葬列(そうれつ)

 久し振で歸つて見ると、嘗ては『眠れる都會』などと時々土地の新聞に罵られた盛岡も、五年以前とは餘程その趣きを變へて居る。先づ驚かれたのは、昔自分の寄寓して居た姉の家の、今裕福らしい魚屋の店と變つて、恰度自分の机の置いた邊と思はれるところへ、吊された大章魚おほだこの足の、極めてダラシなく垂れて居る事である。昨日二度、今朝一度、都合三度此家の前を通つた自分は、三度共大章魚の首縊を見た。若しこれが昔であつたなら、う何日も賣れないで居ると、屹度、自分が平家物語か何か開いて、『うれしや水鳴るは瀧の水日は照るとも絶えず、……フム面白いな。』などと唸つてるところへ、腐れた汁がポタリ/\と、襟首に落ちようと云ふもんだ。願くは、今自分の見て居るうちに、早く何處かの内儀おかみさんが來て、全體みんなでは餘計だらうが、アノ一番長い足一本だけでも買つて行つて呉れゝばいゝに、と思つた。此家ここの隣屋敷の、時は五月の初め、朝な/\學堂へ通ふ自分に、目も覺むる淺緑の此上こよなく嬉しかつた枳殼垣からたちがきも、いづれ主人あるじは風流をせぬ醜男か、さらずば道行く人に見せられぬ何等かの祕密を此屋敷にかくして置くていの男であらう、今は見上げる許り高い黒塗の板塀になつて居る。それから少許すこし行くと、大澤河原から稻田を横ぎつて一文字に、幅廣い新道が出來て居て、これに隣り合つた見すぼらしい小路こうぢ――自分の極く親しくした藻外という友の下宿の前へ出る道は、今廢道同樣の運命になつて、花崗石みかげいし截石きりいしや材木が處狹きまで積まれて、その石や木の間から、尺もある雜草が離々りゝとして生ひ亂れて居る。自分は之を見て唯無性に心悲うらがなしくなつた。暫らく其材木のはしに腰掛けて、昔の事を懷うて見ようかとも思つたが、イヤ待てこんな晝日中に、宛然さながら人生の横町とつた樣な此處を彷徨うろついて何か明處あかるみで考へられぬ事を考へて居るのではないかと、通りがかりの巡査に怪まれでもしては、一代の不覺と思ひ返へしてめた。然し若し此時、かの藻外と二人であつたなら、屹度外見みえはばからずに何か詩的な※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)たちまはりを始めたに違ひない。兎角人間は孤獨の時に心弱いものである。此變遷は、自分には毫も難有ありがたくない變遷である。恁な變樣かはりやうをする位なら、寧ろ依然やはり『眠れる都會』であつて呉れた方が、自分並びに『美しい追憶の都』のために祝すべきであるのだ。以前もと平屋造ひらやづくりで、一寸見には妾の八人も置く富豪の御本宅かと思はれた縣廳は、東京の某省に似せて建てたとかで、今は大層立派な二階立の洋館になつて居るし、盛岡の銀座通と誰かの冷評ひやかした肴町呉服町には、一度神田の小川町で見た事のある樣な本屋や文房具店も出來た。就中破天荒な變化と云ふべきは、電燈會社の建つた事、女學生の靴を穿く樣になつた事、中津川に臨んで洋食店レストウラントの出來た事、荒れ果てた不來方城こずかたじやうが、幾百年來の蔦衣つたごろもを脱ぎ捨てて、岩手公園とハイカラ化した事である。禿頭に産毛うぶげが生えた樣な此舊城の變方などは、自分がモ少し文學的な男であると、『あゝ、汝不來方の城よ※[#感嘆符三つ、39-上-17] 汝は今これ、漸くに覺醒し來れる盛岡三萬の市民を※(「口+敢」、第3水準1-15-19)かかんしつつ、……文明の儀表ぎへうなり。昨の汝が松風名月のうらみとこしなへに盡きず……なりしを知るものにして、今來つて此盛裝せる汝に對するあらば、誰かまた我と共にひざまづいて、汝を讃するの辭なきに苦しまざるものあらむ。疑ひもなく汝はこれ文明の仙境なり、新時代の樂園なり。……然れども思へ、――我と共に此一片の石に踞して深く/\思へ、昨日杖を此城頭に曳いて、鐘聲を截せ來る千古一色の暮風に立ち、涙を萋々せい/\たる草裡に落したりし者、よくこの今日あるを豫知せりしや否や。……然らば乃ち、春秋いく度か去來して世紀また新たなるの日、汝が再び昨の運命を繰返して蔦蘿雜草てうらざつさうの底に埋もるるなきを誰か今にして保し得んや。……噫已んぬる哉。』などとやつてのけるたねになるのだが、自分は毛頭こんな感じは起さなんだ。何故なぜといふまでもない。漸々やう/\開園式が濟んだ許りの、文明的な、整然きちんとした、別に俗氣のない、そして依然やはり昔と同じ美しい遠景を備へた此新公園が、少からず自分の氣に入つたからである。可愛い兒供こどもの生れた時、この兒も或は年をつてから悲慘みじめ死樣しにざまをしないとも限らないから、いつそ今斯うスヤ/\と眠つてるうちに殺した方がいゝかも知れぬ、などと考へるのは、實に天下無類の不所存と云はねばならぬ。だから自分は、此公園にのぼつた時、不圖ふと次の樣な考を起した。これは、人の前で、殊に盛岡人の前では、ちと憚つて然るべき筋の考であるのだが、茲は何も本氣で云ふのでなくて、唯ついでに白状するのだから、別段差閊さしつかへもあるまい。考といふとかうだ。此公園を公園でなくて、ツマリ自分のものにして、人のはひられぬ樣に厚い枳殼垣からたちがきを繞らして、本丸の跡には、希臘か何處かの昔の城を眞似た大理石の家を建てて、そして、自分は雪より白い髮をドッサリと肩に垂らして、露西亞の百姓の樣な服を着て、唯一人其家に住む。終日讀書をする。霽れた夜には大砲の樣な望遠鏡で星の世界を研究する。曇天か或は雨の夜には、空中飛行船の發明に苦心する。空腹を感じた時は、電話で川岸の洋食店から上等の料理を取寄せる。尤も此給仕人は普通たゞの奴では面白くない。顏は奈何どうでも構はぬが、十八歳で姿の好い女、曙色か淺緑の簡單な洋服を着て、面紗ヴェールをかけて、音のしない樣に綿を厚く入れた足袋を穿いて、始終無言でなければならぬ。掃除するのは面倒だから、可成なるべく散らかさない樣に氣を附ける。そして、一年に一度、昔羅馬皇帝が凱旋式に用ゐたくるま――それにねて『即興詩人』のアヌンチャタが乘※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)したくるま、にねた輦に乘つて、市中を隈なく※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)る。若し途中で、或はあしなへ、或は盲人めくら、或は癩を病む者、などに逢つたら、(その前に能く催眠術の奧義を究めて置いて、)其奴の頭に手が觸つた丈で癒してやる。……考へた時は大變面白かつたが、かう書いて見ると、興味索然たりだ。饒舌おしやべりは品格をそこなふ所以である。