浅草公園(あさくさこうえん)

          1

 浅草あさくさ仁王門におうもんの中にった、火のともらない大提灯おおじょうちん。提灯は次第に上へあがり、雑沓ざっとうした仲店なかみせを見渡すようになる。ただし大提灯の下部だけは消え失せない。門の前に飛びかう無数のはと

          2

 雷門かみなりもんから縦に見た仲店。正面にはるかに仁王門が見える。樹木は皆枯れ木ばかり。

          3

 仲店の片側かたがわ外套がいとうを着た男が一人ひとり、十二三歳の少年と一しょにぶらぶら仲店を歩いている。少年は父親の手を離れ、時々玩具屋おもちゃやの前に立ち止まったりする。父親は勿論こう云う少年を時々叱ったりしないことはない。が、まれには彼自身も少年のいることを忘れたように帽子屋ぼうしやの飾り窓などを眺めている。

          4

 こう云う親子の上半身じょうはんしん。父親はいかにも田舎者いなかものらしい、無精髭ぶしょうひげを伸ばした男。少年は可愛かわいいと云うよりもむしろ可憐な顔をしている。彼等のうしろには雑沓した仲店。彼等はこちらへ歩いて来る。

          5

 斜めに見たある玩具屋おもちゃやの店。少年はこの店の前にたたずんだまま、綱をのぼったりりたりする玩具の猿を眺めている。玩具屋の店の中には誰も見えない。少年の姿は膝の上まで。

          6

 綱を上ったり下りたりしている猿。猿は燕尾服えんびふくの尾を垂れた上、シルク・ハットを仰向あおむけにかぶっている。この綱や猿の後ろは深い暗のあるばかり。

          7

 この玩具屋のある仲店の片側。猿を見ていた少年は急に父親のいないことに気がつき、きょろきょろあたりを見まわしはじめる。それから向うに何か見つけ、その方へ一散いっさんに走ってく。

          8

 父親らしい男の後ろ姿。ただしこれも膝の上まで。少年はこの男に追いすがり、しっかりと外套の袖をとらえる。驚いてふり返った男の顔は生憎あいにく田舎者いなかものらしい父親ではない。綺麗きれい口髭くちひげの手入れをした、都会人らしい紳士である。少年の顔に往来する失望や当惑に満ちた表情。紳士は少年を残したまま、さっさと向うへ行ってしまう。少年は遠い雷門かみなりもんを後ろにぼんやり一人佇んでいる。

          9

 もう一度父親らしい後ろ姿。ただし今度は上半身じょうはんしん。少年はこの男に追いついて恐る恐るその顔を見上げる。彼等の向うには仁王門におうもん

          10[#「10」は縦中横]

 この男の前を向いた顔。彼は、マスクに口をおおった、人間よりも、動物に近い顔をしている。何か悪意の感ぜられる微笑びしょう

          11[#「11」は縦中横]

 仲店の片側。少年はこの男を見送ったまま、途方とほうに暮れたように佇んでいる。父親の姿はどちらを眺めても、生憎あいにく目にははいらないらしい。少年はちょっと考えたのちあてどもなしに歩きはじめる。いずれも洋装をした少女が二人、彼をふり返ったのも知らないように。

          12[#「12」は縦中横]

 目金めがね屋の店の飾り窓。近眼鏡きんがんきょう遠眼鏡えんがんきょう双眼鏡そうがんきょう廓大鏡かくだいきょう顕微鏡けんびきょう塵除ちりよ目金めがねなどの並んだ中に西洋人の人形にんぎょうの首が一つ、目金をかけて頬笑ほほえんでいる。その窓の前にたたずんだ少年の後姿うしろすがた。ただしななめに後ろから見た上半身。人形の首はおのずから人間の首に変ってしまう。のみならずこう少年に話しかける。――

          13[#「13」は縦中横]

「目金を買っておかけなさい。お父さんを見付みつけるには目金をかけるのに限りますからね。」
「僕の目は病気ではないよ。」

          14[#「14」は縦中横]

 斜めに見た造花屋ぞうかやの飾り窓。造花は皆竹籠だの、瀬戸物の鉢だのの中に開いている。中でも一番大きいのは左にある鬼百合おにゆりの花。飾り窓の板硝子ガラスは少年の上半身を映しはじめる。何か幽霊のようにぼんやりと。

          15[#「15」は縦中横]

 飾り窓の板硝子越しに造花を隔てた少年の上半身。少年は板硝子に手を当てている。そのうちに息の当るせいか、顔だけぼんやりと曇ってしまう。

          16[#「16」は縦中横]