ボヘミアの醜聞(ボヘミアのしゅうぶん)


 シャーロック・ホームズにとって、彼女はいつも『かのおんな』であった。他の呼称などつゆほども聞かない。彼女の前ではどんな女性も影を潜める、とでも考えているのであろう。だがアイリーン・アドラーに恋慕の情といったものを抱いているのではない。あらゆる情、とりわけ恋というものは、ホームズの精神にとっては、到底受け入れることができない。精神を冷徹で狂いなく、それでいて偏りがまったくないままに保たねばならないからだ。個人的な考えだが、推理と観察にかけて、ホームズは世界一の完全無欠な機械である。けれども恋愛向きではない。斜に構えねば、人の情については語れない。観察にはもってこいだ――情こそが人の動機や行動のヴェールをはぎ取る。だが、とぎすまされた推理の場合、ひとたびそのようなものが厳密に調整された心に入りこめば、乱す種となってしまう。そうすればどんな思考の結果も疑わしい。精密機器に砂が混入することよりも、所持する高性能の拡大鏡にひびが入ることよりも、ホームズのような心に強い情緒が芽生えることの方が、悩ましいことなのである。だがそんなホームズにも、ひとりだけ女性というものがあった。その女こそ、かつてのアイリーン・アドラー、まことしやかな噂の多い女だ。
 近頃、ホームズとは会っていなかった。私の結婚が二人を疎遠にしていた。結婚生活はまさに至福で、初めて所帯主になったこともあり、私の熱意はすっかり家庭中心に注がれていた。かたやホームズと言えば、持ち前のボヘミアン気質から世俗を避け、ベイカー街の我らが下宿にとどまり、古書の山にうずもれ、コカインと覇気を交互に繰り返していた。つまり麻薬へ溺れたり、持ち前の洞察力で事件に乗り出したりである。例のごとく犯罪の研究に没頭し、多大なる才と人並みならぬ観察力を駆使して、警察でさえ絶望的と匙を投げた事件にも糸口を見つけ、謎を解き明かしていた。折々、ホームズの活動を風のうわさに聞くことがある。トリェポーフ殺人事件でオデッサに招聘されたとか、トリンコマリィでアトキンソン兄弟の奇妙な惨劇を解決したとか、ひいてはオランダ王室のために秘密裏に任務を遂行したとか。しかし私も日刊新聞の一読者として知るのみで、かつて友人でありパートナーであった男のことを、直接知っていたわけではなかった。
 ある夜、一八八八年三月二十日のことだ。私は元の開業医に戻っていたのだが、患者の往診の帰途、ベイカー街を通りがかった。あの見慣れた戸口を見ると、求婚時代や、陰惨な『緋のエチュード』事件のことがいつも心に甦ってくる。私はふとホームズに会いたい、人並みならぬ能力を発揮するのを見たい、そんな衝動に駆られた。ホームズの部屋はあかあかと光がともり、私が見上げていると、ホームズの細く長い影法師が二度も窓に映った。うつむき、手を後ろで組み、部屋をせかせかと力強く歩き回っている。私は気心や癖を心得ているので、その態度や物腰からすべてが伺える。また仕事をしているのだ。麻薬の夢からうつつに帰り、新しい事件の香りに興奮を隠せないでいる。私が呼び鈴を鳴らすと、以前は私も同居していたあの部屋に案内された。
 ホームズの物腰から、その気持ちはうかがえなかった。いつものことだったが、私にはなぜだか、彼が再会を喜んでいるように見えた。何も言わず、あたたかい目をし、肘掛椅子を手で示すと葉巻入れを投げてよこし、部屋の隅にある酒瓶台とガソジンを指し示した。そしてホームズは暖炉の前に立つと、何かを深く考えながら私を見るのである。
挿絵1
「幸せ太りか。」とホームズ。「思うにワトソン、以前より七ポンド半の増だ。」
「七だよ。」と私は返答する。
「うむ、もう少し考えるべきだったか。もうほんの少し重いはずだ、ワトソン。また開業、したね? 僕に一言もなく、復帰か。」
「おい、どうしてそれを?」
「わかる。演繹だよ。君が近頃ずぶぬれになったこと、そしてひどくのろまな女中を雇っていることを知っていては、おかしいかね?」
「さすがホームズ、完敗だ。数世紀前なら君は火あぶりにされる。実を言うと木曜、田舎を歩いてね、泥水まみれで帰宅したんだ。だが服は着替えたし、どう推理したものか。女中のことだが、これがいかんともしがたくてね、妻が暇を出したよ。しかし、いや、私にはどうやったのかさっぱり。」
 ホームズはほくそ笑み、長くきめ細やかな手をこすり合わせた。
「事はいたって簡単だ。僕の目に嫌でも入ってくる、君の革靴、左内側、ちょうど火灯りに照らされたあたりの、ほぼ平行な六つの傷が。これは明らかに、靴底の縁を誰かが不用意に擦ったためにできた痕だ。かたまった泥を取り除こうとしたわけだ。したがって、そう、二つの演繹が可能だ。君は悪天候に見舞われ、かつ君のお抱えはロンドン女中の例に漏れず、靴を傷つけるほどに使えない、と。開業についてだが、ある紳士がヨードホルムを鼻につくほど匂わせ、右人差し指に硝酸銀の黒いシミをつけ、聴診器が入っていると言わんばかりにシルクハットの右側を膨らませて入ってきたのだ。その人物が医療に携わっていると指摘できなければ、僕は相当のうつけ者にちがいない。」