先生の眼玉に(せんせいのめだまに)

 子供が大ぜい遊んでいるところに雪がふって来ました。
「ヤアイヤアイ 雪がふって来た
 雪降れ ウント降れ
 塩になれ 砂糖になれ」
 とみんながよろこびました。
「砂糖になったらどうするか」
 と大きな声がきこえましたので、ビックリしてその方を見ますと、白いひげを生やして、白い着物を着て、白い帽子を冠って、長いすきとおった氷柱つららのような杖を持ったお爺さんが立っておりました。
 子供達はおどろいてそのお爺さんの顔を見ていますと、お爺さんはニコニコ笑いながらも一度、
「砂糖になったら何にするのか」
 と子供たちに聞きました。
「お餅につけてたべる」
 と三吉が答えました。
「お婆さんにめさせる」
 と忠太郎が言いました。
「お庭の蜜蜂にやる」
 と玉子さんが言いました。
 お爺さんはさもさも嬉しそうに、
「感心感心。お前たちはみんないい児だ。それじゃ塩になったらどうするかな」
 と尋ねました。
「先生の眼玉にすり込んでやる」
 と最前からだまっていた悪太郎が答えました。
 お爺さんは急に怖い顔になって、
「よしよし。のぞみ通りにしてやるからまっておれ」
 と云ううちに消え失せました。
 それと一所に、何も見えなくなる程真白に雪がふり出しました。
 三吉と玉子と忠太郎の処に降る雪はみんな砂糖でしたが、悪太郎の処には塩ばかりバラバラと降って、それが眼に入って痛くて堪らなくなりました。
 悪太郎は泣きながらおうちへ帰ってしまいました。