さまよえる猶太人(さまよえるユダヤじん)

 基督キリスト教国にはどこにでも、「さまよえる猶太人ゆだやじん」の伝説が残っている。伊太利イタリイでも、仏蘭西フランスでも、英吉利イギリスでも、独逸ドイツでも、墺太利オウスタリでも、西班牙スペインでも、この口碑が伝わっていない国は、ほとんど一つもない。従って、古来これを題材にした、芸術上の作品も、沢山ある。グスタヴ・ドオレの画は勿論、ユウジァン・スウもドクタア・クロリイも、これを小説にした。モンク・ルイズのあの名高い小説の中にも、ルシファや「血をしたたらす尼」と共に「さまよえる猶太人」が出て来たように記憶する。最近では、フィオナ・マクレオドと称したウイリアム・シャアプが、これを材料にして、何とか云う短篇を書いた。
 では「さまよえる猶太人ゆだやじん」とは何かと云うと、これはイエス・クリストののろいを負って、最後の審判の来る日を待ちながら、永久に漂浪を続けている猶太人の事である。名は記録によって一定しない。あるいはカルタフィルスと云い、あるいはアハスフェルスと云い、あるいはブタデウスと云い、あるいはまたイサク・ラクエデムと云っている。その上、職業もやはり、記録によってちがう。イエルサレムにあるサンヘドリムの門番だったと云うものもあれば、いやピラトの下役したやくだったと云うものもある。中にはまた、靴屋だと云っているものもあった。が、のろいを負うようになった原因については、大体どの記録も変りはない。彼は、ゴルゴタへひかれて行くクリストが、彼の家の戸口に立止って、暫く息を入れようとした時、無情にも罵詈ばりを浴せかけた上で、散々打擲ちょうちゃくを加えさえした。その時負うたのが、「行けと云うなら、行かぬでもないが、その代り、そのほうはわしの帰るまで、待って居れよ」と云う呪である。彼はこののち、パウロが洗礼を受けたのと同じアナニアスの洗礼を受けて、ヨセフと云う名を貰った。が、一度負った呪は、世界滅却の日が来るまで、解かれない。現に彼が、千七百二十一年六月二十二日、ムウニッヒのまちに現れた事は、ホオルマイエルのタッシェン・ブウフの中に書いてある。――
 これは近頃の事であるが、遠く文献をさかのぼっても、彼に関する記録は、随所に発見される。その中で、最も古いのは、恐らくマシウ・パリスの編纂したセント・アルバンスの修道院の年代記に出ている記事であろう。これによると、大アルメニアの大僧正が、セント・アルバンスを訪れた時に、通訳の騎士ナイトが大僧正はアルメニアで屡々しばしば「さまよえる猶太人」と食卓を共にした事があると云ったそうである。次いでは、フランドルの歴史家、フィリップ・ムスクが千二百四十二年に書いた、韻文いんぶんの年代記の中にも、同じような記事が見えている。だから十三世紀以前には、少くとも人の視聴をそばだたしめる程度に、彼は欧羅巴ヨオロッパの地をさまよわなかったらしい。所が、千五百五年になると、ボヘミアで、ココトと云う機織はたおりが、六十年以前にその祖父の埋めた財宝を彼の助けを借りて、発掘する事が出来た。そればかりではない。千五百四十七年には、シュレスウィッヒの僧正パウル・フォン・アイツェンと云う男が、ハムブルグの教会で彼が祈祷をしているのに出遇った。それ以来、十八世紀の初期に至るまで、彼が南北両欧にわたって、姿を現したと云う記録は、甚だ多い。最も明白な場合のみを挙げて見ても、千五百七十五年には、マドリッドに現れ、千五百九十九年には、ウインに現れ、千六百一年にはリウベック、レヴェル、クラカウの三ヶ所に現れた。ルドルフ・ボトレウスによれば、千六百四年頃には、パリに現れた事もあるらしい。それから、ナウムブルグやブラッセルを経て、ライプツィッヒを訪れ、千六百五十八年には、スタンフォドのサムエル・ウォリスと云う肺病やみの男に、赤サルビアの葉を二枚に、羊蹄ブラッドワアトの葉を一枚、麦酒ビイルにまぜて飲むと、健康を恢復すると云う秘法を教えてやったそうである。次いで、前に云ったムウニッヒを過ぎて、再び英吉利イギリスに入り、ケムブリッジやオックスフォドの教授たちの質疑に答えた後、丁抹デンマアクから瑞典スウエデンへ行って、ついに踪跡そうせきがわからなくなってしまった。爾来、今日まで彼の消息は、ようとしてわからない。
「さまよえる猶太人」とは如何なるものか、彼は過去において、如何なる歴史を持っているか、こう云う点に関しては、如上にょじょうで、その大略を明にし得た事と思う。が、それを伝えるのみが、決して自分の目的ではない。自分は、この伝説的な人物に関して、かつて自分がいだいていた二つの疑問を挙げ、その疑問が先頃偶然自分の手で発見された古文書こもんじょによって、二つながら解決された事を公表したいのである。そうして、その古文書の内容をも併せて、ここに公表したいのである。まず、第一に自分の懐いていた、二つの疑問とは何であるか。――