歌時計(うたどけい)

   序

 この小さな童謠集を「歌時計」と名づけたのは、べつに深い意味はない。
 わたくしはただ、驚異のねぢを卷いて、そのほどけるがままに、澄み切つた歌をうたひたいと思ふから、あへてかういふ名をつけたのであるが、赤や紫や青の、夢のきれはしを投げつけて、少年のわたしの心をさざなみ立たせたところの、あの「歌時計」の歌のやうな、それほどの魅力がわたしの童謠にあるかないか。
 だが、そんな反省にくすぶると、この小さな童謠集に、小さいながらにも、この兩三年間の選集であるだけに、わたしの眉はくもらざるを得ないが、とにかく、歌時計のねぢは健全なる自製であるから、その快よき理由で、自分だけとしては、眉のくもりは追ひ拂ふことにしよう。
 なほ、この童謠集のために、いろいろお世話していただいた大島庸夫君に感謝したい。
  昭和四年四月

著者
[#改丁]

   目次
小鳥
風と繪本
露の小人
ジヤム地獄
トランプちやん
桃太郎
ポケツト
すみれとてふてふ
つかまへたいな

さくらの花道
春の山
あがり目さがり目
だだつ子
柳と松
りんごの皮むき
春が來た
野の花
白い齒
葉山の海
おもひで話
白いお手
風と月
あがり双六
雲の羊
口わる烏
野原と小川
足柄山
ふしぎな人形
自動車
五つの色
ねむり姫
押しくらまんぢゆう
さくらと雀
白いマント
いい毛布
お菓子
手紙
巨きな百合
芒と月
青いかげ
秋風
ほんとにしないけど
おとぎばなし



とんてんかん
岐阜提灯
おるすばん
泥の鳩
白い百合
父さんのマント
[#改丁]

歌時計
  ――今のわたしにとつて、子供は
     小さいフェーヤリである。――
[#改丁]

   小鳥

あかるい日ざし
小枝こえだのなかの
小鳥ことりのかげが
障子にうつる
ちらちらうつる。

障子をけりや
びつくりしたか
小鳥はんで
小枝がゆれる
こまかくゆれる。

あかるいざし
小鳥は逃げて
姿すがたせぬ
見せぬがうたふ
どこかでうたふ。
[#改ページ]

   風と繪本

だあれもゐない
あたしの部屋へや
風がぱたぱた
繪本をめくる

おいしいお菓子の
繪のあるペーヂ
風はしばらく
見とれてゐたよ。

きつとちひちやい
子供の風だ
あそばうと思つたら
すぐげちやつた。
[#改ページ]

   露の小人

白百合 白百合
花のなかに
露の小人が
五六人。

おねども白い
まくらも白い
みんなぐつすり
ねむつてた。

白百合 白百合
風が來て
ゆすぶりや露の
小人たち。

お目々さまして
あくびして
ころころころと
ころげた。
[#改ページ]

   ジヤム地獄

落ちた落ちたよ
小さな蠅が
赤いあんずの
ジヤム地獄。

出よう飛ばうと
あせつたけれど
羽根や手足てあし
ねばつくばかり。

泣いた泣いたよ
小さな蠅は
助けておくれと
聲はりあげて。

けれどぼくなら
もしちたつて
落ちてうれしい
ジヤム地獄。
[#改ページ]

   トランプちやん

かはいい
あかちやん
トランプちやん。

あかちやん
くち
ダイヤの一。
かほのなかで
たつた一つ
赤い。

かはいい
あかちやん
トランプちやん。

あかちやん
ひとみは
クラブの二。
お顏のなかで
ならんで
黒い。
[#改ページ]

   桃太郎

桃から桃太郎
うまれたとさ
桃太郎生れる
桃はないか。

たくさん桃つて
さがさうか
いくつも桃つて
さがさうか。

それとも川へ
こかしら
桃がながれて
來るかしら

もしも桃から
もうひとり
桃太郎生れりや
うれしいな。
[#改ページ]

   ポケツト

ぼくの上着うはぎにや
ポケツトが
二つあるけど
つまんない。

だつてお菓子くわし
ゴムまりと
ピストル入れりや
いつぱいだ。

手帳てちやう獨樂こま
ほそびきや
ぼくにや入れたい
ものばかり。

大きなポケツト
よつつある
とうさんの上着は
すてきだな。
[#改ページ]

   すみれとてふてふ

かすみのこめた
ゆふまぐれ
小山のかげの
話しごゑ。

――とめて下さい。
  すみれさん
  けふはほんとに
  つかれたわ。

――どうぞおとまり
  てふてふさん
  あたしのとこで
  よかつたら。

なんてやさしい
話しごゑ
のぞいて見れば
てふてふは

ちひさいすみれの
花のかげ
とんとんとろりと
もうねてた。
[#改ページ]

   つかまへたいな

つかまへたいな
まつ白いくも
お空でをどる
まつ白い雲を。

つかまへたいな
ちひちやな風を
つぱをゆする