奇妙な遠眼鏡(ふしぎなとおめがね)

 ある所にアア、サア、リイという三人の兄弟がありました。
 そのうちで三番目のリイは一番温柔おとなしい児でしたが、ちいさい時に眼の病気をして、片っ方の眼がつぶっていましたので、二人の兄さんはメッカチメッカチとイジメてばかりおりました。
 リイは外へ遊びに行っても、ほかの子供にやっぱしメッカチメッカチと笑われますので、いつもひとりポッチであそんでいましたが、感心なことに、どんなに笑われてもちっともおこったことがありませんでした。
 ある時、三人の兄弟はお父さんとお母さんに連れられて、山一つ向うの町のお祭りを見に行きましたが、その時お父さんが、
「今日は三人に一つずつオモチャを買ってやるから、何でもいいものを云ってみろ」
 と云われました。
 アアは、
「何でも狙えばきっとあたる鉄砲がいい」
 と云いました。サアは、
「何でも切れる刀が欲しい」
 と云いました。又リイは、
「どこでも見える遠眼鏡とおめがねが欲しい」
 と云いました。
 これを聞いたお父さんとお母さんはお笑いになって、
「お前達の云うものはみんな六ヶむずかしくてダメだ。それにアアのもサアのも、鉄砲だの刀だの、あぶないものばかりだ。そんなものを欲しがるものじゃない。リイを見ろ。一番ちいさいけれども温柔おとなしいから、欲しがるものでもちっともあぶなくない。みんなリイの真似をしろ」
 と、兄さん二人が叱られてしまいました。そうして何も買ってもらえずに、只お祭りを見たばかりでおうちへ連れて帰られました。
 アアとサアと二人の兄さんは大層口惜くやしがって、今夜リイをウンとイジめてやろうと相談をしましたが、リイはチャンときいて知っておりました。
 その晩、兄弟三人は揃って、
「お父さんお母さん、お先へ……」
 と云って離れたへやに寝ますと、間もなくアアとサアは起き上って、リイをつかまえて窓から外へひきずり出して、そのまま窓をしめて寝てしまいましたが、リイは前から知っていましたから、声も出さずに兄さん達のする通りになっていました。
 リイはそのまま窓の外の草原くさはらに立って、涙をポロポロこぼしながら東の方を見ていますと、向うの草山の方が明るくなって、黄色い大きなお月様がのぼって来ました。
 リイはこんな大きなお月様を見たのは生れて初めてでしたから、ビックリして泣きやんで見ておりますと、不意にうしろの方からシャガレた声で、
「リイやリイや」
 と云う声がしました。
 リイはお月様を見ているところに不意にうしろから名前を呼ばれましたので、ビックリしてふり向きますと、そこには黒い三角の長い頭巾をかぶり、同じように三角の長い外套がいとうを着た、顔色の青い、眼の玉の赤い、白髪のお婆さんが立っておりました。
 そのお婆さんはニコニコ笑いながら、外套の下から小さな黒い棒を出してリイに渡しました。そうしてリイの耳にシャガレた低い声でこういいました。
「リイ、リイ、リイ
 片目のリイ
 この眼がね、眼にあてて
 息つめて、アムと云え
 すきなとこ、見られるぞ

 リイ、リイ、リイ
 片目のリイ
 このめがね、眼に当てて
 すきなとこ、のぞいたら
 息つめて、マムと云え
 どこへでも、ゆかれるぞ
 アム、マム、ムニャムニャ」
 と云うかと思うと、暗い家の蔭に這入ってそのまま消え失せてしまいました。
 リイはビックリして立っておりましたが、やっと気がついて見ると、自分の手には一本の黒い棒をしっかりと握っております。
 リイはいよいよ不思議に思いました。急いでその棒をお婆さんに返そうと思って、たった今お婆さんが消えて行った暗いところへ行きますと、そこはひらたい壁ばかりで、お婆さんはどこへ行ったかわかりませんでした。
 リイはどうしようかと思いましたが、それと一所に今のお婆さんが云ったことを思い出しまして、ためしに黒い棒を片っ方の眼に当てて、向うの山の上のお月様をのぞいて、教わった通り、
「アム」
 と云って見ました。
 リイはあんまり不思議なのに驚いて、棒を取り落そうとした位でした。
 お月様の世界がリイの眼の前に見えたのです。
 見渡す限り真白い雪のような土の上に、水晶のように透きとおった山や翡翠ひすいのようにキレイな海や川がありまして、銀の草や木がえ、黄金の実がって、その美しさは眼もくらむほどです。その中に高い高い大きな大きな金剛石の御殿が建っていて、その中にあのお伽噺とぎばなしの中にある竜宮の乙姫様のような美しいお嬢さんがこちらの方を見て手招きをしております。
 リイは急に行って見たくなりましたから、又教わった通り呼吸を詰めて、
「マム」
 と言って見ました。
 リイが遠眼鏡をのぞいて、「マム」と魔法の言葉を使いますと、向うに見えている月の世界のけしきがだんだん近寄って来ました。