幕末維新懐古談(ばくまついしんかいこだん)

 さて、話は自然私がどうして石川光明氏と交を結ぶことになったかということに落ちて来ます。それを話します。
 明治十五年、私は西町三番地の家で毎日仕事をしておりました。仕事場は往来を前にした処で、前述の通りのように至って質素な、ただ仕事が出来るという位の処であった。
 その頃、木彫りは衰え切っている。しかし牙彫りの方は全盛で、この方には知名の人が多く立派に門戸を張ってやっている。そのうちで私は石川光明氏の名前は知っておりました。それは明治十四年第二回勧業博覧会に同氏の出品があって、それを見て、心ひそかに感服したのでくその名を覚えていました。
 同氏の出品は薄肉の額で、同氏得意のもので、世評も大したものであったらしく、私が見ても牙彫げちょう界恐らくこの人の右に出るものはなかろうと思いました。しかし、その人は知らない。またこの時に島村俊明氏兄弟の出品もあり、これもなかなかすぐれていると感服して見たことで、光明氏なり、俊明氏なり、いまだ逢ったこともなく顔は見知らぬが定めし立派な人であろうと思うておりました。
 光明氏はその頃下谷竹町たけちょう生駒いこま様の屋敷中に立派な邸宅を構え、弟子の七、八人も使っておられ、既に立派な先生として世に立っておられたのであるが、そんなことまではその時は知らず、ただ、名前だけを記憶に留めておったのでした。

 私は相変らず降っても照っても西町の仕事場でコツコツと仕事をやっていた。
 すると、時折ちょいちょい私の仕事場の前に立ち留まって私の仕事をしているのを見ている人がある。時には朝晩立つことがあるので、私も気が附き、その人の人品じんぴんを見覚えるようになった。その人というのは小柄な人で、ひげをちょいとやし、打ち見たところお医師いしゃか、詩人か、そうでなければ書家画家といったような風体で至極人品のよい人である。格子こうしの外から熱心にのぞいて見ている。私も熱心に仕事をしているのだが、どうかしてちょっと頭を上げてその人の方を見ると、その人は面伏おもぶせなような顔をしてふいと去ってしまう。こういうことが幾度となく重なっていました。
 私は、妙な人だと思っていた。いずれ数奇者すきしゃで、彫刻を見るのが珍しいのであろう位に思っていた。風采の上から、まず自分の見当は違うまいなど思っていた。とにかく私の記憶には、もう何処どこで逢っても見覚えのついている人であった。

 すると、或る夏のこと、先年、私が鋳物師大島氏の家にいた時分、その家で心やすくなっていた牧光弘という鋳物師があって、久方ぶり私の仕事をしている処へ訪ねて来られた。久闊きゅうかつじょし、いろいろ話の中に、牧氏のいうには、
「高村さん、あなたに大変こがれている人があるんだが、一つその人に逢ってやりませんか。先方では是非一度逢いたいもんだといって大変逢いたがっているんですよ。この間も行ったらまたあなたの話が出てね。是非逢いたいっていってました。あなた逢う気がありますかね」
 こういう話。これは珍しいと私は思った。
「私に逢いたがってる人があるんですって、それは誰ですね」
「その人ですか。それは石川光明という牙彫家ですよ」
 私はびっくりしました。
「ええ、石川光明さん、その人が私に逢いたがってるってんですか。そうですか。石川さんならまだ逢ったことはないが、あの人の仕事は私も知ってる。今の世にどうも恐ろしい人があるもんだと実は私は驚いているんだ」
「あなたも石川さんの仕事を感心していますか」
「感心どころのことではない。敬服していますよ。私とは違って牙彫りの方だけれども、当今、日本広しといえども、牙彫り師としてはあの人の右に出るものは恐らくありますまい。私は博覧会の薄肉の額を見た時から、すっかり敬服しているんだ。その石川さんが私に逢いたいなんて……そんならこっちからお目に掛かりに行きたいもんです。案内してくれますか」
「そりゃ、案内するのは訳はありませんが、しかし、高村さん、そりゃいけませんよ。先方むこうがあなたに逢いたがって、是非一度引き逢わせてくれといってるんです。先方からいい出したことだから、先方がこっちへ出向いて来るのが順序ですよ。何もあなたの方から出掛けて行かなくても、先方がやって来ますよ。で、あなたは逢いますね」
「逢いますとも、……私もお目に掛かりたいもんだ。あの石川さんなら」
「では、私が今石川さんを貴宅につれて来ましょう。これは話がおもしろくなった」
「しかし、どうもそれでは恐れ入るが、じゃ、あなたのいう通りにしてお茶でも沸かして待っていましょう」
 私は素直に牧氏のいう通りに従いました。牧氏は直ぐ坐を立って出て行きました。拙宅からは竹町は二丁位の所、牧氏は直ぐ其所そこだから訳はないといって出て行きました。