ふるさと(ふるさと)

   はしがき

とうさんがとほ外國ぐわいこくはうからかへつたとき太郎たらう次郎じらうへの土産話みやげばなしにとおもひまして、いろ/\なたびのおはなしをまとめたのが、とうさんの『をさなきものに』でした。あのとき太郎たらうはやうやく十三さい次郎じらうは十一さいでした。
早いものですね。あのほんつくつたときから、もう三ねん月日つきひがたちます。太郎たらうは十六さい次郎じらうは十四さいにもなります。とうさんのうちには、いま太郎たらうに、次郎じらうに、末子すゑこの三にんます。末子すゑこかあさんがくなるともなく常陸ひたちはう乳母うばうちあづけられて、七ねんもその乳母うばのところにましたが、いまではとうさんのうちはうかへつてます。三郎さぶらうはもうながいこと信州しんしう木曾きそ小父をぢさんのうちやしなはれてまして、あに太郎たらう次郎じらうのところへ時々とき/″\手紙てがみなぞをよこすやうになりました。三郎さぶらうはことし十三さい末子すゑこがもう十一さいにもなりますよ。
とうさんのうちではよく三郎さぶらううはさをします。三郎さぶらう木曾きそはうはなしもよくます。あの木曾きそやまなかとうさんのうまれたところなんですから。
ひとはいくつにつても子供こども時分じぶんべたものあぢわすれないやうに、自分じぶんうまれた土地とちのことをわすれないものでね。假令たとへその土地とちが、どんなやまなかでありましても、そこで今度こんどとうさんは自分じぶん幼少ちひさ時分じぶんのことや、その子供こども時分じぶんあそまはつたやまはやしのおはなしを一さつちひさなほん[#「に」は底本では「こ」]つくらうとおもちました。あの『をさなきものに』とおなじやうに、今度こんどほん太郎たらう次郎じらうなどにはなかせるつもりできました。それがこの『ふるさと』です。


[#改ページ]



   一 すずめのおやど

みんなおいで。おはなししませう。すずめのおやどからはじめませう。
すずめすずめ、おやどはどこだ。
すずめのおうちはやしおくたけやぶにありました。このすずめにはとうさまもかあさまもありました。たのしいおうちまへたけばかりで、あをいまつすぐなたけ澤山たくさんならんでえてました。すずめ毎日まいにちのやうにたけやぶにあそびましたが、そのたけあひだからると、たのしいおうちがよけいにたのしくえました。
そのうちに、すずめきなおうちまへにはたけえてました。かあさまのお洗濯せんたくするはうつてますと、そこにもたけてゐました。
『あそこにもたけ。ここにもたけ。』
すずめはチユウチユウきながら、たけのまはりをよろこんでをどつてあるきました。
わづ一晩ひとばんばかりのうちにたけはずんずんおほきくなりました。すずめきて、またたけやぶへあそびにきますと、きのふまでえなかつたところにあたらしいたけたのがあります。きのふまでちひさなたけだとおもつたのが、わづ一晩ひとばんばかりで、びつくりするほどおほきくなつたのがあります。
すずめはおどろいて、かあさまのところへんできました。かあさまにそのはなしをして、どうしてあのちひさなたけがあんなにきふおほきくなつたのでせうとたづねました。するとかあさまは可愛かあいすずめきまして、