僕の帽子のお話(ぼくのぼうしのおはなし)

「僕の帽子はおとうさんが東京から買って来て下さったのです。ねだんは二円八十せんで、かっこうもいいし、らしゃも上等です。おとうさんが大切にしなければいけないと仰有おっしゃいました。僕もその帽子が好きだから大切にしています。夜は寝る時にも手に持って寝ます」
 つづり方の時にこういう作文を出したら、先生が皆んなにそれを読んで聞かせて、「寝る時にも手に持って寝ます。寝る時にも手に持って寝ます」と二度そのところを繰返くりかえしてわはははとお笑いになりました。皆んなも、先生が大きな口をいてお笑いになるのを見ると、一緒になって笑いました。僕もおかしくなって笑いました。そうしたら皆んながなおのこと笑いました。
 その大切な帽子がなくなってしまったのですから僕は本当に困りました。いつもの通り「御機嫌ごきげんよう」をして、本の包みをまくらもとにおいて、帽子のぴかぴか光るひさしをつまんで寝たことだけはちゃんと覚えているのですが、それがどこへか見えなくなったのです。
 をさましたら本のつつみはちゃんと枕もとにありましたけれども、帽子はありませんでした。僕は驚いて、半分寝床から起き上って、あっちこっちを見廻みまわしました。おとうさんもおかあさんも、なんにも知らないように、僕のそばでよく寝ていらっしゃいます。僕はおかあさんをおこそうかとちょっと思いましたが、おかあさんが「お前さんお寝ぼけね、ここにちゃあんとあるじゃありませんか」といいながら、わけなく見付けだしでもなさると、少しはずかしいと思って、起すのをやめて、かいまきのそでをまくり上げたり、枕の近所を探して見たりしたけれども、やっぱりありません。よく探して見たらぐ出て来るだろうと初めのうちは思って、それほど心配はしなかったけれども、いくらそこいらを探しても、どうしても出て来ようとはしないので、だんだん心配になって来て、しまいにはのどからびるほど心配になってしまいました。寝床のすその方もまくって見ました。もしや手に持ったままで帽子のありかを探しているのではないかと思って、両手を眼の前につき出して、手の平と手の甲と、指の間とをよく調べても見ました。ありません。僕は胸がどきどきして来ました。
 昨日きのう買っていただいた読本とくほんの字引きが一番大切で、その次ぎに大切なのは帽子なんだから、僕は悲しくなり出しました。涙が眼に一杯たまって来ました。僕は「泣いたって駄目だよ」と涙をしかりつけながら、そっと寝床を抜け出して本棚の所に行って上から下までよく見ましたけれども、帽子らしいものは見えません。僕は本当に困ってしまいました。
「帽子を持って寝たのは一昨日おとといの晩で、昨夜はひょっとするとそうするのを忘れたのかも知れない」とふとその時思いました。そう思うと、持って寝たようでもあり、持つのを忘れて寝たようでもあります。「きっと忘れたんだ。そんならなかくちにおき忘れてあるんだ。そうだ」僕は飛び上がるほどうれしくなりました。中の口の帽子かけにひさしのぴかぴか光った帽子が、知らん顔をしてぶら下がっているんだ。なんのこったと思うと、僕はひとりでに面白くなって、ふすまをがらっといきおいよく開けましたが、その音におとうさんやおかあさんが眼をおさましになると大変だと思って、後ろをふり返って見ました。物音にすぐ眼のさめるおかあさんも、その時にはよく寝ていらっしゃいました。僕はそうっと襖をしめて、中の口の方にきました。いつでもそこの電燈でんとうは消してあるはずなのに、その晩ばかりは昼のように明るくなっていました。なんでもよく見えました。中の口の帽子かけには、おとうさんの帽子の隣りに、僕の帽子が威張りくさってかかっているに違いないとは思いましたが、なんだかやはり心配で、僕はそこに行くまで、なるべくそっちの方を向きませんでした。そしてしっかりその前に来てから、「ばあ」をするように、急に上を向いて見ました。おとうさんの茶色の帽子だけがらん顔をしてかかっていました。あるに違いないと思っていた僕の帽子はやはりそこにもありませんでした。僕はせかせかした気持ちになって、あっちこちを見廻みまわしました。
 そうしたら中の口の格子戸こうしどに黒いものが挟まっているのを見つけ出しました。電燈の光でよく見ると、驚いたことにはそれが僕の帽子らしいのです。僕は夢中になって、そこにあった草履ぞうりをひっかけて飛び出しました。そして格子戸を開けて、ひしゃげた帽子を拾おうとしたら、不思議にも格子戸がひとりでに音もなくひらいて、帽子がひょいと往来おうらいの方へころがりだしました。格子戸のむこうには雨戸が締まっているはずなのに、今夜に限ってそれも開いていました。けれども僕はそんなことを考えてはいられませんでした。帽子がどこかに見えなくならないうちにと思って、あわてて僕も格子戸のあきまからけ出しました。見ると帽子は投げられた円盤えんばんのように二、三げん先きをくるくるとまわってきます。風も吹いていないのに不思議なことでした。僕は何しろ一生懸命に駈け出して帽子に追いつきました。まあよかったと安心しながら、それを拾おうとすると、帽子は上手じょうずに僕の手からぬけ出して、ころころと二、三間先に転がって行くではありませんか。僕は大急ぎで立ち上がってまたあとをいかけました。そんなふうにして、帽子は僕につかまりそうになると、二けん転がり、三間転がりして、どこまでも僕から逃げのびました。