晶子詩篇全集(あきこしへんぜんしゅう)

[#ページの左右中央]


美濃部民子夫人に献ず


[#改ページ]

自序


 美濃部民子様

 わたくしは今年の秋の初に、少しの暇を得ましたので、明治卅三年から最近までに作りました自分の詩の草稿を整理し、其中から四百廿壱篇を撰んで此の一冊にまとめました。かうしてまとめて置けば、他日わたくしの子どもたちが何かの底から見附け出し、母の生活の記録の断片として読んでくれるかも知れないくらゐに考へてゐましたのですが、幸なことに、実業之日本社の御厚意に由り、このやうに印刷して下さることになりました。
 ついては、奥様、この一冊を奥様に捧げさせて頂くことを、何とぞお許し下さいまし。
 奥様は久しい以前から御自身の園にお手づからお作りになつてゐる薔薇の花を、毎年春から冬へかけて、お手づからお採りになつては屡わたくしに贈つて下さいます。お女中に持たせて来て頂くばかりで無く、郊外からのお帰りに、その花のみづみづしい間にと思召して、御自身でわざわざお立寄り下さることさへ度度であるのに、わたくしは何時も何時も感激して居ます。わたくしは奥様のお優しいお心の花であり匂ひであるその薔薇の花に、この十年の間、どれだけ励まされ、どれだけ和らげられてゐるか知れません。何時も何時もかたじけないことだと喜んで居ます。
 この一冊は、決して奥様のお優しいお心に酬い得るもので無く、奥様から頂くいろいろの秀れた美くしい薔薇の花に比べ得るものでも無いのですが、唯だわたくしの一生に、折にふれて心から歌ひたくて、真面目にわたくしの感動を打出したものであること、全く純個人的な、普遍性の乏しい、勝手気儘な詩ですけれども、わたくしと云ふ素人の手作りである点だけが奥様の薔薇と似てゐることに由つて、この光も香もない一冊をお受け下さいまし。
 永い年月に草稿が失はれたので是れに収め得なかつたもの、また意識して省いたものが併せて二百篇もあらうと思ひます。今日までの作を総べて整理して一冊にしたと云ふ意味で「全集」の名を附けました。制作の年代が既に自分にも分らなくなつてゐるものが多いので、ほぼ似寄つた心情のものを類聚して篇を分ちました。統一の無いのはわたくしの心の姿として御覧を願ひます。
 山下新太郎先生が装幀のお筆を執つて下さいましたことは、奥様も、他の友人達も、一般の読者達も、共に喜んで下さいますことと思ひます。

與謝野晶子

[#改ページ]
[#ページの左右中央]


    装幀 山下新太郎先生


[#改丁]
[#ここからページの左右中央]


與謝野晶子

   晶子詩篇全集


[#改丁]
[#ここからページの左右中央]




[#改丁]
[#ここから2段組み]


如何いかなれば草よ、
風吹けば一方ひとかたに寄る。
人の身はしからず、
おのが心の向き向きに寄る。
なにき、なにしき、
知らず、だ人は向き向き。



わがいへの天井にねずみめり、
きしきしと音するは
のみとりて像をきざむ人
も寝ぬがごとし。
またその妻と踊りては
廻るひびき
競馬のきほひあり。
わが物書く上に
屋根裏の砂ぼこり
はらはらと散るも
彼等いかで知らん。
されど我は思ふ、
我はねずみと共にめるなり、
彼等に食ひ物あれ、
よき温かき巣あれ、
天井にあなをもけて
折折をりをりに我をのぞけよ。



わが心、ほどえて
高ぶり、しのぐ時、
何時いつ何時いつも君をおもふ。

わが心、消えなんばかり
はかなげに滅入めいれば、また
何時いつ何時いつも君をおもふ。

つつましく、へりくだり、
しかも命と身を投げだして
人と真理の愛に強き君、
ああ我が賀川豐彦とよひこの君。



時としてひとりを守る。
時として皆としたしむ。
おほかたはけはしきかた
きて命傷つく。
こしかたもれ、
すゑれ。
許せ、我がかる気儘きまゝを。



野の秋更けて、露霜つゆしも
打たるものの哀れさよ。
いよいよ赤むたでの茎、
黒き実まじるコスモスの花、
さてはまた雑草のうられて
まだらを作る黄と緑。



一事ひとことの知りたさに
れを読み、れを読み、
われ知らずを更かし、
取り散らす数数かずかずの書の
座をめぐる古き巻巻まきまき
客人まらうど[#ルビの「まらうど」は底本では「まろうど」]よ、これを見たまへ、