文語詩稿 一百篇(ぶんごしこう いっぴゃっぺん)

    目次


岩手公園
選挙
崖下の床屋
祭日〔一〕
保線工手
〔南風の頬に酸くして〕
種山ヶ原
ポランの広場
巡業隊

医院
〔沃度ノニホヒフルヒ来ス〕
〔みちべの苔にまどろめば〕
〔二山の瓜を運びて〕
〔けむりは時に丘丘の〕
〔遠く琥珀のいろなして〕
心相
肖像
暁眠
旱倹
〔老いては冬の孔雀守る〕
老農
浮世絵
歯科医院
〔かれ草の雪とけたれば〕
退耕
〔白金環の天末を〕
早春
来々軒
林館開業
コバルト山地
旱害地帯
〔鐘うてば白木のひのき〕
早池峯山巓
社会主事 佐伯正氏
市日
廃坑
副業
紀念写真
塔中秘事
〔われのみみちにたゞしきと〕

〔猥れて嘲笑あざめるはた寒き〕
岩頸列
病技師〔一〕
酸虹
柳沢野
軍事連鎖劇
峡野早春
短夜
〔水楢松にまじらふは〕
硫黄
二月
日の出前
岩手山巓
車中〔二〕
化物丁場
開墾地落上
〔鶯宿はこの月の夜を雪降るらし〕
公子
〔銅鑼と看版 トロンボン〕
〔古き勾当貞斎が〕
涅槃堂
悍馬〔二〕
巨豚
眺望
山躑躅
〔ひかりものすとうなゐごが〕
国土
〔塀のかなたに嘉莵治かも〕
四時
羅紗売
臘月
〔天狗蕈 けとばし了へば〕

〔秘事念仏の大師匠〕〔二〕
〔廐肥をになひていくそたび〕
黄昏
式場
〔翁面 おもてとなして世経るなど〕
氷上
〔うたがふをやめよ〕
電気工夫
〔すゝきすがるゝ丘なみを〕
〔乾かぬ赤きチョークもて〕
〔腐植土のぬかるみよりの照り返し〕
中尊寺〔一〕
嘆願隊
〔一才のアルプ花崗岩みかげを〕
〔小きメリヤス塩の魚〕
〔日本球根商会が〕
庚申
賦役
〔商人ら やみていぶせきわれをあざみ〕
風底
〔雪げの水に涵されし〕
病技師〔二〕
〔西のあをじろがらん洞〕
卒業式
〔燈を紅き町の家より〕


[#改丁]




  母


雪袴黒くうがちし     うなゐの子瓜みくれば
風澄めるよもの山はに   うづまくや秋のしらくも

その身こそ瓜も欲りせん  としわかき母にしあれば
手すさびに紅き萱穂を   つみつどへ野をよぎるなれ



  岩手公園


「かなた」と老いしタピングは、  杖をはるかにゆびさせど、
東はるかに散乱の、        さびしき銀は声もなし。

なみなす丘はぼうぼうと、     青きりんごの色に暮れ、
大学生のタピングは、       口笛軽く吹きにけり。

老いたるミセスタッピング、    「去年こぞなが姉はこゝにして、
中学生の一組に、         花のことばを教へしか。」

弧光燈アークライトにめくるめき、       羽虫の群のあつまりつ、
川と銀行木のみどり、       まちはしづかにたそがるゝ。



  選挙


(もつて二十をち得んや)   はじめの駑馬うまをやらふもの
(さらに五票もかたからず)   雪うち噛める次の騎者
(いかにやさらば太兵衛一族まき)  その馬弱くまだらなる
(いなうべがはじうべがはじ)  懼るゝ声はそらにあり



  崖下の床屋


あかりをれし古かゞみ、  客あるさまにみまもりて、
唖の子鳴らすから鋏。

かゞみは映す崖のはな、  ちさき祠に蔓垂れて、
三日月凍る銀斜子ななこ

いてたつ泥をほとほとと、  かまちにけりて支店長、
玻璃戸の冬を入り来る。

のれんをあげて理髪技士、  白き衣をつくろひつ、
弟子の鋏をとりあぐる。



  祭日〔一〕


谷権現の祭りとて、     麓に白き幟たち、
むらがり続く丘丘に、    の数のしどろなる。

頴花はな青じろき稲むしろ、   水路のへりにたゝずみて、
朝の曇りのこんにやくを、  さくさくさくと切りにけり。



  保線工手


マミの毛皮を耳にはめ、    シャブロの束に指組みて、
うつろふ窓の雪のさま、   黄なるまなこに泛べたり。

雪をおとして立つ鳥に、   妻がけはひのしるければ、
仄かに笑まふたまゆらを、  松は畳めり風のそら。



  〔南風の頬に酸くして〕


南風の頬に酸くして、  シェバリエー青し光芒。

天翔る雲のエレキを、  とりも来て蘇しなんや、いざ。



  種山ヶ原


春はまだきのあけ雲を
アルペン農の汗に燃し
繩と菩提樹皮マダカにうちよそひ
風とひかりにちかひせり

繞る八谷に劈櫪の
いしぶみしげきおのづから
種山ヶ原に燃ゆる火の
なかばは雲に鎖さるゝ



  ポランの広場


つめくさ灯ともす  宵の広場
むかしのラルゴを  うたひかはし
雲をもどよもし   夜風にわすれて
とりいれまぢかに  歳よれぬ

組合理事らは    藁のマント
山猫博士は     かはのころも
醸せぬさかづき   その数しらねば