百姓マレイ(ひゃくしょうマレイ)

 そのとき、わたしは、まだやっと九つでした……いやそれよりも、わたしが二十九の年のことから話を始めたほうがいいかもしれません。
 それは、キリスト復活祭ふっかつさいの二日めのことです。もう陽気ようきあたたかで、空はまっさおにれわたり、太陽たいようは高いところから、ぽかぽかと暖かな光りをきらめかせていましたが、わたしの心は、まっくらでした。わたしは牢屋ろうやのうらをぶらぶら歩きながら、がっしりした監獄かんごくくいを一本一本かんじょうしながらながめていました。この杭をかぞえるのは、まえからわたしのくせでしたが、そのときは、どうもあまり気がすすみませんでした。監獄の中でも、復活祭はきょうでもう二日めで、おまつりのおかげで、囚人しゅうじんたちは、まい日させられるしごとにも出て行かず、朝からおさけを飲んでよっぱらったり、あっちこっちのすみでは、ひっきりなしに、言いあいやけんかが始まっていたのです。なんだか、があがあいやなうたをわめきたてたり、こっそり寝床ねどこいたの下にかくしてカルタをしたり、何かとんでもないらんぼうなことをして、なかまの囚人しゅうじんたちにふくろだたきのめにあわされ、あげくのはて、すっかりまいってしまい、あたまからすっぽり毛皮けがわのきものをかぶせられたまんま、板の寝床にのびている囚人がもう二三人もいるのです。こんなことが、このおまつりの二日のあいだに、わたしをすっかりまいらせてしまったのです。いったいわたしは、まえから、人がよっぱらって大さわぎをするたびに、いつもいやでいやでたまらなかったのですが、牢屋ろうやの中では、なおさらやりきれないのでした。お祭りだというので、いつものように役人やくにんは牢屋の中を見まわりにもこないし、部屋へや検査けんさもされず、さけを持ちこむのも、おおめに見られていたのです。
 とうとう、わたしは、むらむらとはらがたってきました。ところが、そのときふと、ポーランド人の囚人に出あったのです。その男は、くらかおつきでわたしを見ましたが、その目はぎらりと光り、くちびるはぶるぶるふるえだしました。
「ちぇっ、あのごろつきどもめ!」と、くいしばったのあいだからはきだすように小声でそうつぶやくと、そのままわたしのそばを通りすぎて行きました。
 わたしは、牢屋の中へひきかえしました。じつは、つい十五分ほどまえには、どうにもがまんがならなくて、顔色をえてそとへとびだしたばかりなのですが、――というのは、ちょうどそのとき、つよそうな百姓ひゃくしょうが六人がかりで、よっぱらったダッタン人のガージンをやっつけようと、いっせいにとびかかってなぐり始めたからです。そのひどいなぐりようときたら、お話にも何もなりません。あんなめにあわせたら、らくだだってんでしまう。だが、あいてのダッタン人はおそろしく力の強い男で、めったにへたばるようなやつじゃない。だからなぐるほうも、安心あんしんして気がすむまでなぐりつづけたというわけなのです。――今わたしが部屋にもどってみると、そのさわぎもすっかりおさまって、すみっこの寝床の上に死んだようになって、気の遠くなったダッタン人が寝かされていました。みんなはそのそばをだまったままよけて通るのでした。だれでも心の中では、なあに、あすの朝になったら気がつくだろうさ、と思いこんではいるのですが、「だが、なんともわからないぞ、あんなにやっつけられたんじゃ、ひょっとしたらぬかもしれねえぜ。」とでも言いたそうなかおつきでした。
 わたしは、人をかきわけて、鉄格子てつごうしのはまったまどに向かった自分の場所ばしょへたどりつくと、両手りょうてあたまの下へあてがってあおむけにごろりとて、目をつぶりました。わたしはこうして寝ころんでいるのがきでした。だって、寝ている人にかまうものはないし、そのあいだに、いろいろなことを頭にかべてたのしんだり、考えごともできるからです。けれどわたしは、今はそれどころではありませんでした。むねはどきどきして、耳には、「ちぇっ、あのごろつきどもめ!」という、ポーランド人のさっきのことばがひびくのでした。

 そのうちに、だんだん心がしずまってきて、いつのまにか、ずっとむかしの思い出にひたり始めました。
 どうしたはずみか、その日、ふと心に浮かびあがったのは、まだやっと九つのころの、わたしの少年時代じだいのことです。それも、わたしがもうすっかりわすれてしまっているはずの、ほんのひとときのことでした。
 わたしのいえ領地りょうちだった村でらしたある年の八月のことです。それは、さわやかにれわたった日でしたが、風があって、すこしさむいくらいでした。夏ももうおわりに近く、わたしはまもなくあのモスクワの町へ帰って、また、ひと冬じゅうフランス勉強べんきょうしなければならないのです。それを考えると、この村をるのが残念ざんねんでたまりませんでした。わたしは打穀場だこくばのうらてをぬけてたにへくだり、れ地のほうへのぼって行きました。谷の向こうがわから森のところまでずっとつづいている、こんもりしたたけのみじかい林を、村の人たちは荒れ地んでいたのです。やがて、わたしがその林のしげみをわけてずんずんおくへはいって行くと、そこからほど近い林のあいだのあき地で、百姓ひゃくしょうがたったひとりではたけを起している音が聞えてきました。わたしは、その百姓のたがやしているのがきゅう山畑やまはたで、馬がすきをひいて歩くのにはつらい場所だということを知っていました。じっさいわたしの耳には、ときどき、「ほれ、よう!」という百姓のかけ声がつたわってくるのでした。