伝吉の敵打ち(でんきちのかたきうち)

 これは孝子伝吉の父のあだを打った話である。
 伝吉は信州しんしゅう水内郡みのちごおり笹山ささやま村の百姓の一人息子ひとりむすこである。伝吉の父は伝三と云い、「酒を好み、博奕ばくちを好み、喧嘩けんか口論を好」んだと云うから、まず一村いっそんの人々にはならずもの扱いをされていたらしい。(註一)母は伝吉をんだ翌年、病死してしまったと云うものもある。あるいはまた情夫じょうふの出来たために出奔してしまったと云うものもある。(註二)しかし事実はどちらにしろ、この話の始まる頃にはいなくなっていたのに違いない。
 この話の始まりは伝吉のやっと十二歳になった(一説によれば十五歳)天保てんぽう七年の春である。伝吉はある日ふとしたことから、「越後浪人えちごろうにん服部平四郎はっとりへいしろうと云えるもののいかりを買い、あわやりも捨てられん」とした。平四郎は当時文蔵ぶんぞうと云う、柏原かしわばら博徒ばくとのもとに用心棒をしていた剣客けんかくである。もっともこの「ふとしたこと」には二つつ異説のないわけでもない。
 まず田代玄甫たしろげんぽの書いた「旅硯たびすずり」の中の文によれば、伝吉は平四郎のまげぶしへたこをひっかけたと云うことである。
 なおまた伝吉の墓のある笹山村の慈照寺じしょうじ浄土宗じょうどしゅう)は「孝子伝吉物語」と云う木版の小冊子しょうさっしわかっている。この「伝吉物語」によれば伝吉は何もした訣ではない。ただそのつりをしている所へ偶然来かかった平四郎に釣道具を奪われようとしただけである。
 最後に小泉孤松こいずみこしょうの書いた「農家のうか義人伝ぎじんでん」の中の一篇によれば、平四郎は伝吉のいていた馬に泥田どろた蹴落けおとされたと云うことである。(註三)
 とにかく平四郎は腹立ちまぎれに伝吉へ斬りかけたのに違いない。伝吉は平四郎に追われながら、父のいる山畠やまばたへ逃げのぼった。父の伝三はたった一人ひとり山畠の桑の手入れをしていた。が、子供の危急ききゅうを知ると、いもの穴の中へ伝吉を隠した。芋の穴と云うのは芋をかこう一畳敷ばかりの土室つちむろである。伝吉はその穴の中に俵のわらをかぶったまま、じっと息をひそめていた。
「平四郎たちまち追い至り、『老爺おやじ、老爺、小僧はどちへ行ったぞ』と尋ねけるに、伝三もとよりしたたかものなりければ、『あの道を走り行き候』とぞあざむきける。平四郎そのほうへ追い行かんとせしが、ふと伝三の舌をきたるを見咎みとがめ、『土百姓どびゃくしょうめが、大胆だいたんにも□□□□□□□□□□□(虫食いのために読み難し)とて伝三を足蹴あしげにかけければ、不敵の伝三腹をえ兼ね、あり合うくわをとるより早く、いざさらば土百姓の腕を見せんとぞ息まきける。
「いずれ劣らぬ曲者くせものゆえ、しばく(シの誤か)は必死に打ち合いけるが、……
「平四郎さすがに手だれなりければ、思うままに伝三を疲らせつつ、打ちかくる鍬を引きはずすよと見るに、伝三の肩さきへ一太刀ひとたち浴びせ、……
「逃げんとするを逃がしもやらず、おがみ打ちに打ち放し、……
「伝吉のありかには気づかずありけん、悠々と刀など押し拭い、いずこともなく立ち去りけり。」(旅硯たびすずり
 脳貧血のうひんけつを起した伝吉のやっと穴の外へい出した時には、もうただ芽をふいた桑の根がたに伝三の死骸しがいのあるばかりだった。伝吉は死骸にとりすがったなり、いつまでも一人じっとしていたが、涙は不思議にも全然睫毛まつげうるおさなかった。その代りにある感情の火のように心をがすのを感じた。それは父を見殺しにした彼自身に対する怒だった。理が非でもあだを返さなければ消えることを知らない怒だった。
 そのの伝吉の一生はほとんどこの怒のために終始したと云ってもよい。伝吉は父をほうむったのち長窪ながくぼにいる叔父おじのもとに下男げなん同様に住みこむことになった。叔父は枡屋善作ますやぜんさく(一説によれば善兵衛ぜんべえ)と云う、才覚さいかくいた旅籠屋はたごやである。(註四)伝吉は下男部屋に起臥きがしながら仇打あだうちの工夫くふうらしつづけた。この仇打の工夫についても、諸説のいずれが正しいかはしばらく疑問に附するほかはない。
(一)「旅硯」、「農家義人伝」等によれば、伝吉は仇の誰であるかを知っていたことになっている。しかし「伝吉物語」によれば、服部平四郎はっとりへいしろうの名を知るまでに「三星霜せいそうけみし」たらしい。なおまた皆川蜩庵みながわちょうあんの書いた「」の中の「伝吉がこと」も「数年を経たり」とことわっている。