茶話(ちゃばなし)

鶏小舎

4・15
東京日日(夕)

 大阪のある大きな会社で、重役の一人が労働問題の参考資料にと思つて、その会社の使用人に言ひつけて、めい/\の家の生活くらし向きを正直に書き出させたことがあつた。いゝ機会だ、ことによると、これが増給のきつかけとなるかもしれないと、職工達はてんでに自分の生活くらし向きを正直に書き出した。正直にうちあければ、うちあけるほど惨めなのはの生活だつた。
 好奇心と満足と不安とのごつちやになつた気持ちで、職工だちの報告書を調べてゐた重役は、その一つに家賃の項目が書加へてないものを発見した。その職工はすぐに重役室に呼び出された。
「なぜ、家賃の項目を書き落としたんだ。すぐ書き加へてもらひたい。」
「はい。」浅葱あさぎ服の職工は飛んだ失敗しくじりでも見つけられたやうに恐縮した。「幾らか書き込んでおいた方がいいとは思ひましたが、正直にといふお話でございましたから、そのまゝ差出しましたやうな次第で……実は家は自分の持ち物なので、家賃と申しましては一文も払つて居りません。」
「家は自分のものだつて。」重役は自分の大きな鼻を他人ひとの持ちものだと言つて、指でこつぴどくぢ曲げられたやうにびつくりした。「それは偉いな、わしなぞ、かうして重役室に納まつてはゐるが、家に帰ると見すぼらしい借家住まゐだからな。」
「どうも相済みません。」職工は重役の借家住まゐが、自分のせゐででもあるやうに恐縮した。
「家の建築費は、みんな自分で稼ぎ溜めたのか。」
「はい、みんな自分で稼ぎました。」
「それは偉い。」重役は職工の報告書に何か書き加へようとして、鉛筆を取り上げながら、眼鏡越しにちらと相手の顔を見た。「すつかりで幾らかゝつたかい。」
「はい、すつかりで二十円かゝりました。」
 職工は自分の身体からだが二十円紙幣ででもあるやうに、重役の前で皺くちやになつた。
「なに、二十円で済んだ? 戯談ぜうだんぢやない。」
 重役はからかはれでもしたやうに真ツ赤になつた。
「いえ、戯談ぜうだんなぞ申しません。鶏小舎とりこやの古いのを買ひまして、それにすまつてゐるのです。夏分なつぶんになりますと、羽虫はむしに困らされます。」
 職工は自分が雄鶏をんどりでないのを不思議がるやうな眼付をして足もとを見まはした。
「さうか、鶏小舎とりこやに住んどるのか。」
 重役の顔にちらとあはれみの色が見えたが、すぐまた相手が蹴爪けづめでももつてゐはしないか、と気づかふやうな不安さうな顔つきに変つた。


女優と花束

4・16
東京日日(夕)

 女優の舞台生活といふものは、表と裏とちがつて、どこの国でもからくりの多いものだが、女優モウド・アダムスの話しによると、ある時この人の一座で出し物の名はわすれたが、人気のある脚本の一つを演じた事があつた。幕がしまると、女優の一人がおそろしく機嫌をそこねた顔つきで、自分の男衆に向かつて、何か口やかましく我鳴りたててゐた。アダムスがその男にどうしたのだときくと、男衆はふくれつらをしていつた。
「なにね、今夜いただいた花束が九つしきや無かつたので、あんなに※(「弗+色」、第3水準1-90-60)くれてるんですよ。」
「えらいわね。」アダムスは感心したやうに首をふつた。「それだのに何だつて不足をいつてるの。」
「いえね。」男衆はくすぐつたさうにおとがひへ手をやつた。「あの人は花屋に十個とをだけ代金を払つておいたつていつてるんです。」


東京日日(夕)

 アメリカの前大統領タフトの直話ぢきわである。
 タフトの友人に一人の弁護士があつて、ある刑事事件に関係した被告を、ひどい神経衰弱で精神状態があやしいからと弁護して、うまく無罪の宣告を受けさせたことがあつた。弁護士が約束の弁護料を請求すると、依頼人はにべもなく断わつた。
「なぜ払はんのか。」弁護士は雄鶏をんどりのやうに胸をそらせた。
「あなたは私を精神状態があやしいといつて弁護して下さいましたね。」
 依頼人は裁判官のやうな調子でだめをおした。
「さうだ。」
「するとですね。」依頼人はいつた。「あなたは精神状態のあやしいものから報酬をとる事になりますが、それでもかまはないんですか。」
 おかげで、報酬は払はなくともいゝ事になつた。


東京日日(夕)

 美しい女をほめるのにいろいろな方法がある。バルザツクなどは、単にその点からいつても、すぐれた技巧をもつてゐたが、そのバルザツクすらとても追つつかない程の、うまい御機嫌とりをいつたものがある。それを受けたのは、美人で評判のデヴオンシヤア公爵夫人で、夫人がある時さびしい町角で馬車からおりようとすると、石炭担ぎの労働者が一人みちの片側にしやがんで、口にくはへたパイプをつけようとしてゐた。石炭担ぎはひと目公爵夫人の顔を見るなり、じつと眼を見すゑたまゝ、うつとりとしてゐたが、暫くすると急ににこ/\して口を切つた。