青い顔(あおいかお)

古谷俊男ふるやとしをは、椽側えんがはゑてある長椅子に長くなツて、りやうの腕で頭をかゝへながらじつひとみゑて考込むでゐた。からだのあいた日曜ではあるが、今日のやうに降ツてはうすることも出來ぬ。すきな讀書にもいてしまツた。とツて泥濘ぬかるみの中をぶらついても始まらない。でうしてんといふことは無く庭を眺めたり、またんといふことはなく考込むでボンヤリしてゐた。此の二三日いとのやうな小雨こさめがひツきりなしに降續いて、濕氣しつきは骨のずゐまでも浸潤しんじゆんしたかと思はれるばかりだ、柱も疊も惡く濕氣しつけて、さはるとべと/\する。加之それに空氣がじめ/\していや生温なまぬるいといふものだから、大概たいがいの者は氣がくさる。
「嫌な天氣だな。」と俊男は、奈何いかにもんじきツたていで、ツと嘆息ためいきする。「そりや此樣こんな不快を與へるのは自然の威力で、また權利でもあるかも知れん。けれども此樣こんな氣候にも耐えてゐなければならんといふ人間は意久地無いくぢなしだ。要するに人間といふやつは、雨をふせぐ傘をこしらへる智慧ちゑはあるが、雨を降らさぬやうにするだけの力がないんだ。つまらん動物さ、ふう。」と鼻の先にしわを寄せて神經的の薄笑うすわらひをした。
何しろ退屈たいくつ仕方しかたが無い。そこで少し體を起して廣くもない庭を見※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)して見る。庭の植込うゑこみ雜然ざつぜんとしてこれと目にく程の物も無い。それでゐて青葉がしげりにしげツてゐるせいか庭が薄暗い。其の薄暗い中に、べにや黄の夏草の花がポツ/\見える。地べたは青く黒ずむだこけにぬら/\してゐた………眼の前の柱を見ると、蛞蝓なめくぢツたあとが銀の線のやうにツすりと光ツてゐた。何を見てもしづむ光彩くわうさいである。それで妙に氣がくづれてちつとも氣がツ立たぬ處へしんとしたうちなかから、ギコ/\、バイヲリンをこする響が起る。
「また始めやがツた。」と俊男はまゆの間に幾筋いくすぢとなくしわを寄せて舌打したうちする。しきり燥々いら/\して來た氣味きみで、奧の方を見て眼をきらつかせたが、それでもこらえて、體をなゝめに兩足をブラりえんの板に落してゐた。
俊男は今年ことし三十になる。ぼう私立大學しりつだいがく倫理りんり擔任たんにんしてゐるが、講義の眞面目まじめで親切であるわりに生徒のうけくない。自躰じたい心におもりくツついてゐるか、ことばにしろ態度にしろ、いやに沈むでハキ/\せぬ。加之それに妙にねち/\した小意地こいぢの惡い點があツて、ちつ傲慢ごうまんな點もあらうといふものだから、何時いつも空を向いて歩いてゐる學生がくせいには嫌はれる筈だ。性質も沈むでゐるが、顏もくすむでゐる、輪廓りんくわくの大きい割に顏にちつともゆとりが無くほゝ※(「炎+りっとう」、第3水準1-14-64)けてゐる、鼻はとがツてゐる、口は妙に引締ツてあごは思切つて大きい。理合きめあらいのに、皮膚の色が黄ばんで黒い――何方どちらかと謂へば營養不良えいやうふりやうといふ色だ。せまツた眉にはんとなく悲哀ひあいの色がひそむでゐるが、眼には何處どことなく人懷慕ひとなつことこがある。はゞ矛盾むじゆんのある顏立だ。恐らく其の性質にも、他人にはわからぬ一種の矛盾があるのではあるまいか。
彼は今別に悲しいとも考へてゐない。うかとつて勿論嬉しいといふやうなことも思ツて居らぬ。たゞ一種淋しいといふ感に強く壓付おしつけられて、むやみと氣が滅入めいるのであツた。
何故なぜ家はうなんだらうと、索寞さくばくといふよりは、これぢやむし荒凉くわうりやうツた方が適當だからな。」とつぶやき、不圖ふとまた奧をのぞいて、いらツた聲で、「やかましい! おい、さんか。其樣そんなもの………」とわめく。
返事は無くツて、バイヲリンのがバツタリ止む。
俊男はまた頽默ぐつたり考込むだ。絲のやうな雨が瓦をすべツてしづくとなり、あまおちに落ちてかすかに響くのが、何かこツそりさゝやくやうに耳に入る。