兵馬倥偬の人(へいばこうそうのひと)

 わたくしは舊幕府の家來で、十七の時に京都二でうの城(今の離宮)の定番ぢやうばんといふものになつて行つた。江戸を立つたのが、元治ぐわんぢ元年の九月で、例の蛤御門はまぐりごもんたゝかいのあつてから二個月かげつのちの事である。一體私は親子の縁が薄かつたと見えて、その十七の時に兩親に別れてからは、片親と一緒に居る時はあつたが、兩親と一緒に居ることは殆んどなかつた。誠に私が非常な窮迫の折に死んだ母親の事などを考へると、今でも情けない涙が出る。
 其中そのうちに將軍家の長州進發といふ事になつた。それが則ち昭徳院せうとくゐんといふ紀州きしう公方くぼう――慶喜けいき公の前代の御人ごじんである。すこぶる人望のある御人であつたが大阪の行營ぎやうえいこうぜられたので、そこで慶喜公が其後そのゝちを繼いで將軍となられたのである。
 其頃、江戸の、今の水道橋内すゐどうばしうちさきちやうの所に講武所といふものがあつた。其所そこは幕府の家來が槍だとか、劍だとか、じうだとか、鐵砲だとかを稽古するところで、私の親父は其の鎗術の世話心得せわこゝろえといふ役に就いて居た。で講武所總體は右の御進發の御供おんとも、親父も同じく大阪に滯在するうち徒目附かちめつけといふ役に轉じた。そこで私も京都の方をして、親父と一緒に大阪に來て居た。
 丁度その時は親父の親友に御目附おめつけ木城きしろ安太郎やすたらうといふ人が居た。私も其以前そのいぜんから知つて居る人。――何處どこで聞いたか私の大阪に來てゐるといふことを知つて「直太郎なほたらう(私)も當地ださうだ。遊んでゐるなら私のうちの書生に寄越よこしたらうだ。」といふ話。親父も喜んでわしに話す元來御目附といへば天下の樞機にあづかる人。其人のうちれば自然海内かいだいの形勢も分かるであらう。わたくしが京都を去つて大阪に來たのも一つは其の當時の形勢入求の趣意であるから、渡りに舟と喜んで、木城氏の所へ行つた。無論其時分は文學者にならうなどといふ料見はない。(もつとも今も文學者のつもりでもないが。)むしろさういふ御目附、即ち當時の樞機に參する役人にならうと思つて居た。然しその時分の役人になるといふのは、今のそれとは心持に於いて違つて居る。其時分の我々は何處どこ迄も將軍家の譜代の家來だから、其の役人になるも、金を貰つて身を賣るではなく、主君なる將軍家に我が得た所を以て奉公をする。いはゆる公儀の御役おやくに立たうといふごく單純な考へであつた。然して此心は大抵な人が皆同じであつたらうと思つて居る。
 兎角するうちに、木城氏はくわんしう荒地くわうち開墾御用係といふものを命ぜられた。そして御勘定奉行ごかんぢやうぶぎやう小栗下總守をぐりしもふさのかみといふ人と一緒に、大阪から江戸に下つて來た。わしもその一行のうちに居た。どういふ譯で關八州の開墾をするかといふと、其時分幕府の基礎が大分だいぶ怪しくなつて來たので、木城氏や小栗氏の考へでは、遠からぬうちに江戸と京都と干戈相見あいまみゆる時が來るであらう、愈々いよ/\うなつたら仙臺せんだい會津あいづ庄内しようないと東北の同盟を結んで、東海道は箱根、木曾街道は碓井うすゐ、この両口りようぐちを堅固に守つて、天下の形勢を見るより外はないといふ、つまり箱根から向う、碓井から先は、むを得ずんば打捨うつちやる覺悟であつたので、さてこそ關八州を開墾して兵食を足さうといふ考へが起つたのである。隨分泥棒をつかまへて繩をふと云ふやうな話であるが、然も其時は事實あれ程の急劇きふげきな變化、即ち三年後に江戸が東京になる程の變化が來やうとは思はなかつたので、悲しくても、まだ五年や十年の幕府の命脉はあるだらうと思つて居た。
 そこで農事に委しい人を頼まうといふことになつて相馬さうま藩から二みやきんらう尊徳そんとく翁の、其頃五十餘の大兵だいへうな人)をび、伊豆の代官江川えがは氏の手附てづき河野鐵平かうのてつへいといふ人をもめした。其外にも開墾水理に明るい人が幾らもやつて來た。兎に角、まだ其頃までは幕府の勢力があつたので其御用となることは、さういふ人達に取つては非常な榮譽であつたのである。それでわざ/\遠いところから來て呉れた。
 さて小栗總州そうしう、木城安太郎を兩大將に、それに附屬する我々に至るまで――わたくしはまだブランサンであつたが、一寸ちよつとお目附方の息子といふので、參謀官の見習ひといふやうなところで居た。――で或る時は庄屋名主なぬし五人組などいふ人物と引合ふ、或る時は神主や和尚さんとも談判する。十一月の廿七日かに大山おほやまの(相州)うしろの丹波山たんばやまの森へはいつた時などは雪中せつちうで野宿同樣な目をした事もある。隨分ひどい目に遇ひながら、先づ相摸と武藏のあら方、それから上野かうづけの一部を歩いて、慶應けいおう二年の暮おし詰めて江戸へ歸つた。其時に得た學問は、右の開墾や水理すべて地方ぢかたの事で、秣場まつぢやうつぶして畑地とする損益とか、河流の改修に就いての利害とか、その土地々々でいろ/\な問題に出遇つて、種々な研究をしつゝ歩いた。