恋を恋する人(こいをこいするひと)


 秋のはじめの空は一片の雲もなくはれて、景色けしきである。青年わかもの二人は日光の直射を松の大木の蔭によけて、山芝の上に寝転んで、一人は遠く相模灘を眺め、一人は読書している。場所は伊豆と相模の国境にあるなにがし温泉である。
 渓流たにがわの音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には入らない。ひとりの心は書中しょちゅうに奪われ、ひとりは何事か深く思考おもいに沈んでいる。
 暫時しばらくすると、ひとり書籍ほんを草の上に投げ出して、のびをして、大欠おおあくびをして、
最早もう宿へ帰ろうか。」
「うん」とこたえたぎり、ひとりは見向きもしない。するとひとりは巻煙草を出して、
「オイ君、燐寸を借せ。」
「うん」と出してやる、そして自分も煙草を出して、甲乙共ふたりとも、のどかに喫煙いだした。
「君はどう思う、縁とは何ぞやと言われたら?」
 と思考おもいに沈んでいたひとりが静かに問うた。
左様そうサね、僕は忘れて了った。……何とか言ったッけ。」とひとり書籍ほんを拾い上げて、何気なにげなく答える。
 ひとりそれを横目で見て、
「まさか水力電気論のうちには説明してあるまいよ。」
「無いとも限らん。」
「あるなら、その内捜して置いてくれ給え。」
「よろしい。」
 甲乙ふたりは無言で煙草を喫っている。ひとり書籍ほん拈繰ひねくって故意わざと何か捜している風を見せていたが、
「有ったよ。」
「ふん。」
真実ほんとに有ったよ。」
「教えてくれ給え。」
「実はやッと思い出したのだ。円とは……何だッたけナ……円とは無限に多数なる正多角形とか何とか言ッたッけ。」と、真面目である。
「馬鹿!」
んで?」
「大馬鹿!」
「君よりは少しばかり多智りこうな積りでいたが。」
「僕の聞いたのはその円じゃアないんだ。縁だ。」
「だから円だろう。」
「イヤこれは僕が悪かった、君に向って発すべき問ではなかったかも知れない。まア静かに聞き給え、僕の問うたのは……」
「最も活動する自然力を支配する人間は最も冷静だから安心し給え。」
えらいよ。」
「勿論! そこで君のいう所のエンとは?」
「帰ろうじゃアないか。帰宿かえって夕飯の時、ゆるゆる論ずる事にしよう。」
「サア帰ろう!」とひとりは水力電気論を懐中ふところおしこんだ。
 かくて仲善き甲乙ふたり青年わかものは、名ばかり公園の丘を下りて温泉宿へ帰る。日は西に傾いてたにの東の山々は目映まばゆきばかり輝いている。まだ炎熱あついので甲乙ふたりは閉口しながら渓流たにがわに沿うた道を上流うえの方へのぼると、右側の箱根細工を売る店先に一人の男が往来を背にして腰をかけ、品物を手にして店の女主人の談話はなしているのを見た。見て行き過ぎると、ひとりが、
「今あの店にいたのは大友君じゃアなかッたか?」
「僕も、そんな気がした。」
「後姿が似ていた、確かに大友だ。」
「大友なら宿は大東館だ」
「何故?」
「僕が大東館を撰んだのは大友君からはなしを聞いたのだもの。」
「それは面白い。」
「きっと面白い。」
 と話しながら石の門を入ると、庭樹の間から見える縁先に十四五の少女おとめが立っていて、甲乙ふたりの姿を見るや、
「神崎様! 朝田様! 一寸来て御覧なさいよ。面白い物がありますから。早く来て御覧なさいよ!」と叫ぶ。
「また蛇が蛙を呑むのじゃアありませんか。」と「水力電気論」を懐にして神崎乙彦が笑いながら庭樹を右に左にけて縁先の方へ廻る。少女おとめへや隣室となりが二人の室なのである。朝田は玄関口へ廻る。
「ほら妙なものでしょう。」と少女の指さす方を見ても別に何も見当らない。神崎はきょろきょろしながら、
「春子さん、何物なんにも無いじアありませんか。」
「ほら其処に妙な物が。……貴様あなたお眼が悪いのねエ」
「どれです。」
百日紅さるすべりの根に丸い石があるでしょう。」
「あれが如何どうしたのです。」
「妙でしょう。」
「何故でしょう。」といいながら新工学士神崎は石を拾って不思議そうに眺める。朝田はこの時既に座敷から廻って縁先に来た。
「オイ朝田、春子さんがこの石を妙だろうと言うが君は何と思う。」
すこぶる妙と思うねエ」
「ね朝田さん、妙でしょう。」と少女おとめはにこにこ。
「そうですとも、大いに妙です。神崎工学士、君は昨夕ゆうべ酔払って春子さんつかまえてお得意の講義をしていたが忘れたか。」