酒虫(しゅちゅう)

       一

 近年にない暑さである。どこを見ても、泥で固めた家々の屋根瓦が、鉛のやうに鈍く日の光を反射して、その下に懸けてあるつばめの巣さへ、この塩梅あんばいでは中にゐる雛や卵を、そのまゝ蒸殺むしころしてしまふかと思はれる。まして、畑と云ふ畑は、麻でも黍でも、皆、土いきれにぐつたりと頭をさげて、何一つ、青いなりに、しほれてゐないものはない。その畑の上に見える空も、この頃の温気うんきてられたせいか、地上に近い大気は、晴れながら、どんよりと濁つて、その所々に、あられ炮烙ほうろくで煎つたやうな、形ばかりの雲の峰が、つぶつぶと浮かんでゐる。――「酒虫しゆちう」の話は、この陽気に、わざ/\炎天の打麦場だばくぢやうへ出てゐる、三人の男で始まるのである。
 不思議な事に、その中の一人は、素裸で、仰向けに地面ぢびたへ寝ころんでゐる。おまけに、どう云ふ訳だか、細引ほそびきで、手も足もぐる/\巻にされてゐる。が格別当人は、それを苦に病んでゐる容子もない。せいの低い、血色の好い、どことなく鈍重と云ふ感じを起させる、豚のやうに肥つた男である。それから手ごろな素焼すやきの瓶が一つ、この男の枕もとに置いてあるが、これも中に何がはいつてゐるのだか、わからない。
 もう一人は、黄色い法衣ころもを着て、耳に小さな青銅からかねの環をさげた、一見、象貌しやうばう奇古きこ沙門しやもんである。皮膚の色が並はづれて黒い上に、髪やひげの縮れてゐる所を見ると、どうも葱嶺さうれいの西からでも来た人間らしい。これはさつきから根気よく、朱柄しゆえ麈尾しゆびをふりふり、裸の男にたからうとするあぶや蠅を追つてゐたが、流石さすがに少しくたびれたと見えて、今では、例の素焼すやきの瓶の側へ来て、七面鳥のやうな恰好をしながら、勿体もつたいらしくしやがんでゐる。
 あとの一人は、この二人からずつと離れて、打麦場の隅にある草房の軒下に立つてゐる。この男は、あごの先に、鼠の尻尾のやうなひげを、申訳だけに生やして、踵が隠れる程長い※(「白/十」、第3水準1-88-64)布衫さうふさんに、結目をだらしなく垂らした茶褐帯さかつたいと云ふ拵へである。白い鳥の羽でつくつた団扇を、時々大事さうに使つてゐる容子では、多分、儒者か何かにちがひない。
 この三人が三人とも、云ひ合せたやうに、口をつぐんでゐる。その上、碌に身動きさへもしない、何か、これから起らうとする事に、非常な興味でも持つてゐて、その為に、皆、息をひそめてゐるのではないかと思はれる。
 日は正に、亭午であらう。犬も午睡ごすゐをしてゐるせいか、吠える声一つ聞えない。打麦場を囲んでゐる麻や黍も、青い葉を日に光らせて、ひつそりかんと静まつてゐる。それから、その末に見える空も、一面に、熱くるしく、炎靄をたゞよはせて、雲の峰さへもこのひでりに、肩息をついてゐるのかと、疑はれる。見渡した所、息が通つてゐるらしいのは、この三人の男の外にない。さうして、その三人が又、関帝廟に安置してある、泥塑の像のやうに沈黙を守つてゐる。……
 勿論、日本の話ではない。――支那の長山ちやうざんと云ふ所にあるりう氏の打麦場で、或年の夏、起つた出来事である。

       二

 裸で、炎天に寝ころんでゐるのは、この打麦場の主人で、姓は劉、名は大成と云ふ、長山では、屈指の素封家そほうかの一人である。この男の道楽は、酒を飲む一方で、朝から、殆、さかづきを離したと云ふ事がない。それも、「独酌する毎にすなはち一甕いちをうを尽す」と云ふのだから、人並をはづれた酒量である。尤も前にも云つたやうに、「負郭ふくわくの田三百畝、半はきびう」と云ふので、いんの為に家産がわづらはされるやうなおそれは、万々ない。
 それが、何故、裸で、炎天に寝ころんでゐるかと云ふと、それには、かう云ふ因縁がある。――その日、劉が、同じ飲仲間の孫先生そんせんせいと一しよに(これが、白羽扇はくうせんを持つてゐた儒者である。)風通しのいゝへやで、竹婦人ちくふじんもたれながら、棋局をたゝかはせてゐると、召使ひの※(「Y」に似た字、第4水準2-1-6)あくわんが来て、「唯今、宝幢寺はうどうじとかにゐると云ふ、坊さんが御見えになりまして、是非、御主人に御目にかゝりたいと申しますが、いかゞ致しませう。」と云ふ。
「なに、宝幢寺?」かう云つて、劉は小さなを、まぶしさうに、しばたたいたが、やがて、暑さうに肥つた体を起しながら、「では、こゝへ御通し申せ。」と云ひつけた。それから、孫先生の顔をちよいと見て「大方あの坊主でせう。」とつけ加へた。