素戔嗚尊(すさのおのみこと)


 高天原たかまがはらの国も春になった。
 今は四方よもの山々を見渡しても、雪の残っている峰は一つもなかった。牛馬の遊んでいる草原くさはらは一面にほのかな緑をなすって、そのすそを流れて行くあめ安河やすかわの水の光も、いつか何となく人懐ひとなつかしい暖みをたたえているようであった。ましてその河下かわしもにある部落には、もうつばくらも帰って来れば、女たちがかめを頭に載せて、水を汲みに行く椿つばきも、とうに点々と白い花を濡れ石の上に落していた。――
 そう云う長閑のどかな春の日の午後、あめ安河やすかわの河原には大勢の若者が集まって、余念もなく力競ちからくらべにふけっていた。
 はじめ、彼等はに弓矢をって、頭上の大空へ矢を飛ばせた。彼等の弓の林の中からは、勇ましいゆんづるの鳴る音が風のように起ったり止んだりした。そうしてその音の起る度に、矢は無数のいなごのごとく、日の光に羽根を光らせながら、折から空にかかっている霞の中へ飛んで行った。が、その中でも白いはやぶさの羽根の矢ばかりは、必ずほかの矢よりも高く――ほとんど影も見えなくなるほど高く揚った。それは黒と白と市松模様いちまつもよう倭衣しずりを着た、容貌ようぼうの醜い一人の若者が、太い白檀木しらまゆみの弓を握って、時々切って放すとがり矢であった。
 その白羽しらはの矢が舞い上る度に、ほかの若者たちは空を仰いで、口々に彼の技倆ぎりょうめそやした。が、その矢がいつも彼等のより高く揚る事を知ると、彼等は次第に彼の征矢そやに冷淡な態度をよそおい出した。のみならず彼等のうちの何者かが、彼には到底及ばなくとも、かなり高い所まで矢を飛ばすと、かえってその方へ賛辞を与えたりした。
 容貌の醜い若者は、それでも快活に矢を飛ばせ続けた。するとほかの若者たちは、誰からともなく弓を引かなくなった。だから今まで紛々ふんぷんと乱れ飛んでいた矢の雨も、見る見る数が少くなって来た。そうしてとうとうしまいには、彼の射る白羽の矢ばかりが、まるで昼見える流星りゅうせいのように、たった一筋空へ上るようになった。
 その内に彼も弓を止めて、得意らしい色を浮べながら、仲間の若者たちの方を振返った。が、彼の近所にはその満足を共にすべく、一人の若者も見当らなかった。彼等はもうその時には、みんな河原の水際みぎわにより集まって、美しい天の安河の流れを飛び越えるのに熱中していた。
 彼等は互にきそい合って、同じ河の流れにしても、幅の広い所を飛び越えようとした。時によると不運な若者は、焼太刀やきだちのように日を照り返した河の中へころげ落ちて、まばゆい水煙みずけむりを揚げる事もあった。が、大抵たいていは向うのなぎさへ、ちょうど谷を渡る鹿のように、ひらりひらりと飛び移って行った。そうして今まで立っていたこちらの汀を振返っては声々に笑ったり話したりしていた。
 容貌の醜い若者はこの新しい遊戯を見ると、すぐに弓矢を砂の上に捨てて、身軽く河の流れを躍り越えた。そこは彼等が飛んだ中でも、最も幅の広い所であった。けれどもほかの若者たちはさらに彼には頓着しなかった。彼等には彼の後で飛んだ――彼よりも幅の狭い所を彼よりも楽に飛び越えた、せいの高い美貌びぼうの若者の方が、はるかに人気があるらしかった。その若者は彼と同じ市松の倭衣しずりを着ていたが、くびに懸けた勾玉まがたまや腕にめたくしろなどは、誰よりも精巧な物であった。彼は腕を組んだまま、ちょいと羨しそうな眼を挙げて、その若者を眺めたが、やがて彼等の群を離れて、たった一人陽炎かげろうの中を河下かわしもの方へ歩き出した。


 河下の方へ歩き出した彼は、やがて誰一人飛んだ事のない、三丈ほども幅のある流れのなぎさへ足を止めた。そこは一旦たぎった水が今までの勢いを失いながら、両岸の石と砂との間に青々とよどんでいる所であった。彼はしばらくその水面を目測しているらしかったが、急に二三歩汀を去ると、まるで石投げを離れた石のように、勢いよくそこを飛び越えようとした。が、今度はとうとう飛び損じて、すさまじい水煙を立てながら、まっさかさまに深みへ落ちこんでしまった。
 彼の河へ落ちた所は、ほかの若者たちがいる所と大して離れていなかった。だから彼の失敗はすぐに彼等の目にもはいった。彼等のある者はこれを見ると、「ざまを見ろ」と云うように腹を抱えて笑い出した。と同時にまたある者は、やはりはやし立てながらも、以前よりははるかに同情のある声援の言葉を与えたりした。そう云う好意のある連中の中には、あの精巧な勾玉や釧の美しさを誇っている若者などもまじっていた。彼等は彼の失敗のために、世間一般の弱者のごとく、始めて彼に幾分の親しみを持つ事が出来たのであった。が、彼等も一瞬の後には、また以前の沈黙に――敵意を蔵した沈黙にかえらなければならない事が出来た。