ビジテリアン大祭(ビジテリアンたいさい)

 私は昨年九月四日、ニュウファウンドランド島の小さな山村、ヒルテイで行われた、ビジテリアン大祭に、日本の信者一同を代表して列席して参りました。
 全体、私たちビジテリアンというのは、ご存知の方も多いでしょうが、実は動物質のものを食べないというかんがえのものの団結でありまして、日本では菜食主義者と訳しますが主義者というよりは、も少し意味の強いことが多いのであります。菜食信者と訳したら、あるいは少し強すぎるかも知れませんが、主義者というよりは、よく実際にかなっていると思います。もっともその中にもいろいろ派がありますが、まあその精神について大きくわけますと、同情派と予防派との二つになります。
 この名前は横からひやかしにつけたのですが、大へんうまく要領をいあらわしていますから、かまわず私どもも使うのです。
 同情派と云いますのは、私たちもその方でありますが、恰度ちょうど仏教の中でのように、あらゆる動物はみな生命をおしむこと、我々と少しも変りはない、それを一人が生きるために、ほかの動物の命をうばって食べるそれも一日に一つどころではなく百や千のこともある、これを何とも思わないでいるのは全く我々の考が足らないので、よくよくべられる方になって考えて見ると、とてもかあいそうでそんなことはできないとこう云う思想なのであります。ところが予防派の方は少しちがうのでありまして、これは実は病気予防のために、なるべく動物質をたべないというのであります。すなわち肉類や乳汁を、あんまりたくさんたべると、リウマチスや痛風や、悪性の腫脹しゅちょうや、いろいろいけない結果が起るから、その病気のいやなもの、またその病気の傾向けいこうのあるものは、この団結の中に入るのであります。それですからこの派の人たちはバターやチーズもまめからこしらえたり、又菜食病院というものを建てたり、いろいろなことをしています。
 以上は、まあ、ビジテリアンをその精神から大きく二つにわけたのでありますが、又一方これをその実行の方法から分類しますと、三つになります。第一に、動物質のものは全く喰べてはいけないと、則ちけものや魚やすべて肉類はもちろん、ミルクや、またそれからこしらえたチーズやバター、お菓子かしの中でも鶏卵けいらんの入ったカステーラなど、一切いけないという考の人たち、日本ならばまあ、一寸ちょっとかつおのだしの入ったものもいけないという考のであります。この方法は同情派にも予防派にもありますけれども大部分は予防派の人たちがやります。第二のは、チーズやバターやミルク、それから卵などならば、まあものの命をとるというわけではないから、さしつかえない、また大してからだに毒になるまいというので、割合穏健おんけんな考であります。第三は私たちもこの中でありますが、いくら物の命をとらない、自分ばかりさっぱりしていると云ったところで、実際にほかの動物がつらくては、何にもならない、結局はほかの動物がかあいそうだからたべないのだ、小さな小さなことまで、一一吟味ぎんみして大へんな手数をしたり、ほかの人にまで迷惑めいわくをかけたり、そんなにまでしなくてもいい、もしたくさんのいのちのために、どうしても一つのいのちが入用なときは、仕方ないから泣きながらでも食べていい、そのかわりもしその一人が自分になった場合でもあえけないとこう云うのです。けれどもそんな非常の場合は、実に実に少いから、ふだんはもちろん、なるべく植物をとり、動物を殺さないようにしなければならない、くれぐれも自分一人気持ちをさっぱりすることにばかりかかわって、大切の精神を忘れてはいけないとう云うのであります。
 そこで、大体ビジテリアンというものの性質はおわかりでしょうから、これから昨年のその大祭のときのもようをお話いたします。
 私がニュウファウンドランドの、トリニテイの港に着きましたのは、恰度ちょうど大祭の前々日でありました。事によると、間に合わないと思ったのが、うまい工合ぐあいに参りましたので、大へんよろこびました。トルコからの六人の人たちと、船の中で知り合いになりました。その団長は、地学博士でした。大祭に参加後、すぐ六人ともカナダの北境を探険するという話でした。私たちは、船を下りると、すぐ旅装りょそうを調えて、ヒルテイの村に出発したのであります。実は私は日本から出ました際には、ニュウファウンドランドへさえ着いたら、たれもみなそのヒルテイという村の方へ向いてるだろう、世界中から集った旅人が、ぞろぞろそっちへ行くのだろうから、もうすぐみちなんかわかるだろうと思ってりました。ところが、船の中でこそ、遇然ぐうぜんトルコ人六人とも知り合いになったようなもの、実際トリニテイの町に下りて見ると、どこにもそんなビラが張ってあるでもなし、ヒルテイという名を云う人も一人だってあるでなし、実は私も少し意外に感じたので〔以下原稿数枚なし〕