王さまと靴屋(おうさまとくつや)

 ある日、王さまはこじきのようなようすをして、ひとりで町へやってゆきました。
 町には小さな靴屋くつやがいっけんあって、おじいさんがせっせとくつをつくっておりました。
 王さまは靴屋くつやの店にはいって、
「これこれ、じいや、そのほうはなんという名まえか。」
とたずねました。
 靴屋くつやのじいさんは、そのかたが王さまであるとは知りませんでしたので、
「ひとにものをきくなら、もっとていねいにいうものだよ。」
と、つっけんどんにいって、とんとんと仕事をしていました。
「これ、名まえはなんともうすぞ。」
とまた王さまはたずねました。
「ひとにくちをきくには、もっとていねいにいうものだというのに。」
とじいさんはまた、ぶっきらぼうにいって、仕事をしつづけました。
 王さまは、なるほどじぶんがまちがっていた、と思って、こんどはやさしく、
「おまえの名まえを教えておくれ。」
とたのみました。
「わしの名まえは、マギステルだ。」
とじいさんは、やっと名まえを教えました。
 そこで王さまは、
「マギステルのじいさん、ないしょのはなしだが、おまえはこの国の王さまはばかやろうだとおもわないか。」
とたずねました。
「おもわないよ。」
とマギステルじいさんはこたえました。
「それでは、こゆびのさきほどばかだとはおもわないか。」
と王さまはまたたずねました。
「おもわないよ。」
とマギステルじいさんはこたえて、くつのかかとをうちつけました。
「もしおまえが、王さまはこゆびのさきほどばかだといったら、わしはこれをやるよ。だれもほかにきいてやしないから、だいじょうぶだよ。」
と王さまは、金の時計をポケットから出して、じいさんのひざにのせました。
「この国の王さまがばかだといえばこれをくれるのかい。」
とじいさんは、金づちをもった手をわきにたれて、ひざの上の時計をみました。
「うん、小さい声で、ほんのひとくちいえばあげるよ。」
と王さまは手をもみあわせながらいいました。
 するとじいさんは、やにわにその時計をひっつかんでゆかのうえにたたきつけました。
「さっさと出てうせろ。ぐずぐずしてるとぶちころしてしまうぞ。不忠者ふちゅうものめが。この国の王さまほどごりっぱなおかたが、世界中にまたとあるかッ。」
 そして、もっていた金づちをふりあげました。
 王さまは靴屋くつやの店からとびだしました。とびだすとき、ひおいのぼうにごつんと頭をぶつけて、大きなこぶをつくりました。
 けれど王さまは、こころを花のようにあかるくして、
「わしの人民じんみんはよい人民だ。わしの人民はよい人民だ。」
とくりかえしながら、宮殿きゅうでんのほうへかえってゆきました。