ひかりの素足(ひかりのすあし)

      一、山小屋

 鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましました。
 もうすっかり夜があけてゐたのです。
 小屋の隅から三本の青い日光の棒が斜めにまっすぐに兄弟の頭の上を越して向ふのかやの壁の山刀やはむばきを照らしてゐました。
 土間のまん中ではほだが赤く燃えてゐました。日光の棒もそのけむりのために青く見え、またそのけむりはいろいろなかたちになってついついとその光の棒の中を通って行くのでした。
「ほう、すっかり夜ぁ明げだ。」一郎はひとりごとをひながら弟の楢夫ならをの方に向き直りました。楢夫の顔はりんごのやうに赤く口をすこしあいてまだすやすやねむって居ました。白い歯が少しばかり見えてゐましたので一郎はいきなり指でカチンとその歯をはじきました。
 楢夫は目をつぶったまゝ一寸ちょっと顔をしかめましたがまたすうすう息をしてねむりました。
「起ぎろ、楢夫、夜ぁ明げだ、起ぎろ。」一郎は云ひながら楢夫の頭をぐらぐらゆすぶりました。
 楢夫はいやさうに顔をしかめて何かぶつぶつ云ってゐましたがたうとううすく眼を開きました。そしていかにもびっくりしたらしく
「ほ、山さ来てらたもな。」とつぶやきました。
昨夜ゆべな今朝方けさかだだ※[#小書き平仮名た、240-7]がな、火ぁでらたな、おべだが。」
 一郎が云ひました。
「知らなぃ。」
「寒くてさ。お父さん起ぎて又燃やしたやうだっけぁ。」
 楢夫は返事しないで何かぼんやりほかのことを考えてゐるやうでした。
「お父さんそどかせぃでら。さ、起ぎべ。」
「うん。」
 そこで二人は一所いっしょにくるまって寝た小さな一枚の布団から起き出しました。そして火のそばに行きました。楢夫はけむさうにめをこすり一郎はじっと火を見てゐたのです。
 外では谷川がごうごうと流れ鳥がツンツン鳴きました。
 その時にはかにまぶしい黄金きんの日光が一郎の足もとに流れて来ました。
 顔をあげて見ますと入口がパッとあいて向ふの山の雪がつんつんと白くかゞやきお父さんがまっ黒に見えながら入って来たのでした。
「起ぎだのが。昨夜ゆべな寒ぐなぃがったが。」
「いゝえ。」
「火ぁでらたもな。おれぁ二度起ぎで燃やした。さあ、口すすげ、ままでげでら、楢夫。」
「うん。」
「家ど山どどっちぁい。」
「山の方ぁい、い※[#小書き平仮名ん、241-7]とも学校さ行がれなぃもな。」
 するとお父さんがなべを少しあげながら笑ひました。一郎は立ちあがって外に出ました。楢夫もつづいて出ました。
 何といふきれいでせう。空がまるで青びかりでツルツルしてその光はツンツンと二人の眼にしみ込みまた太陽を見ますとそれは大きな空の宝石のやうにだいだいや緑やかゞやきの粉をちらしまぶしさに眼をつむりますと今度はその蒼黒あをぐろいくらやみの中に青あをと光って見えるのです、あたらしく眼をひらいては前の青ぞらに桔梗ききゃういろや黄金きんやたくさんの太陽のかげぼふしがくらくらとゆれてかゝってゐます。
 一郎はかけひの水を手にうけました。かけひからはつららが太い柱になって下までとゞき、水はすきとほって日にかゞやきまたゆげをたてていかにも暖かさうに見えるのでしたがまことはつめたく寒いのでした。一郎はすばやく口をそゝぎそれから顔もあらひました。
 それからあんまり手がつめたいのでお日さまの方へ延ばしました。それでも暖まりませんでしたからのどにあてました。
 その時楢夫ならをも一郎のとほりまねをしてやってゐましたが、たうとうつめたくてやめてしまひました。まったく楢夫の手は霜やけで赤くふくれてゐました。一郎はいきなり走って行って
つめだぁが。」と云ひながらそのぬれた小さな赤い手を両手で包んで暖めてやりました。
 さうして二人は又小屋の中にはひりました。
 お父さんは火を見ながらじっと何か考へ、鍋はことこと鳴ってゐました。
 二人も座りました。
 日はもうよほど高く三本の青い日光の棒もだいぶ急になりました。
 向ふの山の雪は青ぞらにくっきりと浮きあがり見てゐますと何だかこゝろが遠くの方へ行くやうでした。
 にはかにそのいたゞきにパッとけむりか霧のやうな白いぼんやりしたものがあらはれました。
 それからしばらくたってフィーとするどい笛のやうな声が聞えて来ました。
 すると楢夫がしばらく口をゆがめて変な顔をしてゐましたがたうとうどうしたわけかしくしく泣きはじめました。一郎も変な顔をして楢夫を見ました。
 お父さんがそこで
「何した、家さ行ぐだぐなったのが、何した。」とたづねましたが楢夫は両手を顔にあてて返事もしないでかへってひどく泣くばかりでした。