狸のお祭り(たぬきのおまつり)

      一

 むかし、ある片田舎かたいなか村外むらはずれに、八幡様はちまんさまのお宮がありまして、お宮のまわりは小さな森になっていました。
 秋の大変月のいい晩でした。その八幡様の前を、鉄砲を持った二人の男が通りかかりました。次郎七じろしち五郎八ごろはちという村の猟師りょうしでありまして、その日遠くまで猟に行って、帰りが遅くなったのでした。どういうものか、その日は一匹も獲物がありませんでしたから、二人はがっかりして、口もかずに急ぎ足で、八幡様の前を通り過ぎようとしました。まるい月が空にかかっていて、昼間のように明るうございました。すると、先に歩いていた次郎七がふと立ち止まって、八幡様の横にある、大きなむくの木を見上げました。五郎八も[#「五郎八も」は底本では「五郎七も」]立ち止まって、同じく椋の木を見上げました。そして二人はしばらく、ぼんやり眺めていました。それももっともです。椋の木の高い枝に、一匹のたぬきが上って、腹鼓はらづつみを打ってるではありませんか。
 秋も末のことですから、むくの木の葉はわずかしか残っていませんでした。その淋しそうなはだかの枝を、明るい月の光りがくっきりと照らし出していました。そして一本の大きな枝の上に、たぬきがちょこなんと後足で座って、まるいお月様を眺めながら、大きな腹を前足で叩いているのです。

ポンポコ、ポンポコ、ポンポコポン、
ポンポコ、ポンポコ、ポンポコポン。

 次郎七と五郎八は、あっけにとられて、しばらく狸の腹鼓はらづつみを聞いていました。それから初めてわれに返ると、五郎八は次郎七の肩を叩いて言いました。
空手からてで戻るのもいまいましいから、あの狸でも撃ってやろうか」
「そうだね」と次郎七も答えました。「狸の皮は高いから、可哀かわいそうだが撃ち取ってやろう」
 そして二人は鉄砲に弾丸たまをこめ始めました。
 ところが、その話が聞えたのでしょう、狸は腹鼓をやめて、じろりと二人の方を見下ろしました。そしておかしな手付てつきを――いや、狸ですから足付あしつきというのでしょうが、それをしますと、急に狸の姿が見えなくなって、後には椋の木の頑丈がんじょうな枝が、月の明るい空に黒く浮き出してるきりでした。
 次郎七と五郎八とは、またあっけにとられて、夢でもみたような気がしました。それからいまいましそうに舌打したうちをして、弾丸のこもった鉄砲をかついで、帰りかけました。
 八幡様はちまんさまの森を出て、村の中にはいろうとすると、これはまた意外です、道のまん中にさっきの狸が後足あとあしで立って、こちらを手招きしながら踊ってるではありませんか。
 次郎七と五郎八とは、黙って合図をして、鉄砲でそのたぬきを狙い、一二三という掛声かけごえと共に、二人一緒に引金を引きました。ズドーンと大きな音がして、狸はばたりと倒れました。二人は時を移さず駆けつけてみますと、これはまたどうでしょう、大きな石が弾丸たまに当たって、二つに割れて転がっているのです。
 二人はばかばかしいやら口惜くやしいやらで、じだんだふんで怒りました。きっと狸にかされたに違いないと、そう思いました。そして、是非ぜひとも狸を退治たいじしてやろうと相談しました。

      二

 翌日二人は、八幡様はちまんさまの小さな森に出かけて、狸の巣をくまなく探し廻りました。しかしどこにもそれらしいのは見当りませんでした。けれども、晩にはまた出て来るかも知れないと思って、月が出るのを待ってふたたび行ってみました。
 月は前の晩と同じように、綺麗きれいに輝いていました。昼間のように遠くまで見渡せました。二人は八幡様の前へ行って、例のむくの木を見上げました。すると狸はいませんでしたが、たくさんの椋鳥むくどりがその枝にとまっていました。
「あいつでも撃ってやれ」と二人は言いました。
 そして二人一緒に鉄砲のねらいをつけて、打ち放しました。二羽の椋鳥がひらひらと落ちてきました。二人はそれを拾い上げました。それからまた見上げると、他の椋鳥むくどりは逃げもしないで、ちゃんと元の枝にとまってるではありませんか。
「晩だから眼が見えないのかな」と次郎七が言いました。
「きっと眠っているんだろう」と五郎八が言いました。
 それから二人は、椋鳥を片端かたはしから撃ち落としました。二十羽あまりもいた椋鳥を、すっかり撃ってしまいました。それを二人で分けて、喜んで帰ってゆきました。
 次郎七は勢いよく家に飛び込んで、たぬきはいなかったがこんな物を取ってきた、と言いながら椋鳥をたたみの上に放り出しました。その顔をおかみさんはじっと見ていましたが、思わずぷっとふきだしてしまいました。