輪まはし(わまわし)

ついぢの
椿の花のした、
ここから
輪まはし
  かけてつた。

木ぎれで
ひいた横の線、
ここから
からから
  かけてつた。

帽子に
椿の花插して、
ぬくとい
垣根に
  そつてつた。

ついぢに
もたれてあつち見て、
あの子が
ひとり
  まつてゐる。