私の社交ダンス(わたしのしゃこうダンス)

 確かジムバリストの演奏会が在つた日の事だつたと思ふ。午後四時頃、それが済んで、帝劇を出た時は、まだ白くぼやけたやうな日が、快い柔かな光で、おほりの松の上にかゝつてゐた。
 音楽の技巧的鑑賞には盲目めくらだが、何となしに酔はされた感激から、急にまだ日の暮れぬ街路へ放たれた心持は、鳥渡ちよつと持つて行きどころがない感じだつた。「さて、どうしようか。」と、僕たち二三人は行きどころに迷つてゐた。そして、の興奮を抱いて、ムザ/\つまらない所へ行くのは、何だか惜しい気がするが、結局銀座でもぶら/\歩いて、時を消すほかないと思つてゐた。
 と、後から、追ひ越して来た松山君が、
「どうです。そんなら僕らのダンス場へ行つてみませんか」と誘つて呉れた。
 ジムバリストからダンスへ。何だか少しジムバリストの後味ナハシユマツクに対して済まないやうにも感じたが、生まれてまだ一度もダンス場なるものを見た事がないので、かう云ふ機会をはづしては、又わざ/\の為めに出かけでもしない限り、ダンス場なるものに近づけないと思つて、直ぐいてく事にした。音楽会からダンス場へ。――それは又所謂いはゆるかの「文化生活」とやらに誂へ向きな話だ。
「文化生活」と云ふものも、あじはつて置いて損はない。そんな一種皮肉な気持もあつて、例の微苦笑を湛へながら、兎も角も其の当時在つた江木えぎの楼上へ行つて見た。
 其処そこには其の頃研究座に出る女優さんが、二人来て居た。二人とも髪を短く切つて、洋服を着てゐたが、それが反感を持てぬくらゐ、よく似合つてゐた。私は急に何だか異つた世界へ、誘ひ込まれた小胆せうたんさで、隅の方で小さくなつて見物してゐた。
 やがて蓄音器をかけて、松山君と其の人たちが踊り始めた。其の踊りの第一印象は、「何だ、こんなものなら、俺にだつて直ぐ出来さうだ。」と云ふやうな心持こゝろもちだつた。音楽にあはして、歩いてゐれやあそれでいゝんぢやないか。と、そんな風に造作もなく思つた。それが病みつきのもとで、又間違ひの本だつた。――全く社交ダンス程、り易くて、達し難きものはない。がりいゝ事だけは確かだ。そして別にさううまくならなくても、みづから楽しみ得さへすれば、社交ダンスの目的は終るのだから、それだけでもいゝのだ。
 兎に角、私はかうして見て居る間に、直ぐ踊りたくなつたのは事実だつた。が、それと同時に、何だか気恥しいやうな、何ものにか済まないやうな気も起らないではなかつた。そして、それはやゝもすると、坊間ばうかんの「ブルヂヨアに対する反感」に似たものへ、迎合されさうな気さへした。
 一時間ほど居て、僕たちは其処を出た。
「どうだい。ダンスは?」僕は一緒に大人しく見てゐた、O君とS君とに云つてみた。
「うむ。新時代の女性も悪くないが、あゝいふのゝ仲間入りは少々恐入るね。僕には到底エトランゼエだ」
「ダンスなんて一種のぐわんみたいなもんぢやないですか。僕にはとても正視する事が出来ない位ゐですね。」
 O君とS君とは、そんなやうな事を口々に云つた。
「君たちは揃ひも揃つて天保時代だね。一概にさう反感をもつて、あゝ云ふ世界を頭から拒絶してしまふのは、むしろあゝ云ふものに敗ける事だよ。その点では僕はもつと勇敢だ。僕はこれからダンスを始めるよ。」
 それから半月ほど経つてからだつた。当時、家に居ると来客や雑用で、どうも原稿の書けなかつた私は、よく東京近郊の宿屋へ出かけて、其処で月々の仕事を片付ける事にした。そして其の一つの常用地として、長谷川時雨しぐれさんの妹さんがやつてゐる、鶴見つるみ花香苑はなかゑんがあつた。確か六月の事だつたが、いつもの通り其処へ出かけて行つてみると、生憎あいにく部屋が一ぱいだつた。で、平岡権ひらをかごんらう君との関係上少しは知つてゐる花月園の、ホテルの方へしばらく滞在する事にした。
 花月園内には京浜第一の、大舞踏場がある事は、兼々かね/″\知つてゐた。そして其処では水曜と土曜と日曜とに、いつもバンドが来て舞踏会が開かれてゐた。
 夕飯ゆふはん後など、原稿が書けないでゐると、風の加減で山の上から若葉越しに軽快なダンス・ミユージツクが、手に取るやうに聞えて来る。さうすると何となく、どうしても、見にだけでも、かずには居られなくなる。……さう云つた訳で、ボールのあるごとに、ちよい/\自分は其方そつちへ出かけて行つて、人々の踊るのを眺めてゐた。
 そしてたうとう、或時マダム平岡に舞踏場の中へ引き出された。此の園主夫人は、日本婦人中でも一二と云はれる、社交ダンスの名手であるが、前から熱心に私にもダンスをやるやう勧めてゐた。