舞姫(まいひめ)

西の京三本樹のお愛様に
このひと巻をまゐらせ候
あき


うたたねの夢路に人の逢ひにこし蓮歩れんぽのあとを思ふ雨かな

美くしきをなごぬすまむ変化へんげものよとばかりにさうぞきにけり

七室ななま霧にみなかす初秋はつあきを山の素湯さゆめでしやまろうど

はるとやすまじきものの物懲ものごりにみだれはててし髪にやはあらぬ

船酔ふなゑひはいとわかやかにまろねしぬ旅あきうどと我とのなかに

白百合しろゆりのしろき畑のうへわたる青鷺あをさぎづれのをかしきゆふべ

わかき日のやむごとなさは王城わうじやうのごとしと知りぬ流離りうりの国に

歌を見てうつぼ柱に秋雨のつたふやうなる涙の落ちぬ

日輪に礼拝らいはいしたる獅子王の威とぞたたへむうらわかき君

みさぶらひ御髪みぐしに似るは乱菊らんぎくと申すと云ひぬてのみあれば

かざしたる牡丹ぼたん火となり海燃えぬ思ひみだるる人の子の夢

われと燃え情火たまきに身をきぬ心はいづら行方ゆくへ知らずも

山々に赤丹あかにぬるなるあけぼのわらはが撫でしと染まりける

花草はなぐさ満地まんちに白とむらさきのぢん立ててこし秋の風かな

に遠きうすいろぞめのあえかさの落花に似るを怨女ゑんにょと云ふや

初夏はつなつの玉のほら出しほととぎすきぬ湖上のあかつきびとに

朝に夜に白檀かをるわが息を吸ひたまふゆゑうつくしき君

木蓮もくれんの落花ひろひてみほとけの指とおもひぬ十二の智円ちゑん

罪したまへめしひと知ると今日を書き明日あすは知らずと日記にきする人を

春雨やわがおち髪を巣にあみてそだちしひなの鶯の

二もとの橄欖かんらんしげる※(「王+干」、第3水準1-87-83)らうかんの亭の四方を船かよひけり

春の山懸樋かけひの水のとまりしを昨夜よべの狐とにくみたまひぬ

遠つあふみ大河たいがながるる国なかば菜の花さきぬ富士をあなたに

軒ちかき御座みざと月光のなかにいざよふ夜の黒髪

松かげの藤ちる雨に山越えて夏花使なつばなづかひ野をすらむか

廻廊を西へならびぬ騎者たちの三十人は赤丹あかにして

きぬぎぬや雪の傘する舞ごろもうしろで見よと橋こえてきぬ

高きに君とのぼれば春の国河遠白とほじろし朝の鐘なる

長雨や出水でみづの国の人なかばつどへる山に法華経ほけきやうよみぬ

ゆふべにはちるべき花と見て過ぎぬ親もたぬ子の薄道心うすだうしん

淡色うすいろの牡丹今日ちる時とせず厄日やくびと泣きぬひがむ人

保津川ほづがはの水に沿ふなる女松山めまつやま幹むらさきに東明しののめするも

萌野もえのゆき紫野ゆく行人かうじんあられふるなりきさらぎの春

二十六きのふを明日とよびかへむ願ひはあれど今日も琴ひく

かうたき錦に爪をつつませておふしたてられ君にとつぎぬ

わが宿の春はあけぼの紫の糸のやうなるをちかたの川

ゆるしたまへ二人を恋ふと君泣くや聖母にあらぬおのれの前に

春いにて夏きにけりと手ふるれば玉はしるなり二十五のいと

すぐれて恋ひすぐれて君をうとまむともとよう人の云ひしならねど

ふるさとの潮の遠音とほねのわが胸にひびくをおぼゆ初夏の雲

あめとぶにやぶれて何の羽かある夢みであれな病めるはやぶさ

大夏おほなつ近江あふみの国や三井寺みゐでらうみへはこぶと八月雲す

われを見ればほのほ少女をとめ君みれば君も火なりと涙ながしぬ

梅雨晴つゆばれの日はわかこえきらきらとおん髪をこそ青う照りたれ

鶯のがひすがたやおもはれし妻は春さく花はやしける

ものいはぬつれなきかたのおん耳を啄木鳥きつつきめとのろふ秋の日

大木曾おほぎそは霧や降るらむはゆま路を駄馬だうまひく子とつれだち給へ

岡の家瑠璃るりすむ秋の空の声たてゝ幾ひら桐おちにけり

ほととぎす山の法師が大音たいおんの初夜の陀羅尼だらにのこだまする寺

紫と黄いろと白と土橋つちばしを小蝶ならびてわたりこしかな

二とせや緞子どんす張りたる高椅子のうへにるまでは丈のびぬ

円山まるやまの南の裾の竹原にうぐひす住めり御寺みてらに聞けば

たたかひは見じと目とづる白塔はくたふに西日しぐれぬ人死ぬゆふべ

をちかたに星のながれし道と見し川のみぎはに出でにけるかな