渋江抽斎(しぶえちゅうさい)

 陸は生得しょうとくおとなしい子で、泣かずいからず、饒舌じょうぜつすることもなかった。しかし言動が快活なので、剽軽者ひょうきんものとして家人にも他人にも喜ばれたそうである。その人と成った後に、志操が堅固で、義務心に富んでいることは、長唄の師匠としての経歴に徴して知ることが出来る。
 牛込うしごめの保さんの家と、その保さんを、父抽斎の継嗣たる故を以て、始終「いさん」と呼んでいる本所の勝久さんの家との外に、現に東京には第三の渋江氏がある。即ち下渋谷の渋江氏である。
 下渋谷の家は脩の子終吉さんを当主としている。終吉は図案家で、大正三年に津田青楓つだせいふうさんの門人になった。大正五年に二十八歳である。終吉には二人ににんの弟がある。前年に明治薬学校の業を終えた忠三さんが二十一歳、末男さんが十五歳である。この三人の生母福島氏おさださんは静岡にいる。牛込のお松さんと同齢で、四十八歳である。