幕末維新懐古談(ばくまついしんかいこだん)

 宮城前なる馬場先門ばばさきもん楠公なんこう銅像についてお話しましょう。
 この銅像のことについては世間でまちまちのうわさがあります。
 この楠公像は高村光雲が作ったのだといい、また岡崎雪声せっせい氏が作ったのだとももっぱらいわれている。時が過ぎ去りますと、いろいろこういうことには間違いが出て分らなくなりますから、今日は詳しくこの事についていい置こうと思います。

 大阪の住友家すみともけの依頼で、明治二十三年四月に楠公像の製作は美術学校が引き受けてやり出したのであります。そうして右製作の主任は私でありました。
 これは住友家の所有である別子銅山べっしどうざんの二百年祭の祝賀のために、別子銅山より採掘したところの銅を用いて何か記念品を製作し、それを宮内省へ献納したいというところから初まったのでありました。そして右製作のことを美術学校に持ち込んで来たのであった。
 それで、どういうものを製作するかということについては、私はあずかり知りませんでしたが、いろいろ撰定の結果楠公の像を作るということに決定しました。楠氏は申すまでもなく我邦わがくに有史以来の忠臣、宮内省へ献納する製作の主題としてはまことに当を得たものでありましょう。ところで忠臣楠氏の銅像ということに決まったが、どういう形にしていか、ただ、立っているとか、すわっているとかでは見たてがないので、楠公馬上の図ということに決まりました。それで、この馬上の図をば、一個人の考案でなく、学校内の教員生徒を通じて広く人々の図案を募集することになりましたので、その募りに応じた図案が余り沢山ではなかったがかなり集まりました。その中で当選したのが岡倉秋水氏の図案であった(秋水氏は第一期優等の卒業生)。まずこの当選の図案を基として楠公像を作るということになったのでありますが、右図案は、楠公馬上の側面図でありますから、これが全身まるで彫刻製作されるとなると、原図案とはまたかわったものとなることであるが、おおむねこの原図によったものでありました。
 それで、その図案を参酌さんしゃくして製作に掛かった楠公像の形は一体どういう形であるかといいますと、元弘げんこう三年四月、足利尊氏あしかがたかうじ赤松あかまつの兵を合せて大いに六波羅ろくはらを破ったので、後醍醐ごだいご天皇は隠岐国おきのくにから山陽道に出でたまい、かくて兵庫へ還御かんぎょならせられました。そのみぎり、楠公は金剛山の重囲を破って出で、天皇を兵庫の御道筋おみちすじまで御迎え申し上げたその時の有様を形にしたもので、おそれ多くも鳳輦ほうれんの方に向い、右手めて手綱たづなたたいて、勢い切ったこま足掻あがきを留めつつ、やや頭を下げて拝せんとするところで御座います。この時こそ、楠公一代において重き使命を負い、かつまた、最も快心の時であり、奉公至誠の志天を貫くばかりの意気でありましたから、この図を採ったわけでありますが、これらの事は岡倉校長初め、諸先生のひたすら頭を悩まされた結果でありました。

 さて、いよいよ彫刻に取り掛かるというまでには、なかなか時日を要し、また多人数の考案を経て来たものであって、決して一人や二人の考えから決まったものではないのであります。すなわち大勢の先生方がそれぞれ受持を分けて研究調査されたのであった。
 まず歴史家として有名な黒川真頼くろかわまより先生が楠正成くすのきまさしげという歴史上の人物について考証された(今泉雄作いまいずみゆうさく先生も加わっていました)。それから服装のことは歴史画家で故実に詳しい川崎千虎かわさきちとら先生が調べました。先生はこの調査のためにわざわざ河内国かわちのくにへ出張し、観心寺かんしんじおよび信貴山しぎさん、金剛寺その他楠公に関係ある所へ行って甲冑かっちゅうを調べたのです。また加納夏雄先生と今村長賀ちょうが先生とは太刀たちのことを調べました。
 川崎千虎先生は河内へ行っていろいろと楠公の遺物について調べましたが、結果はどうもハッキリ分らないということであった。何故なぜ、楠公の遺品などが世に存在していないかと申すと、楠氏滅亡の後は子孫に至るまで世をはばかる場合が多かったので、楠氏伝来の品などは隠蔽いんぺいしたというような訳で、それではっきり分らないということでありました。しかしかぶとは信貴山の宝物になっている兜がどうしても楠公の兜と定めて置かなければ、それ以上その他にたよるものがないというので、それを基として採ったのであります。けれどもこの兜には前立まえだてがないのです。つかが残っているので、前立は何んであるかと詮索せんさくをして見ると、これは独鈷とっこであるということです。が、よく調べると、独鈷ではなくて、つるぎの柄であろうという川崎先生の鑑定でありました。それから、また一方に同氏の調べた中に大塔宮護良だいとうのみやもりなが親王の兜の前立が楠公の兜の前立と同様なものであろうという考証が付いたのです。ちょうど時代も同時、親王と楠公との縁故も深し、前立のない処に柄が残っている所を見ると、剣の柄と相当するから、楠公の前立は剣であろう、ということにまりました。