事をすると、※(「勹<夕」、第3水準1-14-76)そうそう行きさうにするのです。
「まあ、待つてくれ。さうしてその婆さんは、何を商売にしてゐるんだ?」
うらなしやです。が、この近所のうはさぢや、何でも魔法さへ使ふさうです。まあ、命が大事だつたら、あの婆さんの所なぞへは行かない方が好いやうですよ。」
 支那人の車夫が行つてしまつてから、日本人は腕を組んで、何か考へてゐるやうでしたが、やがて決心でもついたのか、さつさとその家の中へはひつて行きました。すると突然聞えて来たのは、婆さんのののしる声に交つた、支那人の女の子の泣き声です。日本人はその声を聞くが早いか、一股ひとまたに二三段づつ、薄暗い梯子を馳け上りました。さうして婆さんの部屋の戸を力一ぱい叩き出しました。