世之助の話(よのすけのはなし)


友だち 処でね、一つ承りたい事があるんだが。
世之助よのすけ 何だい。馬鹿に改まつて。
友だち それがさ。今日はふだんとちがつて、君が近々きんきんに伊豆の何とか云ふ港から船を出して、女護によごしまへ渡らうと云ふ、その名残りの酒宴だらう。
世之助 さうさ。
友だち だから、こんな事を云ひ出すのは、何だか一座の興をぐやうな気がして、太夫たいふの手前も、いささか恐縮なんだがね。
世之助 そんならよせばいいぢやないか。
友だち 処が、よせないね。よせる位なら、始から云ひ出しはしない。
世之助 ぢや話すさ。
友だち それがさ、さう中々簡単には行かない訳がある。
世之助 何故?
友だち く方も、尋かれる方も、あんまり難有ありがたい事ぢやないからね。もつとも君がいよいよいいと云へば、私も度胸を据ゑて、承る事にするが。
世之助 何だい、一体。
友だち まあさ、君は何だと思ふ。
世之助 ぢれつたい男だな。何だつて云へば。
友だち いやさう開き直られると、かへつて云ひ出しにくいがね。つまり何さ。――この頃西鶴さいかくが書いた本で見ると、君は七つの時から女を知つて……、
世之助 おい、おい、まさか意見をする気ぢやあるまいね。
友だち 大丈夫、叔父さんがまだ若すぎる。――そこで、六十歳の今日こんにちまで、三千七百四十二人の女に戯れ……
世之助 こいつはちと手きびしいな。
友だち まあさ、三千七百四十二人の女に戯れ、七百二十五人の少人せうじんもてあそんだと云ふ事だが、あれは君、ほんたうかい。
世之助 ほんたうだよ。ほんたうだが、精々せいぜい手柔てやはらかに願ひたいな。
友だち それが、どうも私には少しにうけられないんだね。いくら何だつて君、三千七百四十二人は多すぎるよ。
世之助 成程ね。
友だち いくら君を尊敬した上でもだよ。
世之助 ぢや勝手に割引して置くさ。――太夫たいふが笑つてゐるぜ。
友だち いくら太夫が笑つてゐても、このままにはすまされない。白状すればよし、さもなければ、――
世之助 盛りつぶすか。そいつは御免をかうむらう。何もそんなにむづかしい事ぢやない。唯、私の算盤そろばんが、君のと少しちがつてゐるだけなんだ。
友だち ははあ、すると一桁ひとけた狂つたと云ふ次第かい。
世之助 いいえ。
友だち ぢや――おい、どつちがぢれつたい男だつけ。
世之助 だが君も亦、つまらない事を気にしたもんだ。
友だち 気にするつて訳ぢやないが、私だつて男だらうぢやないか。何割引くか判然しない中は首を切られても、引きさがらない。
世之助 困つた男だな。それならお名残りに一つ、私の算盤のとり方を話さうか。――おい、加賀節はしばらく見合せだ。その祐善すけよしの絵のある扇をこつちへよこしてくれ。それから、誰か蝋燭らふそくしんを切つて貰ひたいな。
友だち いやに大袈裟おほげさだぜ――かう静になつて見ると、何だか桜もさむいやうだ。
世之助 ぢや、始めるがね。勿論唯一例を話すだけなんだから、どうかそのつもりに願ひたい。


 もう彼是かれこれ三十年ばかり昔の事だ。私が始めて、江戸へ下つた時に、たしか吉原のかへりだつたと思ふが、太鼓を二人ばかりつれて、角田川すみだがはの渡しを渡つた事がある。どこの渡しだつたか、それも今では覚えてゐない。どこへ行くつもりだつたか、それももう忘れてしまつた。が、その時の容子ようすだけは、かう云ふうちにも、おぼろげながら眼の前へ浮んで来る。……
 何でも花曇りのひるすぎで、川すぢ一帯、どこを見ても、煮え切らない、退屈な景色だつた。水も生ぬるさうに光つてゐれば、向う河岸がし家並やなみも、うつらうつら夢を見てゐるやうに思はれる。うしろをふり返ると、土手の松にまじつて、半開の桜が、べつたり泥絵具どろゑのぐをなすつてゐた。その又やけに白いのが、何時いつになく重くるしい。その上少し時候はづれの暖さで、体さへ動かせば、すぐじつとりと汗がにじむ。勿論さう云ふ陽気だから、水の上にも、吐息といき程の風さへない。
 乗合は三人で、一人は国姓爺こくせんやの人形芝居からぬけ出して来たやうな、耳のあか取り、一人は廿七八の、眉をおとした町家ちやうかの女房、もう一人はそのともらしい、はなをたらした丁稚でつちだつた。それが互に膝をつき合せておよそまん中どころにうづくまつたが、何分舟が小さいので、窮屈な事おびただしい。そこへ又人が多すぎたせゐか、ともすれば、ふなべりが水にひたりさうになる。が、船頭は一向平気なもので、無愛想な老爺おやぢの、竹の子笠をかぶつたのが、器用に右左へさをを使ふ。おまけにその棹のしづくが、時々乗合の袖にかかるが、船頭はこれにも頓着する容子がない。――いや、平気なのは、まだ外にもある。それは例の甘輝かんきあざなは耳の垢とりで、怪しげな唐装束からしやうぞくに鳥の羽毛はねのついた帽子をかぶりながら、言上ことあげののぼりを肩に、獅子ヶ城のやぐらのぼつたと云ふ形で、みよしの先へ陣どつたのが、船の出た時から、つけひげをしごいては、しきりに鼻唄をうたつてゐる。眉のうすい、うけくちの、高慢な顔を、仔細らしくしやくりながら、「さん土手下にぬしのない子がすててんある」と、そそるのだから、これには私ばかりか、太鼓たちもいささかたじろいだらしい。