幕末維新懐古談(ばくまついしんかいこだん)

 私は十四の子供で、さして役には立たぬ。大人おとなでもこの猛火の中では働きようもない。私の師匠の東雲と、兄弟子の政吉と、私の父の兼松かねまつ(父は師匠の家と私とを心配して真先に手伝いに来ていました)、それに私と四人は駒形堂の方から追われて例の万年屋の前へ持ち出した荷物を卸し、此所ここで、どうなることかと胸をとどろかしている。火勢はいやが上に募って広小路をも一舐ひとなめにせん有様でありますから、師匠は一同に向い、
「とても、この勢いではこの辺も助かるまい。大事な物だけでも、川向うへ持って行こうじゃないか」というので、籠長持かごながもちめ込んである荷物を、政吉と父の兼松とが後先あとさきに担い、師匠は大きな風呂敷包みを背負しょいました。
幸吉こうきち、お前はしばらく此所で荷物の番をしていてくれ、おれたちはまた引っ返して来るから」そういって三人は吾妻橋の方を差して出て行きました。幸吉というのは私のその時分の呼び名です。光蔵みつぞうという語音が呼びにくいのでみつこうに通わせて幸吉と呼ばれていました。

 出て行った三人は、二、三十けんほども行くと、雷門際は荷物の山、人の波で、とても大変、籠長持など差し担いにして歩くことはおろか、風呂敷包み一つさえも身には附けられぬほどの大混雑、空身からみでなければ身動きも出来ない。所詮しょせん生命いのちさえもあぶないという恐ろしい修羅場しゅらじょうになっておりますから「これでは、どうも仕方がない。生命あっての物種ものだねだ。何もかもほうり出してしまえ」というので、父の兼松と政吉とは籠長持を投げ出してしまう。果ては人波に押されまれしている中に三人は散々ちりぢりバラバラになってしまいました。

 万年屋の前に荷物の番を吩咐いいつかってひとり取り残された私は、じっと残りの荷物の番をしておりました。子供心にも、師匠や親からいいつかった荷の番の責任を感じている上に、もう一度引っ返して来るから、といって出て行った言葉もあることとて一生懸命に荷物を守っておりました。
 すると、見る見るうちに、両側の家は焼け落ちて、今にも万年屋の屋根を火先が舐めそうになって来る。と、火消しの一群が火の粉を蹴って駆け来り、その中の一人が、長梯子ながはしごを万年屋の大屋根のひさしに掛けました。そうして、するすると屋根へ上って行きました。
「おい、お前、こんな所に何をまごまごしてるんだ」
 一人の火消しは私を見て怒鳴りました。
「私は荷物の番をしてるんだ」
 そういいますと、
「何、荷物の番をしてるんだ? 途方もない。ぐつぐつしてると、荷物より先に手前の生命いのちがないぞ、早く逃げろ、早く逃げろ」
 そう怒鳴りつけますが、さりとて、私は逃げ出すわけには行かない。師匠の預かり物の番をしているので、師匠や親が、もう一度此所ここへ帰って来るまでは、何がどうあろうと踏みとどまろうと、火消しの怒鳴るのをもかまわず、やはり荷物へかじり附いていました。
 すると、仕事師の一人が、突然いきなり、私を突き飛ばして、
「逃げなきゃ死んでしまうぞ。早く逃げろ」
と、恐ろしい見幕で叫びながら、また私を突き出してくれました。私は突き飛ばされたのだか、それが突き出してくれたのだか、そんなことも夢中で、ともかく自分の身体が荷物の側から大分離れた所へはじき出されていて、二度とは、もう荷物の側へも行けないので、とうとう断念あきらめて何処どこかへ逃げて行こうと決心しました。
 しかし、逃げるにしても、何処へ逃げて行って好いか分りません。とにかく、師匠や親の行った方角へと心差して逃げ道を雷門方向に取りました。

 一方、私の父は、どうしたかというと、大混雑の中で、師匠や政吉を見失い、自分一人となると、さあ、子供のことが案じられて来ました。万年屋の前に荷物の番をさせて置いたせがれの身の上が気遣きづかわれて来ました。一念が子の上に及ぶと、兼松は顔の色が変り、必死となって人波をき分け、元の道へ取って返しました。しかし、荷物の山と人波に遮られ、あがいても、百掻もがいても人の先へは出られない。気がけば急くほど身が自由にならないので、これではいけないと、荷物の上へおどり上がり、箪笥たんす長持ながもちを踏み越え踏み越え、やっと、雷門の脇の大神宮だいじんぐう様の脇をくぐり抜けて、心ばかりは万年屋指して飛び込んで来ましたが、やはり恐ろしい人波でニッチもサッチも行かないのでした。

 私は何時いつにか、雷門の方を向いて人波の中を泳いでいました。泳いでいるといって好いか、揉み抜かれているといって好いか。人間と人間との間の板挟いたばさみにされ、両脚あしは宙に浮いて身体が波の動揺のままにゆさぶられているのです。そのくせ、眼には昼よりも明るい一面の火の幕がハッキリと見え、人の顔と、真黒な頭の頂天のチョンまげとが影絵のように映っている。そうしたままで、また良々やや暫く揉まれ抜いていると、ふと、百千の人の顔の中から、父兼松の顔を見附けました。ハッと思うと同時に、父の眼顔めがおに、私を見附けたという喜悦よろこびの表情の動くのを見ました。父は、口をいて、何かを叫び、両手を上へ揚げて、一心不乱に私の方へ突進して来ようと焦燥あせっている有様。私は私で、父を見附けると、ただ、もう、父の方へ、一本槍に進んで行こうと百掻もがいている。その間隔はたった十人か十五人位の人垣ひとがきによって押し隔てられているのですが、親も子の傍へ来ることが出来なければ、子も親の側へ寄って行くことも出来ない。心は矢竹やたけにはやれどもわれ人ともに必死の場合とて、どうすることも出来ないのでした。