幕末維新懐古談(ばくまついしんかいこだん)

 そこで、これから師東雲先生の生い立ちを話します。
 東雲師は元奥村藤次郎といった人で、前述の通り下谷北清島長(源空寺門前)の生まれである。その師匠が当時江戸で一、二を争うところの仏師高橋法眼鳳雲ほうげんほううんという有名な人でありますが、この人のことは別に改めて話すことにする。
 東雲師の姓の奥村氏が後に至って高村となり、藤次郎が東雲と号したことについては所以いわれのあることで、この東雲という人は非常な師匠思い……したがって正直律義りちぎであり、製作にかけてもなかなかすぐれている所からして、師匠鳳雲の気にも入っておりました。お決まりの十一年の年季も立派に勤め上げ、さて、これから東雲は師匠と別れて、別に一人前として世に立って行くことになりましたから、その別るるに際し、日頃から特に師匠思いの東雲師のこと故、つつしんで申しづるは、「さて、師匠、私も御丹精によってようやく一人前の仏師と相成りましたが、お別れに臨み御高恩を幾久しく記念致したいと存じますによって、何卒どうか師匠のお名の一字をおもらい致したい」と申しました。
「それはいと安いこと、しからば鳳雲の雲をお前に上げよう。藤次郎の藤をひがしに通わせて、今後東雲と名乗ったがよかろう」とのことに、東雲はよろこび、なお、言葉をぎ、
「お言葉に甘えるようでございますが、おついでに、師匠の姓の一字をもお貰い致したい。高橋の高を頂いて旧姓奥村の奥と代え高村と致し、高村東雲は如何いかがでございましょう」という。「それは面白い。差しつかえない。それがよかろう」ということになって奥村藤次郎はそこで高村東雲となって仏師として世に現われたのでありました。
 その頃は戸籍のことなども、至極自由であったから、姓を変じても、別にやかましくいわれもしませんでした。
 さて、東雲師は、いよいよこの名前で浅草蔵前くらまえの森田町へ店を出しました。すなわち仏師の職業を開いたのである。
 東雲師はまだその頃は独身であった。兄が一人あり、名を金次郎という。この人は野村源光げんこうの弟子です(源光のことも、いずれ別に話します)。金次郎はなかなか腕の出来た人であったが、仏を彫刻することは不得手ふえてであって、仏に附属するところの、台座とか、後光とかいうようなものの製作が美事みごとであった。で、東雲師が仏のく出来るのへ、ちょうど好い調和となって店の仕事にはかえって都合がよかった。姉さんが一人、お悦といって後家ごけを通した人(後に私の養母である)、この人が台所をやるという風で、姉弟きょうだい三人水入らずで平和にむつまじくやっていたのであります。
 ところで、この蔵前という土地は、江戸でも名代なだいな場所――此所ここには徳川家の米蔵こめぐらが並んでいる。天王橋寄りが一ノ口、森田町の方がなかノ口、八幡町はちまんちょうに寄って三ノ口と三ツ門があって、米の出し入れをして、相場も此所できまる。浅草寺せんそうじに向って右側で、御蔵おくらの裏がぐ大川になっており、蔵屋敷の中まで掘割になって船がお蔵の前に着くようになっていた(この中ノ口河岸がしに水面に枝を張った立派な松があった。これが首尾しゅびまつといって有名なもの、此所は今の高等工業学校校内になっている)。左側は、伊勢広、伊勢嘉、和泉喜などいう札差ふださしが十八軒もずっと並んでいて豪奢ごうしゃな生活をしたものである。で、札差からの注文を受けるのは、必ず上等のもので、何職に限らず名誉の事のように思った。東雲師は律義な人、人品もよろしい、気持も純である処から、彫ってある置き物でも見る人があると、「お気に召しましたらお待ち下さい。差し上げましょう」といった風な寡慾で、サッパリしていますので、この札差の旦那だんな衆から同情されて、仕事は次から次からと店は繁昌はんじょうする。まず幸福に順調にやって行きました。

 かくて、間もなく、東雲師は妻をめとった(生まれは本所ほんじょ二ツ目の商人の娘)。下谷七軒町しちけんちょう酒井大学さかいだいがくという大名の屋敷に奉行をしていた婦人で、女芸一通りく出来(最も長唄ながうたがお得意であった)、東雲師の妻として、好い取り合わせでありました。それからまた間もなく、東雲師の店は浅草諏訪町へ転じました。これは森田町は往来広く空ッ風の強い日などは塵埃ほこりひどくて、とても仕事が出来ないという有様なので、転居したのです。
 まだ、その頃は硝子ガラス戸を入れる時代になっておりませんから、何処どこでも塵埃のためには困らされました(その頃、タシカ、神田のお玉ヶ池の佐羽という唐物屋とうぶつやがたった一軒硝子戸を入れていたもので、なかなか評判でありました。硝子器のびんは「ふらそこ」といって、きりの二重箱へなど入れて大切にした時代です)。私が東雲師のうちに行ったのは、この諏訪町移転後三、四年のことだと思います。