あらくれ(あらくれ)


 おしま養親やしないおやの口から、近いうちに自分に入婿いりむこの来るよしをほのめかされた時に、彼女の頭脳あたまには、まだ何等の分明はっきりした考えも起って来なかった。
 十八になったお島は、その頃その界隈かいわい男嫌おとこぎらいという評判を立てられていた。そんなことをしずとも、町屋の娘と同じに、裁縫やお琴の稽古けいこでもしていれば、立派に年頃の綺麗きれいな娘で通して行かれる養家の家柄ではあったが、手頭てさきなどの器用に産れついていない彼女は、じっと部屋のなかに坐っているようなことは余り好まなかったので、ちいさいおりから善く外へ出て田畑の土をいじったり、若い男たちと一緒に、田植に出たり、稲刈に働いたりした。そうしてそんな荒仕事がどうかするとむしろ彼女に適しているようにすら思われた。養蚕の季節などにも彼女は家中うちじゅうの誰よりも善く働いてみせた。そうして養父や養母の気に入られるのが、何よりの楽しみであった。界隈の若い者や、やとい男などから、彼女は時々揶揄からかわれたり、みだらな真似まねをされたりする機会が多かった。お島はそうした男たちと一緒に働いたり、ふざけたりしてはしゃぐことがすきであったが、誰もまだ彼女のほおや手に触れたという者はなかった。そう云う場合には、お島はいつも荒れ馬のように暴れて、ッぴどく男の手顔を引かくか、さもなければ人前でそれを素破すっぱぬいてはじをかかせるかして、自らよろこばなければ止まなかった。
 お島は今でもその頃のことを善く覚えているが、彼女がここへもらわれてきたのは、七つの年であった。お島は昔気質むかしかたぎ律義りちぎな父親に手をひかれて、或日の晩方、自分に深い憎しみを持っている母親のあらい怒と惨酷ざんこく折檻せっかんからのがれるために、野原をそっち此方こっち彷徨うろついていた。時は秋の末であったらしく、近在の貧しい町の休茶屋や、飲食店などには赤い柿の実が、枝ごとつるされてあったりした。父親はそれらの休み茶屋へ入って、子供の疲れた足をいたわり休めさせ、自分も茶を呑んだり、たばこをふかしたりしていたが、無智なお島は、茶屋の女がいてくれる柿や塩煎餅しおせんべいなどを食べて、臆病おくびょうらしい目でそこらを見まわしていた。今まで赤々していた夕陽ゆうひがかげって、野面のづらからは寒い風が吹き、方々の木立や、木立の蔭の人家、黄色い懸稲かけいねくろい畑などが、一様に夕濛靄ゆうもやつつまれて、一日苦使こきつかわれて疲れたからだものうげに、往来を通ってゆく駄馬の姿などが、物悲しげみえた。お島は大きな重い車をつけられて、従順に引張られてゆく動物のしょぼしょぼした目などを見ると、何となし涙ぐまれるようであった。気の荒い母親からのがれて、娘の遣場やりばに困っている自分の父親も可哀そうであった。
 お島は爾時そのとき、ひろびろした水のほとりへ出て来たように覚えている。それは尾久おくわたしあたりでもあったろうか、のんどりした暗碧あんぺきなその水のおもにはまだ真珠色の空の光がほのかに差していて、静かにいでゆくさびしい舟の影が一つ二つみえた。岸には波がだぶだぶとひたって、怪獣のような暗い木の影が、そこにゆらめいていた。お島の幼い心も、この静かな景色をながめているうちに、頭のうえから爪先まで、一種の畏怖いふと安易とにうたれて、黙ってじっと父親の痩せた手にすがっているのであった。


 その時お島の父親は、どういう心算つもりで水のほとりへなぞ彼女をつれて行ったのか、今考えてみても父親の心持はもとより解らない。あるいは渡しを向うへ渡って、そこで知合のうちを尋ねてお島の体の始末をする目算であったであろうが、お島はその場合、水を見ている父親の暗い顔の底に、或可恐おそろしい惨忍ざんにん思着おもいつきが潜んでいるのではないかと、ふと幼心に感づいて、おびえた。父親の顔には悔恨と懊悩おうのうの色が現われていた。
 赤児のおりから里にやられていたお島は、家へ引取られてからも、気強い母親にうとまれがちであった。始終めそめそしていたお島は、どうかすると母親から、小さい手に焼火箸やけひばしを押しつけられたりした。お島は涙の目で、その火箸を見詰めていながら、剛情にもその手を引込めようとはしなかった。それが一層母親の憎しみを募らせずにはおかなかった。
「このごうつくばりめ」彼女はじりじりして、そう言ってののしった。