デンマルク国の話(デンマルクこくのはなし)

曠野あれの湿潤うるおいなき地とは楽しみ、
沙漠さばくよろこびて番紅さふらんのごとくにはなさかん、
さかんはなさきて歓ばん、
喜びかつ歌わん、
レバノンのさかえはこれに与えられん、
カルメルとシャロンのうるわしきとはこれに授けられん、
彼らはエホバのさかえを見ん、
我らの神のうるわしきをん。
       (イザヤ書三五章一―二節)


 今日は少しこの世のことについてお話しいたそうとおもいます。
 デンマークは欧州北部の一小邦であります。その面積は朝鮮と台湾とを除いた日本帝国の十分の一でありまして、わが北海道の半分に当り、九州の一島に当らない国であります。その人口は二百五十万でありまして、日本の二十分の一であります。実に取るに足りないような小国でありますが、しかしこの国について多くの面白い話があります。
 今、単に経済上より観察を下しまして、この小国のけっしてあなどるべからざる国であることがわかります。この国の面積と人口とはとてもわが日本国に及びませんが、しかし富の程度にいたりましてははるかに日本以上であります。その一例をげますれば日本国の二十分の一の人口を有するデンマーク国は日本の二分の一の外国貿易をもつのであります。すなわちデンマーク人一人の外国貿易の高は日本人一人の十倍に当るのであります。もってその富の程度がわかります。ある人のいいまするに、デンマーク人はたぶん世界のなかでもっとも富んだる民であるだろうとのことであります。すなわちデンマーク人一人の有する富はドイツ人または英国人または米国人一人の有する富よりも多いのであります。実に驚くべきことではありませんか。
 しからばデンマーク人はどうしてこの富を得たかと問いまするに、それは彼らが国外に多くの領地をもっているからではありません、彼らはもちろん広きグリーンランドをもちます。しかし北氷洋の氷のなかにあるこの領土の経済上ほとんど何の価値もないことは何人なんびとも知っております。彼らはまたその面積においてはデンマーク本土に二倍するアイスランドをもちます。しかしその名を聞いてその国の富饒ふにょうの土地でないことはすぐにわかります。ほかにわずかに鳥毛とりのけを産するファロー島があります。またやや富饒なる西インド中のサンクロア、サントーマス、サンユーアンの三島があります。これ確かに富のみなもとでありますが、しかし経済上収支相償うことすくなきがゆえに、かつてはこれを米国に売却せんとの計画もあったくらいであります。ゆえにデンマークの富源といいまして、別に本国以外にあるのでありません。人口一人に対し世界第一の富を彼らに供せしその富源はわが九州大のデンマーク本国においてあるのであります。
 しかるにこのデンマーク本国がけっして富饒の地と称すべきではないのであります。国に一鉱山あるでなく、大港湾の万国の船舶をくものがあるのではありません。デンマークの富は主としてその土地にあるのであります、その牧場とその家畜と、そのもみ白樺しらかばとの森林と、その沿海の漁業とにおいてあるのであります。ことにその誇りとするところはその乳産であります、そのバターとチーズとであります。デンマークは実に牛乳をもって立つ国であるということができます。トーヴァルセンを出して世界の彫刻術に一新紀元をかくし、アンデルセンを出して近世お伽話とぎばなしの元祖たらしめ、キェルケゴールを出して無教会主義のキリスト教を世界にとなえしめしデンマークは、実に柔和なる牝牛めうしの産をもって立つ小にして静かなる国であります。
 しかるに今を去る四十年前のデンマークはもっとも憐れなる国でありました。一八六四年にドイツ、オーストリアの二強国の圧迫するところとなり、その要求をこばみし結果、ついに開戦の不幸を見、デンマーク人は善く戦いましたが、しかし弱はもって強に勝つあたはず[#「あたはず」はママ]、デッペルの一戦に北軍敗れてふたたびつ能わざるにいたりました。デンマークは和を乞いました、しかして敗北の賠償ばいしょうとしてドイツ、オーストリアの二国に南部最良の二州シュレスウィヒとホルスタインを割譲しました。戦争はここに終りを告げました。しかしデンマークはこれがために窮困の極に達しました。もとより多くもない領土、しかもその最良の部分を持ち去られたのであります。いかにして国運を恢復かいふくせんか、いかにして敗戦の大損害をつぐなわんか、これこの時にあたりデンマークの愛国者がその脳漿のうしょうしぼって考えし問題でありました。国は小さく、民はすくなく、しかして残りし土地に荒漠多しという状態ありさまでありました。国民の精力はかかるときにめさるるのであります。戦いは敗れ、国はけずられ、国民の意気鎖沈しなにごとにも手のつかざるときに、かかるときに国民の真の価値ねうちは判明するのであります。戦勝国の戦後の経営はどんなつまらない政治家にもできます、国威宣揚にともなう事業の発展はどんなつまらない実業家にもできます、難いのは戦敗国の戦後の経営であります、国運衰退のときにおける事業の発展であります。戦いに敗れて精神に敗れない民が真に偉大なる民であります、宗教といい信仰といい、国運隆盛のときにはなんの必要もないものであります。しかしながら国に幽暗くらきのぞみしときに精神の光が必要になるのであります。国のおこるとほろぶるとはこのときに定まるのであります。どんな国にもときには暗黒が臨みます。そのとき、これに打ち勝つことのできる民が、その民が永久に栄ゆるのであります。あたかも疾病やまいの襲うところとなりて人の健康がわかると同然であります。平常ふだんのときには弱い人も強い人と違いません。疾病やまいかかって弱い人はたおれて強い人はのこるのであります。そのごとく真に強い国は国難に遭遇して亡びないのであります。その兵は敗れ、その財はきてそのときなお起るの精力を蓄うるものであります。これはまことに国民の試練の時であります。このときに亡びないで、彼らは運命のいかんにかかわらず、永久に亡びないのであります。