家庭習慣の教えを論ず(かていしゅうかんのおしえをろんず)

 人間の腹より生まれ出でたるものは、犬にもあらずまたぶたにもあらず、取りも直さず人間なり。いやしくも人間と名の附く動物なれば、犬豕けんし等の畜類とはおのずから区別なかるべからず。世人が毎度いう通りに、まさしく人は万物の霊にして、生まれ落ちし始めより、種類も違い、階級にもくまで区別のあることなれば、その仕事にもまた区別なかるべからず。人に恵まれたる物を食らいて腹を太くし、あるいは駆けまわり、あるいはみ合いて疲るればすなわち眠る。これ犬豕が世を渡るの有様にして、いかにも簡易なりというべし。されども人間が世に居て務むべきの仕事は、く簡易なるものにあらず、随分数多くして入り込みたるものなり。
 大略これを区別すれば、第一に一身を大切にして健康を保つこと。第二に活計の道、渡世の法を求めて衣食住に不自由なく生涯を安全に送ること。第三に子供を養育して一人前の男女となし、二代目の世の中にては、その子の父母となるに差支さしつかえなきように仕込むことなり。第四に人々相集まりて一国一社会を成し、互いに公利をはかり共益を起こし、力の及ぶだけを尽してその社会の安全幸福を求むること。この四ヶ条の仕事をよくして十分に快楽を覚ゆるは論をたずといえども、今また別に求むべきの快楽あり。その快楽とは何ぞや。月見なり、花見なり、音楽舞踏なり、そのほか総て世の中の妨げとならざるたのしみ事は、いずれも皆心身の活力を引立つるために甚だ緊要のものなれば、仕事のいとまあらば折を以て求むべきことなり。これを第五の仕事とすべし。
 右の五ヶ条は、いやしくも人間と名の附く動物にして社会の一部分を務むるものは、必ずともに行うべき仕事なり。この仕事をさえ充分に成し得れば、人間社会の一人たるに恥ずることなかるべし。しかりといえども今の文明の有様にては、充分を希望するはとてもむつヶしきことなれば、必ずしも充分にあらずとも、なるべきだけ充分に近づくことの出来るよう、精々せいぜい注意せざるべからず。余輩がつねに勧むる所の教育とは、即ちこの有様に近づき得るの力を強くするの道にほかならざるなり。
 故に一口に教育と呼びせども、その領分はなかなか広きものにて、ただに読み書きを教うるのみを以て教育とは申し難し。読み書きの如きはただ教育の一部分なるのみ。実に教育の箇条は、前号にも述べたる如く極めて多端なりといえども、早くいえば、人々が天然自然にけ得たる能力を発達して、人間急務の仕事を仕遂しとげ得るの力を強くすることなり。その天稟てんぴんの能力なるものは、あたかも土の中に埋れる種の如く、早晩いつか萌芽をいだすの性質は天然自然に備えたるものなり。されどもくその萌芽を出して立派に生長するとしからざるとは、単に手入れの行届くと行届かざるとにるなり。即ち培養ていれの厚薄良否に依るというも可なり。いわゆる教育なるものはすなわち能力の培養にして、人始めて生まれ落ちしより成人に及ぶまで、父母の言行によって養われ、あるいは学校の教授によって導かれ、あるいは世の有様にいざなわれ、世俗の空気にさらされて、それ相応に萌芽を出し生長をぐるものなれば、その出来不出来は、その培養たる教育の良否によって定まることなり。就中なかんずく幼少の時、見習い聞き覚えて習慣となりたることは、深く染み込めて容易にめ直しの出来ぬものなり。さればこそ習慣は第二の天性を成すといい、幼稚の性質は百歳までともいう程のことにて、まことに人の賢不肖けんふしょうは、父母家庭の教育次第なりというも可なり。家庭の教育、つつしむべきなり。
 しかるに今、この大切なる仕事を引受けたる世間の父母を見るに、かつて子を家庭に教育するの道を稽古したることなく、甚だしきは家庭教育の大切なることだに知らずして甚だ容易なるものと心得、つねに心の向き次第、その時その時の出任せにて所置しょちするもの多きが如し。今その最も普通なる実例の一、二を示さんに、子供が誤って溝中みぞなかに落込み着物を汚すことあれば、厳しくその子を叱ることあり。もしまた誤って柱に行き当りひたいこぶを出して泣き出すことあれば、これを叱らずしてかえって過ちを柱に帰し、柱を打ち叩きて子供を慰むることあり。さてこの二つの場合において、子供の方にてはいずれも自身の誤りなればとんと区別はなきことなれども、一には叱られ一には慰めらるるとはそもそも何故なにゆえなるか。畢竟ひっきょう親の方にては格別深き考えもあらず、ただ一時の情意に発したるものなるべし。その第一例なる衣裳を汚したる方は、何ほどか母に面倒を掛けあるいは損害をこうむらしむることあれば、憤怒ふんぬの情に堪えかねて前後の考えもなく覚えず知らず叱り附くることならん。また第二の方は、さまで面倒もなく損害もなき故、何となく子供の痛みを憐れみ、かつは泣声のやかましきをいとい、これを避けんがために過ちを柱に帰してしばらくこれを慰むることならんといえども、父母のすることなすことは、善きもしきも皆一々子供の手本となり教えとなることなれば、縦令たとい父母には深き考えなきにもせよ、よくよくその係り合いを尋ぬれば、一は怒りの情に堪えきらざる手本になり、一は誤りを他にかぶせて自ら省みず、むやみに復讐の気合いを教え込むものにて、至極有り難からぬ教育なり。そのほか叱るべきことあるも父母の気向きむき次第にて、機嫌の善き時なればかえってこれをめ、機嫌しければあるいはこれを叱る等の不都合は甚だすくなからず。