里の春、山の春(さとのはる、やまのはる)

 野原にはもう春がきていました。
 さくらがさき、小鳥はないておりました。
 けれども、山にはまだ春はきていませんでした。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿しかがすんでいました。
 ぼうやの鹿しかは、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。
「お父ちゃん、春ってどんなもの。」
「春には花がさくのさ。」
「お母ちゃん、花ってどんなもの。」
「花ってね、きれいなものよ。」
「ふウん。」
 けれど、ぼうやの鹿しかは、花をみたこともないので、花とはどんなものだか、春とはどんなものだか、よくわかりませんでした。
 ある日、ぼうやの鹿しかはひとりで山のなかを遊んで歩きまわりました。
 すると、とおくのほうから、
「ぼオん。」
とやわらかな音が聞こえてきました。
「なんの音だろう。」
 するとまた、
「ぼオん。」
 ぼうやの鹿しかは、ぴんと耳をたててきいていました。やがて、その音にさそわれて、どんどん山をおりてゆきました。
 山の下には野原がひろがっていました。野原にはさくらの花がさいていて、よいかおりがしていました。
 いっぽんのさくらの木のかたに、やさしいおじいさんがいました。
 仔鹿こじかをみるとおじいさんは、さくらをひとえだって、その小さいつのにむすびつけてやりました。
「さア、かんざしをあげたから、日のくれないうちに山へおかえり。」
 仔鹿こじかはよろこんで山にかえりました。
 ぼうやの鹿しかからはなしをきくと、お父さん鹿じかとお母さん鹿じかは口をそろえて、
「ぼオんという音はおてらのかねだよ。」
「おまえのつのについているのが花だよ。」
「その花がいっぱいさいていて、きもちのよいにおいのしていたところが、春だったのさ。」
とおしえてやりました。
 それからしばらくすると、山のおくへも春がやってきて、いろんな花はさきはじめました。