秋山図(しゅうざんず)

「――黄大癡こうたいちといえば、大癡の秋山図しゅうざんずをごらんになったことがありますか?」
 ある秋の甌香閣おうこうかくたずねた王石谷おうせきこくは、主人の※(「りっしんべん+軍」、第4水準2-12-56)南田うんなんでんと茶をすすりながら、話のついでにこんな問を発した。
「いや、見たことはありません。あなたはご覧になったのですか?」
 大癡老人黄公望こうこうぼうは、梅道人ばいどうじん黄鶴山樵こうかくさんしょうとともに、元朝げんちょう神手しんしゅである。※(「りっしんべん+軍」、第4水準2-12-56)南田はこう言いながら、かつて見た沙磧図させきず富春巻ふうしゅんかんが、髣髴ほうふつと眼底に浮ぶような気がした。
「さあ、それが見たと言っていか、見ないと言って好いか、不思議なことになっているのですが、――」
「見たと言って好いか、見ないと言って好いか、――」
 ※(「りっしんべん+軍」、第4水準2-12-56)南田はいぶかしそうに、王石谷の顔へをやった。
模本もほんでもご覧になったのですか?」
「いや、模本を見たのでもないのです。とにかく真蹟しんせきは見たのですが、――それもわたしばかりではありません。この秋山図のことについては、煙客先生えんかくせんせい王時敏おうじびん)や廉州先生れんしゅうせんせい王鑑おうかん)も、それぞれ因縁いんねんがおありなのです」
 王石谷はまた茶を啜ったのち考深かんがえぶかそうに微笑した。
「ご退屈でなければ話しましょうか?」
「どうぞ」
 ※(「りっしんべん+軍」、第4水準2-12-56)南田は銅檠どうけいの火を掻き立ててから、慇懃いんぎんに客を促した。

      *     *     *

 元宰先生げんさいせんせい董其昌とうきしょう)が在世中ざいせいちゅうのことです。ある年の秋先生は、煙客翁えんかくおうと画論をしている内に、ふと翁に、黄一峯こういっぽうの秋山図を見たかと尋ねました。翁はご承知のとおり画事の上では、大癡をそうとしていた人です。ですから大癡の画という画はいやしくも人間じんかんにある限り、看尽みつくしたと言ってもかまいません。が、その秋山図という画ばかりは、ついに見たことがないのです。
「いや、見るどころか、名を聞いたこともないくらいです」
 煙客翁はそう答えながら、妙にはずかしいような気がしたそうです。
「では機会のあり次第、ぜひ一度は見ておおきなさい。夏山図かざんず浮嵐図ふらんずに比べると、また一段と出色しゅっしょくの作です。おそらくは大癡たいち老人の諸本の中でも、白眉はくびではないかと思いますよ」
「そんな傑作ですか? それはぜひ見たいものですが、いったい誰が持っているのです?」
潤州じゅんしゅう張氏ちょうしの家にあるのです。金山寺きんざんじへでも行った時に、門をたたいてごらんなさい。わたしが紹介状を書いて上げます」
 煙客翁えんかくおうは先生の手簡をもらうと、すぐに潤州へ出かけて行きました。何しろそういう妙画を蔵している家ですから、そこへ行けば黄一峯こういっぽうほかにも、まだいろいろ歴代の墨妙ぼくみょうを見ることができるに違いない。――こう思った煙客翁は、もう一刻も西園さいえんの書房に、じっとしていることはできないような、落着かない気もちになっていたのです。
 ところが潤州へ来てると、楽みにしていた張氏の家というのは、なるほど構えは広そうですが、いかにも荒れ果てているのです。かきにはつたからんでいるし、庭には草が茂っている。その中ににわとり家鴨あひるなどが、客の来たのを珍しそうに眺めているという始末ですから、さすがの翁もこんな家に、大癡の名画があるのだろうかと、一時は元宰先生げんさいせんせいの言葉が疑いたくなったくらいでした。しかしわざわざ尋ねて来ながら、も通ぜずに帰るのは、もちろん本望ほんもうではありません。そこで取次ぎに出て来た小厮しょうしに、ともかくも黄一峯の秋山図を拝見したいという、遠来の意を伝えたのち思白しはく先生が書いてくれた紹介状を渡しました。
 すると間もなく煙客翁は、庁堂ちょうどうへ案内されました。ここも紫檀したん椅子いす机が、清らかに並べてありながら、冷たいほこりにおいがする、――やはり荒廃こうはいの気が鋪甎ほせんの上に、漂っているとでも言いそうなのです。しかし幸い出て来た主人は、病弱らしい顔はしていても、人がらの悪い人ではありません。いや、むしろその蒼白あおじろい顔や華奢きゃしゃな手の恰好なぞに、貴族らしい品格が見えるような人物なのです。翁はこの主人とひととおり、初対面の挨拶あいさつをすませると、早速名高い黄一峯を見せていただきたいと言いだしました。何でも翁の話では、その名画がどういう訳か、今の内に急いで見ておかないと、霧のように消えてでもしまいそうな、迷信じみた気もちがしたのだそうです。