狐のつかい(きつねのつかい)

 山のなかに、さる鹿しかおおかみきつねなどがいっしょにすんでおりました。
 みんなはひとつのあんどんをもっていました。紙ではった四角な小さいあんどんでありました。
 夜がくると、みんなはこのあんどんにをともしたのでありました。
 あるひの夕方、みんなはあんどんのあぶらがもうなくなっていることに気がつきました。
 そこでだれかが、村の油屋あぶらやまで油を買いにゆかねばなりません。さてだれがいったものでしょう。
 みんなは村にゆくことがすきではありませんでした。村にはみんなのきらいな猟師りょうしと犬がいたからであります。
「それではわたしがいきましょう」
とそのときいったものがありました。きつねです。きつねは人間の子どもにばけることができたからでありました。
 そこで、きつねのつかいときまりました。やれやれとんだことになりました。
 さてきつねは、うまく人間の子どもにばけて、しりきれぞうりを、ひたひたとひきずりながら、村へゆきました。そして、しゅびよくあぶらを一ごうかいました。
 かえりにきつねが、月夜のなたねばたけのなかを歩いていますと、たいへんよいにおいがします。気がついてみれば、それは買ってきた油のにおいでありました。
「すこしぐらいは、よいだろう。」
といって、きつねはぺろりと油をなめました。これはまたなんというおいしいものでしょう。
 きつねはしばらくすると、またがまんができなくなりました。
「すこしぐらいはよいだろう。わたしのしたは大きくない。」
といって、またぺろりとなめました。
 しばらくしてまたぺろり。
 きつねしたは小さいので、ぺろりとなめてもわずかなことです。しかし、ぺろりぺろりがなんどもかさなれば、一ごうあぶらもなくなってしまいます。
 こうして、山につくまでに、きつねは油をすっかりなめてしまい、もってかえったのは、からのとくりだけでした。
 待っていた鹿しかさるおおかみは、からのとくりをみてためいきをつきました。これでは、こんやはあんどんがともりません。みんなは、がっかりして思いました、
「さてさて。きつねをつかいにやるのじゃなかった。」
と。