溺れかけた兄妹(おぼれかけたきょうだい)

 土用波どようなみという高い波が風もないのに海岸に打寄うちよせるころになると、海水浴にているみやこの人たちも段々別荘をしめて帰ってゆくようになります。今までは海岸の砂の上にも水の中にも、朝から晩まで、沢山の人が集って来て、砂山からでも見ていると、あんなに大勢な人間が一たい何所どこから出て来たのだろうと不思議に思えるほどですが、九月にはいってから三日目になるその日には、見わたすかぎり砂浜の何所にも人っ子一人いませんでした。
 わたしの友達のMと私と妹とはお名残だといって海水浴にゆくことにしました。お婆様ばあさまが波が荒くなって来るからかない方がよくはないかと仰有おっしゃったのですけれども、こんなにお天気はいいし、風はなしするから大丈夫だといって仰有ることを聞かずに出かけました。
 丁度昼少し過ぎで、上天気で、空には雲一つありませんでした。昼間でも草の中にはもう虫のがしていましたが、それでも砂は熱くって、裸足はだしだと時々草の上にあがらなければいられないほどでした。Mはタオルを頭からかぶってどんどん飛んで行きました。私は麦稈帽子むぎわらぼうしかぶった妹の手を引いてあとから駈けました。少しでも早く海の中につかりたいので三人は気息いきを切って急いだのです。
 紆波うねりといいますね、その波がうっていました。ちゃぷりちゃぷりと小さな波が波打際なみうちぎわでくだけるのではなく、少し沖の方に細長い小山のような波が出来て、それが陸の方を向いて段々押寄おしよせて来ると、やがてその小山のてっぺんがとがって来て、ざぶりと大きな音をたてて一度に崩れかかるのです。そうするとしばらくをおいてまたあとの波が小山のように打寄うちよせて来ます。そして崩れた波はひどい勢いで砂の上にあがって、そこらじゅうを白い泡で敷きつめたようにしてしまうのです。三人はそうした波の様子を見ると少し気味悪くも思いました。けれども折角せっかくそこまで来ていながら、そのまま引返ひきかえすのはどうしてもいやでした。で、妹に帽子をがせて、それを砂の上に仰向あおむけにおいて、衣物きものやタオルをその中に丸めこむと私たち三人は手をつなぎ合せて水の中にはいってゆきました。
「ひきがしどいね」
 とMがいいました。本当にその通りでした。ひきとは水が沖の方に退いて行く時の力のことです。それがその日は大変強いように私たちは思ったのです。くるぶしくらいまでより水の来ない所に立っていても、その水が退いてゆく時にはまるで急な河の流れのようで、足の下の砂がどんどん掘れるものですから、うっかりしていると倒れそうになる位でした。その水の沖の方に動くのを見ているとがふらふらしました。けれどもそれが私たちには面白くってならなかったのです。足の裏をくすむるように砂が掘れて足がどんどん深くうずまってゆくのがこの上なく面白かったのです。三人は手をつないだまま少しずつ深い方にはいってゆきました。沖の方を向いて立っていると、ひざの所で足がくの字に曲りそうになります。陸の方を向いていると向脛むこうずねにあたる水が痛い位でした。両足をそろえて真直まっすぐに立ったままどっちにも倒れないのをかちにして見たり、片足で立ちっこをして見たりして、三人は面白がって人魚のようにまわりました。
 そのうちにMが膝位ひざぐらいの深さの所まで行って見ました。そうすると紆波うねりが来るたびごとにMは脊延せのびをしなければならないほどでした。それがまた面白そうなので私たちも段々深味ふかみに進んでゆきました。そして私たちはとうとう波のない時には腰位まで水につかるほどの深味に出てしまいました。そこまで行くと波が来たらただ立っていたままでは追付おっつきません。どうしてもふわりと浮きあがらなければ水をませられてしまうのです。
 ふわりと浮上うきあがると私たちは大変高い所に来たように思いました。波が行ってしまうので地面に足をつけると海岸の方を見ても海岸は見えずに波の脊中だけが見えるのでした。その中にその波がざぶんとくだけます。波打際なみうちぎわが一めんに白くなって、いきなり砂山や妹の帽子などが手に取るように見えます。それがまたこの上なく面白かったのです。私たち三人は土用波どようなみがあぶないということも何も忘れてしまって波越なみこしの遊びを続けさまにやっていました。
「あら大きな波が来てよ」
 と沖の方を見ていた妹が少しこわそうな声でこういきなりいいましたので、私たちも思わずその方を見ると、妹の言葉通りに、これまでのとはかけはなれて大きな波が、両手をひろげるような恰好かっこうで押寄せて来るのでした。泳ぎの上手なMも少し気味悪そうに陸の方を向いていくらかでも浅い所までげようとした位でした。私たちはいうまでもありません。腰から上をのめるように前に出して、両手をまたその前に突出つきだして泳ぐような恰好をしながら歩こうとしたのですが、何しろひきがひどいので、足を上げることも前にやることも思うようには出来ません。私たちはまるで夢の中で怖いやつに追いかけられている時のような気がしました。